皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

ちょうけいじ

圓鏡山 長慶寺

回答 384

719年開創。もうすぐ1300年。北陸の田舎町に佇むお寺です。

真宗 福井県 誰かのための出張法事・仏事

宗派: 真宗

所在地: 9150082 福井県 越前市国高3ー12ー49

長慶寺(浄土真宗)、一般社団メッター副理事長

泰庵 (たいえんちょう)

お寺の歴史

Bahbblshogzmssjemjaxni8wms8wns8xoc8yms8wos8xndkvmzgxnzexxzuynzaxmjc2mdy0mjk1mv8xodiwodg0ndm4x24uanbnbjogrvq
寺伝によると719年開創。
現在で23代目です。。
江戸時代に天台宗から浄土真宗に改宗したと聞いております。

江戸末期より少なくとも200年くらいは兼業坊主をしているようです。
医者、教師、会社員、福祉と兼業の種類は歴代住職によって様々ですが、人と関わる中で生きる教えを大事に守り伝えたいと考えております。




大事にしていること

Bahbblshogzmssjomjaxni8wms8wns8xoc8yms8xmc83odivotq2ndm4xzewntq3mjkznzeyntu3mzjfntm1mjqwmzu1mzi0nzi4nduxnf9ulmpwzwy6bkvu
変わりゆく世の中で、1000年以上も形を変えながら受け継がれてきたのが仏教です。
先人の大切にしていたことも尊く、
今の世で求められることにも役に立てるといいなという願いがあります。

浄土真宗という教えのお寺です。

自分が頑張って修行して菩薩のレベルに達することを説く仏教が多いけれど、
自分が頑張れない時も誰かが自分の健やかさを願ってくれている。
そう思える仏教が一つくらいあってもいんじゃないかと思っています。

浄土真宗では親鸞聖人と呼んでいますが、
特別に偉い立場で上に立っている意味の聖(せい)という意味より
ストリートで他の人と同じ目線で生活していた(ひじり)という意味の方が私はしっくりきています。

荘厳(環境),声明(読経),説教(法話)が基本のセットです。
それぞれを大切にしています。

自分の過去や未来を願いながら手を合わせる。
どこかの誰かのことを願いながら手を合わせる。
どっちも大事です。


行事・活動

Bahbblshogzmssjimjaxni8wms8wns8xoc8yms8xms85ndqvmtizmtq2nl82ntc4nduzmta4otmwmjhfmtg3nze0mdm1mv9uxzfflmpwzwy6bkvu
【定期開催】
お寺での法要
 永代経(6月)
 報恩講(10月)
 除夜の鐘(12月)
 命日のお参り(希望者)
 年忌法事(希望者) 

家のお仏壇への読経
 お盆(8月)
 師走(12月)
 月命日でのお参り(希望者)
 年忌法事(希望者)

他の活動

葬儀や法要など一般的な仏事一式は大切にしていますが、
それと同じくらい、儀式主導ではない後方支援の仏教。
このhasunohaでの回答や、福祉の中での仏教など
間接的なハタラキも大切にしています。

・寺ヨガ 月2回 開催
・福祉とボウズに関するワーク(不定期)
 棺桶、絵本、粘土、表現あそび、看取り、宝物ファイル
・その他
 芋煮婚活、おてらおやつクラブ、スナックランド坊主、
 ゆるく語る会シリーズ など。

【メンバーとしての活動】
お坊さんプロデュースの保育事業・小規模児童養護施設の開設支援
(一般社団法人 メッター)
地域の各派声明と県外からの説教師を招いての法座
(声明と説教の世界実行委員会)
浄土真宗僧侶の合同法話会
(真宗合同布教大会)
など。

アクセス・地図

■宗派: 真宗

■所在地: 9150082 福井県 越前市国高3ー12ー49

■TEL: Facebook 円鏡山 長慶寺 あてにメッセージ

■アクセス: 北陸自動車道 武生IC 車で7分

■HP: https://www.facebook.com/%E5%9C%93%E9%8F%A1%E5%B1%B1-%E9%95%B7%E6%85%B6%E5%AF%BA-250248421652721/

■Facebookページ: 圓鏡山 長慶寺

手紙という選択肢
タン塩様 自分の気持ちが分からないということですが、看取りに直面した方々誰もが通る道だと思っております。 「1+1=?」という問いの答えは「2」の一通りですが 「ブルーといえば何を思い...
しあわせは自分の心が決める。
なまんだぶつ。 僧侶の結婚もありますが、僧侶の離婚も少なくないです。 離婚歴のある方と僧侶が再婚する場合もあります。 タイトルは「好きになってしまいました」とありますが、 「好き...
聴かせてくれてありがとうございいます。
アリーさま hasunohaという場だから、ここまで言葉にあらわせたのでしょうか。 お辛い気持ち 聞かせてくれてありがとうございます。 拝読しまして、 お坊さんなのに謝ってくれないのは何...
回数の意味よりも、香に込められた意味や願いを。。。
WOWさま。 焼香といいますと、どうしても回数に注目がいきがちですが、 香にまつわるものとしては焼香の他に、体に塗る塗香(ずこう)もあります。 また今はお金にかわることの多い香典も、も...
質問 : 焼香の仕方
自分へのご褒美をちゃんとつくることが大切
こんにちは。 楽しいことを感じれないことが続くときでも、血管は血液を体に送り続けているし胃腸は食べたものを消化し体の栄養に変えています。 頭の中で何を考えようとも、からだの各部分はひ...
誰からもその存在を忘れ去られたとき、人は二度目の死を迎える。
なまんだぶつ。 じゅんちさま。 悲しみがなかなか消えないからこそ、私どものような僧職の役割が必要なのかなと、じゅんちさまとのやりとりを拝見して改めて感じました。 タイトルと似たよう...
許すだけじゃなくて旦那も育てる。
ゆうゆう様。 おはようございます。 はじめての出産、いろいろな不安や考え事が頭を巡るかもしれません。 私が養護施設や保育園で関わってきた親御さんを見て思うのは、父母が同じ成長の速度...
質問 : 人生相談
質問に有り難し!!
いそのさま。 真宗における共通勤行(和訳)の係りをしているものとしては、質問に有り難しを押したい気分です。 意訳勤行がこれから広まっていくと嬉しいです。 ただ、意訳を伝えるなかで気付い...
根っこは同じ。
なまんだぶつ。 びびぼん様 まず、歴史の教科書では浄土真宗と言われることが多いですが、 真宗〇〇派と名乗る場合が多く、浄土真宗〇〇派というのは本願寺派だけです。 そういった流れもあり...
これから人生をつくりあげていきましょう。
なまんだぶつ。 とうこ様 私の近くにも似た事例がありました。 日々、患者さんのことをちゃんと真面目に考えていらっしゃるご主人様ゆえのしんどさもあるかと思います。 ネット相談の限界...
絵本の活用を。。
なまんだぶつ。 おさかな様。 子どもさんがイメージをつかむ手段として絵本を使うのはいかがでしょうか。 「おじいちゃんのごくらくごくらく」 「わすれられないおくりもの」    など...
子どもへの影響が心配。
MKさま。 質問より3ヶ月半ほど経過しましたが、状態はいかがでしょうか。 自分の風邪は我慢できても子どもの風邪は夜中でも医者に見せたい親心。 心の弱い部分を突つかれると辛いです。 ...
供養とは
先祖供養の考え方、奥様の立場もMK様の立場もどちらが正しいかではなく、どちらもありなのかなと思います。 「私が先祖を供養してあげなきゃ」という考え方のひともいれば 「先祖が歩んだ土台...
憶念
さくゆうさん。 聞かせてくれてありがとうございました。 ずっと心の中で思ってらっしゃったのですね。 自分を責めたいお気持ちや自分がしたことが正しかったのか、判断に迷った部分もあった...
死ぬと楽になる保証はありません。 死ぬと苦しいです。 苦しんだままの死、残された人の悲しみや自責と後悔、寂しさは、この問答欄をはじめ今までたくさん目にしてきました。 死は自らの味方...
子どもに触れる機会を持つ。親への伝え方は方法を考える。
りい様。 こちらの質問もそうだったのですね。 少しづつ質問する中でいろんな思いが浮かぶことと思います。 もし、家族と同居をされていたり、貯金が少しあって生活費を緊急に必要とされない...
僧侶の考える将来
れんげ様 質問文を拝見するところ、れんげ様のおっしゃる将来は進学や就職でしょうか? 僧侶の考える将来とは、高学歴、高収入ではなく、臨終の時にこれで安心して仏の世界に往生できますと思え...
摂取不捨
信仰と習俗を同じ土俵にのせなくてもいいかと思います。 真宗門徒である前に仏教徒であること。 仏教徒であるまえに宗教を大切にする。 町内の付き合いで氏子サンのお仕事を何回かしたくらい...
人生これからです。
先ほど、以前いただいた仕事に関する質問に答えたところでした。 誰が何を言おうが振り回されない、自分が本当に守りたいもの。他人の目を気にすることよりも大事なものが見つかれば、楽になれると思い...
質問 : 心の中
充電。準備は丁寧に。
泰庵ともうします。 備えあれば憂いなしというコトワザがあります。 逆に備えをしなかったら自分に自信を無くしたり、不安が大きくなることが多いです。 面接練習で使われる質問について、自分の...
このページの先頭へ