hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

柴原幸保

有り難し有り難し0
回答数 回答 0

慈眼寺

めのお寺 日本百観音秩父札所三十四カ所十三番

SNS 

自己紹介

福島正伸公認インストラクター
宗教法人慈眼寺 住職
学校法人弘道学園 理事長
特定非営利活動法人 代表理事
株式会社 慈眼 代表取締役

昭和34年、埼玉県秩父市生まれ。
 駒沢大学卒業後。曹洞宗大本山総持寺で3年間修行し、
 昭和62年、祖父の代から続く秩父幼稚園に就職。
 平成2年に園舎を建て、3年間は園児が増えたが、自分が幼稚園経営に携わってから園児が減少。職員との関係も最悪になる。

 いろいろな講演会やセミナーに出てマーケティングなどを学ぶが、
 小手先のテクニックに頼っていたため、うまくいかない。

 そこで、「なぜ、自分がこの園をやらなければいけないのか?」と、
 自分自身を深く掘り下げたところ、自分自身のことを認めることができ、「自分はこれでいいんだ!」と思えるようになる。

 そんな中、園バスが歩行者と接触事故を起こし、歩行者が亡くなってしまう。
 今まで周りを責めていた立場から、今度は自分が責められる立場になったとき、
 世の中には変えられないものがあることに気づき、
 周りを認めるように価値観を転換する。
 結果、職員との関係が変わり、保護者との関係が変わり、子供との関係が変わった。

 平成9年に学園の理事長、平成10年に寺の住職に就任。
 平成18年、0歳から2歳のこどもと保護者のための広場を開設し、
 幼保一体化施設を実現。これが大きな転機となり、
 人口減少、少子高齢化、競合多数という幼稚園保育園経営にとって
 厳しい経営環境の秩父市で、5年連続で園児増を実現。
 収入を4年間で2倍に伸ばす。
 平成24年度には、保育園入園希望者が定員の2倍以上に達した。

 地域の子どもたちや保護者はもちろん、
 教職員にとっても「この学園で働けてよかった」と思えるような、
 幸福度の高い学園作りに取り組んでいる。

 プライベートでは、自己変革のため、マラソンにチャレンジ。
 平成21年には東京マラソンを完走した。

講演研修テーマ・メディア掲載歴

講演研修テーマ
「自立型人材育成法」
「自立型組織運営法」
「お坊さんが語る企業経営のコツ」
「佛の教えで幸せに生きる 4つのポイント」
「幸せな人生を送るための3つの宝物」

講演セミナー研修実績
 船井総合研究所・日本経営教育研究所・東京福祉専門学校・曹洞宗保育連合会
 六交会・Wizbiz・セミナーバンク

メディア掲載歴
 船井メディア Just 2013年5月号
 月刊Boss 2013年3月号
 船井総合研究所 

Web

回答した質問

まだ回答がありません