hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
1113views

躁と鬱と私と共に生きる僧侶西條るじんさん- 当事者が語るうつ病と双極性障害

hasunoha(ハスノハ)回答僧・西條るじんさんの講演が決まりました!

ご自身が患っておられる、うつ病と双極性障害と共にどう生きるかをお話しくださいます。ハスノハにも同じ病気で苦しんでいる方からの相談がたくさんきています。るじんさんのお話は、当事者だからこそわかりあえる、そして仏教がどのように心の支えになりえるのかについて多くの示唆をいただけることでしょう。

無料講演なのでぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

西條るじんさんのプロフィールと問答(お悩み相談のご回答)を見る

西條るじんさん講演

講演:当事者が語るうつ病と双極性障害
講師:西條るじん(浄土真宗本願寺派教師)
日時:2024年4月6日(土)開場9時30分、開演10時
場所:熱田文化小劇場(名古屋市熱田区神宮三丁目1番15号 北館 2F)
参加費:無料
申込方法:メール(saijo@b-up.life)か電話(090-8954-8659)で。メールにお名前と住所記入ください。

るじんさんTIKTOK

TIKTOKやYoutubeで病気と共に生きることを発信されています。

るじんさんTOKTOK -双極性障害はコントロールできる!同じ病気を患う本人とそのご家族、愛する人を応援📣 負けないで!

るじんさんYoutube -躁と鬱と私と共に生きる僧侶るじん

るじんさんからメッセージ

うつ病と双極性障害の講演会をします。

今後全国でやっていきたい第一歩として、自分で開場押さえて自分で会場費払って、無料イベントで開催します~~~

会場はなんとなんとなんと「熱田文化小劇場」4月6日(土)10時開演

私は長年、双極性障害(躁うつ病)を患いながら生きてきました。今もその病気と共に生きております。

元気そうなので「演技じゃないの?」「うそでしょ」とも言われてしまい傷つくこともあります。

しかし鬱の時は(双極性障害の鬱はうつ病と同じ症状です)

今も動けなくなります。

言葉にならない苦しみがあります。

このような病気は患者本人よりも家族が疲れ切ってしまうこともあるのです。

私も昔は家族に大いに迷惑をかけました。また家族の理解がなくとても辛い思いをしました。

うつ病、躁鬱病の当事者が病気のことをわかりやすくお話しします。

そして、病気を抱えているご本人やそのご家族様、関係者様に生き方、接し方、仕事、人生、命のお話をお伝えしたいと思います。

※ご来場いただける方は、お名前と住所をご記入のお申込みください

※当日は会場内の写真撮影がありますのでSNS等での発信をご了承ください。



文・hasunoha編集部
この記事を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine