皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

林 浩道

龍興寺 最後の仇討ちが行われた場所

有り難し 1836
回答 175

自己紹介

様々なつらい別れや痛みを、私も経験しながら今日を生きています。
あなたの苦しさや痛みを共に分かち合い、少しでも和らげることができれば幸いです。
■ブログURL: http://ameblo.jp/zuiunzan/

関わりを失わない
人は 誰かに愛されること 誰かから必要とされること 誰かの役にたつこと によって、幸せを感じられるのだそうです。 共通するのは「誰か」との関係性の中にそれがあるということ。 ...
誰も悪くない
お辛い気持ち、お察し申し上げます。 私の知り合いの和尚さんにも、子宝に恵まれなかった方がいて、不妊治療の大変さ等のお話を聴かせていただいたことがあります。 なかなか上手くいかなくて辛いと...
そのままで生きていいんです
昔、ある僧が雲門和尚という禅僧に質問しました。 「仏とはなんですか」 すると雲門はこう答えました。 「クソだ」 さあ、あなたはどう思いましたか? クソ=汚い物。と普通は考えます...
考えても仕方ないことは考えない
みかんさんはまだ10代だから「どっしり構えて」なんてことを言ってもまだむりですよね^^; でもね、結局は「なるようにしかならない」のです。 あまり自信満々なのもアレですが、相手の気持ちが...
その日その日を丁寧に生きる
昔、中国の禅僧、趙州(じょうしゅう)は師である南泉和尚に尋ねました。 「道とはどういうものですか?」 すると師はこう答えました。 「平常心是道」(びょうじょうしんこれどう) 若い趙州...
辛いときは孤独にならないで
自死にしろ、病死にしろ、辛い別れ方をして、何年も立ち直れない遺族の方は大勢いらっしゃいます。 お時間があれば、地域の自死遺族の会などに参加して、思いを言葉にして吐き出してみてはいかが? ...
質問 : 生き方
八風吹けども動ぜず
はじめまして^^ 『八風吹けども動ぜず天辺の月』という禅の言葉があります。 八風とは人生の中で起きるであろうよいこと、悪いことをざっくりと『利、衰、毀、誉、称、譏 、苦、楽』の8つに分類した...
もったいない
あなたを産むとき、お母さんは命がけであなたを産みました。 あなたを育むために、たくさんの人が関わりました。 あなたが生まれてから今日まで、たくさんの命を食物として取り込んできました。 ...
自分を律して生きる
「人を非難せず、傷つけず、戒律をよく守り 食事には適量を知り、独り静かに坐り臥し 心を調えることにつとめる これが諸仏の教えである」 (法句経) 戒律とは仏弟子が守るべき生活規律の...
自由な心を取り戻そう
「この世は泡沫(うたかた)の如しと見よ この世は陽炎のごとしと見よ このように世を見る人を 死王が見つけることはない」 (法句経) かなりお疲れのようですね、心配です。 そんな毎...
孤独に打ち勝とう
こんにちは あなたの質問を読ませていただいて思ったことは、あなたの心を乱しているのは「孤独」かな、ということでした。 『法句経』にこんな一節があります 「屋根を葺くこと粗ならば、 雨...
質問 : 依存
脚下を看よ
中国の禅僧、法演禅師は、三人の弟子と出先から帰宅中でしたが、途中、風が吹いて手に持っていた灯火が消えてしまいました。 周りに灯りは無く、真っ暗に。 その時禅師は、弟子たちに「一転語を下せ」と...
質問 : 将来の不安
無理すんな(・∀・)
ナオさんはじめまして。 ナオさんは登山の経験はありますか? 先日、イモトアヤコがアイガ-登頂に成功しましたが、すごいことですよね。 でも、5年越しの悲願だったエベレスト登頂は寸前で撤退...
質問 : 資格試験
多くを求めない
人にはそれぞれ持って生まれた性格というものがあって、素直に自分の気持ちを口にできる人と、周囲の反応を気にするあまりに、言いたいことを口にできずにため込んでしまう人がいます。 ちなみに私は前...
思春期の女子は難しい><
思春期の女子は複雑で、あつかいが難しいものです。 そうした中で一番大切なのは安心できる居場所があること、だと思います。 そのためには、お母さんの役割は重要ですよ。 あれこれ口を出すのではな...
がんばれ!
やらずに後悔するくらいなら、やろう! 今という時は過ぎてしまったら二度と戻りません。 悔いの残らないようにね。 がんばれ!^^
あなたには関係ないこと
『法句経』の中の有名な言葉です 「他人の間違いに目を向けるな 他人がしたこと、しなかったことに目を向けるな ただ、自分がやったこと、やらなかったことだけを見つめよ」 ひとにはそれ...
あなたを変えられるのはあなただけ
はじめまして。 私も実はぐうたらな人間です、修業時代は集団生活ですので、周りから急かされるままに毎日駆け回っておりました。 現在は寺の住職となり、誰から急かされるということもなくなったのです...
人の命も、縁のたまもの
辛いお気持ち、お察しいたします。 私も10歳の時、2歳の妹を交通事故で亡くしました。 家族は皆、嘆き悲しみ、家庭が崩壊しそうになりました。 けれども、時間が経つほどに、自然とまた家族が集ま...
質問 : 子供の死
苦しみについて考えてみる
苦しみって、なんでしょうね。 本当の苦しみとお訊きのようですが、苦しみに嘘も本当も無いと私は思います。 苦しいものは何でも苦しいんです。 このサイトの質問の数々を読んでみればわかるはず...

このページの先頭へ