皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

邦元

円通寺 花鳥風月を愉しむ山寺

有り難し 18816
回答 1918

自己紹介

円通寺の副住職をしております。
神奈川県西部に位置する山の中のお寺に生まれ育ちました。

救われたいと願う者が救われる仏教でありたいと願っています。
悩みとは何か、救われる道とは何かを自分なりの視点でお話できたらと思っています。

毎月開いているゆるい坐禅会にぜひ参加していただき、禅に触れてみてください。^_^

坐禅会、写経会、お茶会などを中心に、皆様にお寺を開いています。

思いは抱え込んでいては解決できません。
思いをこのhasunohaで手放し、救われる道を見つけてください。
■ブログURL: http://www.entsuji.org/

「山寺で学ぶ」

坐禅会  毎月第1土曜日 朝7:30より(1時間程度)

写経会  毎月第1土曜日 10:00より12:00ごろまで

お茶会
「喫茶去」 毎月第3火曜日 13:00より(お稽古)
      毎月第1土曜日 12:00より(お茶を味わう)

詳しくはホームページでご確認ください。
http://www.entsuji.org/

昨日までのあなたは今日はいない
人は常に変化しています。同じような景色も昨日と全く違います。なぜなら私たちの生活にはみ「今」という時間しか存在していませんから。 常にあたらいことに触れっぱなしです。 昨日まで苦しいと感じて...
お寺に足を運んでみては
お寺で開かれている、座禅会などに行ってみたらどうでしょう。必要以上に話す必要もないし、自らを知ることもできます。進むべき道が見えてきます。 ぜひそうしたところで、真剣に人生に向き合う人同士...
単身赴任してもらいましょう
少し距離をおいてもいいかもしれませんね。離婚しなくても単身赴任してもらうのもいいでしょう。 旦那様の気持ちだけでうまくいくわけないわけで、あなたが、我慢になってしまっていることで問題があるので...
必要以上に相手にしない
挨拶をする→普通は返事があるもの→返事がない→イライラ このイライラをなくすために、 挨拶をする→返事がない→そのまま^_^ こうして必要以上に相手にしないことです。 仕事上注意しな...
未来は未来に過ぎない
そういうことは、その時に結婚相手やお医者さんとよく相談することです。 今から、考えている必要はないでしょう。 将来を心配しすぎると、足元がおそろかになります。今を生きながら、今から全く離れた...
苦しみの原因
現実を受け入れることに苦しみが伴うのですよね。障害児を持つ親としてわたしもその気持ちよくわかります。 その苦しみの原因は、 「もし、○○だったら」とか「同い年の子と比べて」などの、思いや思考...
あなたはもう大人
姑さんのことを好きになろうとする必要はありません。素直になってほしいと思う気持ちもわかりますが、そこは、期待しないほうがいいです。もう、変わらないと思い、そういう人だと諦めましょう。 すでに、...
真剣に考えている証拠
中3でそこまで考えているなんてとても素晴らしいことです。 なりたい職業は変化しつつ、いつか心の底からやりたい。辛いことがあっても耐えられる。そんな自信が持てる職業と出会えたらいいですね。就職す...
あなたは一人じゃないです
かわいいお子さんと出会えたこと、新しい家族ができたことがあなたにとって何よりの幸せでしょう^_^ 元旦那さんとはうまくいかなかったけれど、得たものもたくさんあったのでしょう。もちろん娘さんのこ...
素直に伝えてみましょう
先日10年ぶりに会った友達がいました。それまで全く連絡を取り合ってなかったので会う前はなんだか緊張しました^_^ でもなんてことなかったですね。10年ぶりなんか様子全くなかったです。 何年た...
ご自分の魅力を磨く
ただ待っていてもお子さんは授かりませんよね。やることをせず、不妊治療というのもよくわかりませんね^^; 旦那様のEDについての治療はされているのでしょうか。薬とか色々あるのではないでしょうか。...
お父様と離れましょう
この先、あなたの人生の決断は全てお父様の一瞬のワガママで決められてしまいますよ。だからこそ、お父様と距離を置くことを考えた方がいいと思います。お母様含めご家族でこの先のことを相談されるといいと思...
質問 : 自己嫌悪
怒り
私はナイフで刺されてことがないので、安物かどうかの違いは分かりません。怒りについて、お答えします。 怒りの仕組みは、必ず過去を掴んだことで起こるようになっています。たとえ、1秒前のことでも...
その関係やめた方がいいでしょう
あなたの気持ちを知ったから距離を置こうとしているのでしょう。 弄んでる感じにもしたくないでしょうし。この関係自体、誰かを傷つけるお付き合いであるわけで、けりをつけた方がいいのかもしれませんね。...
拝むということ
拝むという行為は、対象を作り偶像に向かい何かを願ったり、祈ったりするものではないのでしょう。 一般的には、自分と、自分以外のものというように分けて物事を考えるので、仏像を拝むように感じると思い...
川の流れのように
怒り、憎しみ、悲しみ 、妬み、などの苦しみは自分自身の問題だと気づかなければなりません。今、あなた自身があなたの考えで、あなたを苦しめている。これは、人から与えられた感情ではないのですよ。あなた...
足元にある幸せ
先日、画家のパブロ・ピカソの話を知る機会がありました。 ピカソは、絵を描き続けている中で周囲に少しずつ評価されるようになったころ、宮廷画家の誘いがあったそうです。しかしその誘いを断り、自らの思...
ご両親は父親の代わりにならない
ご両親の言うことは、ご両親の今の気持ちに過ぎません。そしてご両親にはお父さんの代わりはできません。 ご両親に事実をしっかり伝えたとのこと。素晴らしいと思いました。何にも悪いことはしてません...
しばらく、役割を逆にしてみる
怒ると叱るは違うように思います。 旦那様は怒るのですよね。そこに愛情ではなく感情がなってしまっているからかわいそうに思うのかもしれません。 叱る、には愛情があります。導こうとする冷静さがあり...
娘さんがかわいそう
たとえ、あなたのお子さんでも、あなたのものではないのです。立派な一人の人間です。それなのに小さい頃からガミガミとあなたの価値観を押し付けてきたからこそ、娘さんは自分に自信が持てないし、親の顔色を...

このページの先頭へ