お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

恋に正解なし。素直に、ときには客観的に。

恋する相手の心が読めなくて、心が苦しいのですね。
押しすぎて嫌われないか、引きすぎて関係が途切れないか、さじ加減が難しいところですが、人の心は常に変化するものですから、これといった正解が存在しないのが現実です。

恋は落ちるもの、なんて言葉もあります、理屈ではわかっていても、思い通りにならないのが恋心です。
結局は思ったようになさるのが一番なのかもしれませんね。

ただ、ひとりの大人として忘れないでいただきたいのは、どこかでふと立ち止まる時間も必要だということ。自らの行いを客観的に省みる時間も持って欲しいな。

恋愛もまた、あなたの人生を豊かにし、あなたを磨く素材のひとつ、悔いの無いよう行動して、良い思い出を作ってください。
引用元の質問: 執着ですか?
彼に素直に表現していったらいいのになと思うのに、 なぜかできません。
回答僧:
おすすめの33秒法話

子育てを、気に病むのは親ばかり

僧侶の役目は恐れの心を取り払うこと。これを施無畏といふ

白髪を抜くと、待ち構えているのは禿げです

どうあるべきかで人生の花は咲く

人間関係のダンスを自ら踊るべからず

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ