皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

嫌な世界から抜け出したい

この世で生きる意味がわからない。
いつか誰かが天国は明るく暖かい場所だと言っていました。もしそれが本当なら迷わず行きたいです。この世界は悪い人もいっぱいで嫌なことも沢山あって頑張って一生懸命生きるのが馬鹿らしいです、素晴らしい才能を持った人や優しい人、美しい人は早く亡くなります。
彼らは神様に選ばれてたのだと何かで読みました。

生きる意味
有り難し 29
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

今・ここ・私

ハナさんは以前もそのお話をされていましたね。そのお話が好きなのですねそして、その天国にいけることに救いを見出しているのでしょうか?

しかし、「素晴らしい才能を持った人や優しい人、美しい人」が神様に選ばれて早く亡くなり別の世界にいったらどうなるでしょうか。
その世界で今度はその人たち同士で誰の才能が優れているか、誰がより優しいか、誰がより美しいか競い合いや蹴落とし合いを始めるでしょう。

なぜかって、それはこの世界を見ればわかるでしょう。現にみんなそうして生きています。本人が何も変わっていないのに場所が変わったからといって何も変わりません。

それなら誰もいない世界に行きたいでしょうか。自分だけ、自分の都合のみ、自分の理想のみです。悪い人も嫌なこともありません。
そんな世界は寂しいですね。そしてなんのやりがいもありませんね。

つまり、ここではないどこかに理想郷を求めた所で現実は何も変わらないのです。ならば、

「今・ここ・私」

が成り立つのが本当の救いではないでしょうか。他でもないこの世界で私が私を偽らずありのままに生きられる、それが救いです。

ありのままとは「私の思い」がありのままに叶うことではありません。私の存在が、私のいのちが、私が生きている事実がありのままに認められるという世界です。

それはどこかで誰かに認められるのではなく、すでにそうなっていることを知らされるのが仏教(内道)です。
そうではなく、私の思いを立てて、思いをありのままに叶えようと、つまり私の外側の条件を変えていこうとするのが外道です。
外道の前に立ちはだかるのは「思い通りにはならない」という揺るぎ無い事実です。内道はその事実を事実のままに受け入れていきます。思いは叶わなくとも、存在が許されているならば人はお互いを認め合って生きてけます。

救いとは悪い事も嫌な人もなくなることでなく、それがあっても生きていけることです。そこにやりがいや生きがいや孤独をこえる暖かさがあります。何もなければ空しさと寂しさが残るのみです。
人と人がぶつかる摩擦が実はあたたかな熱をも生んでいるのです。

「生きる意味」については何度かご質問いただいておりますね。もう一度読み返してみてください。

あなたは貴重なんです。

「いつか誰かが天国は明るく暖かい場所だと言っていました。」
誰も、見たこともない天国に左右されず今を生きよう。
天国に迷わず行ける保証はない。今を生きるしかないのです
自分の人生は自分が主人公だから

「この世界は悪い人もいっぱいで嫌なことも沢山あって」
善い事、良い事、楽しいことに目を向けることを忘れてます。
実は、楽しいことも、良いことも沢山ある。
当たり前になりすぎて見えてないだけで
実は大切なこと、大事なことも沢山ある。
笑顔で挨拶してる人を見ましょう。優しい人を見ましょう!
毎日の食事は、誰かが笑顔で作ったものを、我々はいただいているのだから
見る視点を変えるだけで世界は明るくなります。

「頑張って一生懸命生きるのが馬鹿らしいです」
いま、頑張って生きていると思う人をもっと見よう
イチローはどうです。稀勢の里はどうです。サッカー日本代表はどうですか
みな一生懸命生きているのに、実は、あなたの周りの人も一生懸命生きているのに
この世に生を受けたことが、みんな貴重で、
その時、その場所で、その人にしかできない事が、誰でもあるのに!!!
その人に馬鹿らしいと言えますか?
私は、みんな素晴らしいと思います。
悩んでる?あなたも本当は貴重で、素晴らしい。
この宇宙で、この地球で、今この瞬間に、その場所で、
その空気を吸っているのは、あなただけです。
あなたは貴重な存在として生きているのです
こんな素晴らしい事は無いでしょう。!!

「素晴らしい才能を持った人や優しい人、美しい人は早く亡くなります。」
そうですか?長生きした人を知りませんか?長嶋茂雄や王貞治はまだ元気です
私の好きな、小田和正は今年70歳!でも新曲を作りづつけてる。

単純な年齢だけで計っても虚しいだけです。
今この瞬間を、大切に今この時を精一杯生きる、その積み重ねです。
如何に自分が納得いく人生を生ききるか!
たとえ病に倒れても悔いないように、生きる、生ききることです。

「何の制約も無かったら、あなたはどのように生きたい?」
「何の制約も無かったら、どの様にどう生ききりたい?」
これがあなたの生きる意味の問いで、その答えが今の人生を作るでしょう

「生きる意味」を見つけるため生きるのです。

「生きる意味」が分かったら、迷わず生きていけます。分からないから迷うのです。
あなたは天国がどんなところか分からない(=自分で確かめることができない)から、迷うのでしょう?。
また、この世が嫌なところだと思うので〈一生懸命生きるのが馬鹿らしい〉と思うのでしょう?。
では、本当のところどんなところが嫌なのでしょう?。
恐らく「自分の思うようにならない」から、嫌な所だと思うのでは?。
逆に言えば「自分の思うようになったら」どうでしょう?。この世は「楽しくって」生きていけるでしょう・・・。
つまり、この世は「自分の思うようにならない」から苦しい。だから〈抜け出したい〉と願っているのではないですか。
お釈迦様は「この世は自分の思い通りにならない」。だから苦しいのだ、と言っています。
つまり、「嫌な世界から抜け出すことは出来ない」と言っているのです。
【結論】
抜け出すことはできないと「諦めて」=「がまんして」生きていくしかないのです!。


質問者からの有り難し - お礼

回答ありがとうございます
悲しくなったり辛くなったとき
丁寧に答えてくれることが本当にありがたいと思っています。

関連する問答
このページの先頭へ