お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

あんのんじ (てんしんじ)

安穏寺 (天岑寺)

回答 3685

菩提心を起こすとは、自分が持っている力で世の人や助けを必要としている存在を救わんと願う心。たとえ石ころでも救う。宇宙でも救う。壊れたエアコンでもイスでも救う!そういう心を持つのです。持てばわかる。できるできないではなく力が湧く。それが実際にそういうはたらきになる。それをこのサイトで実証してみました。皆さんも腹の底から菩提心を奮い起こしてみてください。必ず人生が変わるのです。自分の為であってはなりません。菩提心の為に仏法の為に菩提心を起こすのです。菩提心。それはお釈迦さまや祖師たちを悟りに導き、世に平安をもたらせた人類の誰もが持つべき最高の心です。

曹洞宗 埼玉県 坐禅・瞑想できる禅寺 脱ネガティブ プラス思考 法話 質疑応答 日常に生かせる禅

宗派: 曹洞宗

所在地: 350-1303 埼玉県 狭山市沢4-28

狭山市 安穏寺(あんのんじ)住職

丹下覚元(たんげかくげん)

坐禅会

W1siziisijiwmtgvmdevmdevmtivmdivntuvntgzl0lnr18ymde3mdkwml8xmje2nduuanbnil1d
「坐らない坐禅会はじめました🍜」
(;´Д`)坐禅って厳しいんでしょ?
('◇')ゞまぁまぁ、足で座らず、心でスワればいいのです。
むしろ足で坐禅するんじゃありません。

坐禅とは座ることではなく、心が❝坐る❞ことです。
心が坐るとは心が定まることです。
これを禅定、三昧、非思量などといいます。
また角度を変えて表現すれば不動心、無心、無我、無私心、涅槃、大寂静なる心と言えましょう。

あえてわかりやすく説明すれば、
「自分が思ったこと」に影響されない心(トコロ)に坐すること。
思いから化かされんようになることです。

人間は自分が思ったことによって心を苦しませています。
自身の本来の安穏の処(仏心)を自ら探し、あきらかにして、思考の世界をアドレスとせず、事実の世界がアドレスになることです。 

外の出来事に動じない…坐 
内なる思いに動じない…禅

自己の本来の静寂な心のありようを学び人生の宝となさってください。
ザゼン=「心が坐る」=禅定を会得すること

ひきこもり・対人恐怖症・パニック症候群・うつなどにも効果があります。

日曜坐禅会
3:00 ざぜん
3:15 🍵講話
      
🍵お茶をしながらココロ・自己・仏教のお勉強。
 
時々、休みますのでご連絡を。
📞0429‐41‐5940
(心)オチツク‐ヨイ‐ゴクヨー
📞08020659278 

参加費 千円程度の布施をお願いしております。(任意)

📞電話お悩み相談 

W1siziisijiwmtyvmdcvmduvmjevmtyvndyvnduyl0lnr18ymde1mdqyov8xnteymdmuanbnil1d
☎08020659278
電話代が気になる方は、こちらからかけなおします。

お寺で直接お悩み相談 

W1siziisijiwmtyvmdcvmduvmjevmjyvmzevnzk0l0lnr18ymde1mdcxmf8xodi1ntuuanbnil1d
ご希望の日時をお伝えください。
08020659278

ご法事

W1siziisijiwmtgvmdevmdevmtivmdivntgvntc5l0lnr18ymde3mdkwml8xmje2nduuanbnil1d
本当のご供養のすすめ

仏教における供養とは、自身と故人様と世の中のために行うものです。ただお坊さんを読んでお経を読んでもらうというものであってはなりません。

原点を考えてみましょう。
お釈迦様が亡くなられ、縁のある方々は報恩の行として供養塔を建てられました。それがお墓・塔婆のルーツです。仏教におけるお墓や塔婆とは亡き人の徳を讃えて、残った人がその良き心を受け継いで世の中を良くしようと誓願を込めて建てた供養塔です。供養とは自他、世の中に良き心を広めることなのです。立派な人の心を継承して良き心を広められたからこそ仏教のこころ・やさしさ・良き心がこんにちまで広まってきたのです。
私たちも誰もがその役割を担う人間です。
これからも平和でやすらかな世の中を続けていかなければなりません。
ところが時代はみな逆行してエゴやわがままな人たちが増えています。お寺や神社が無くなればそれを広める教会的な役割の場所がなくなってしまいます。その結果、こういう活動もなくなれば世の中はどんどん乱れていくばかりではないでしょうか。
世の中に優しさが広まっていくためにも、みなさまで共に仏の心、やさしい心、助け合いの心が広めあって世の中がどんどん良くなってい行くようにつとめなければいけません。そのために、その活動の応援・活動の手助けとして法事やご供養、お葬式などを❝通して❞仏教活動をしてくださるお寺や僧侶に浄財をおさめて世に貢献をさせて頂くのです。ぜひ地域のお寺さんを大事になさってください。それがお布施というものです。これは国に納める税金とは異なり、世の中に良い心が広まるために用いて頂くべくおさめる浄財です。だからこそお布施をする際にも、ご注意ください。お布施とは宗教活動をされている僧侶・寺院におさめていただくものです。現代はモラルハザード(倫理欠如)の為に派遣ビジネスが横行して、お布施の活用法が寺社のためではなく自社の為に用いられる供養ビジネスが横行しています。それらはビジネスですので自社への利益誘導でしかありません。

お布施と言いますのは、世に良き心を広めるための行なのです。
僧侶たちは世の中に良き心を広めるためにつとめております。まだまだ力不足であり、世のお役に立てているとは言えない到らぬ面も多々ありますが、少しでも皆様のお役に立てるよう精進してまいります。
人間の心は縁のある方とのかかわりを大事にします。
自身の「内なる存在・内なる作用」でもあるお世話になられた方への報恩感謝・心の通い合い・新たなる関わりとしてお経というお互いが無上の心・悟りのこころに導かれるようにおつとめします。霊とは外にあるのではなく、自身の内なる他存在に対する自身の働きを霊と言います。生きている人同士ですら霊の働きはあります。ケンカをしたままであればお互いに心が晴れやかになれません。音信不通であればお互いに何も変わっていきません。
亡き人とのかかわりが最上な関係になっていくためにも、またご自身の人生が最上のものになっていくためにも亡き人(自身の霊の働き)に向き合って、自身の心を成長させ互いに豊かな関わりになってゆくためにもご供養をお勧めいたします。

良き心を共に分かち合います。(人+共に+養う)
お釈迦さまの教え、智慧・慈悲を分かち合い世の中に廻らし向けるのです。
お布施とは金額がいくらであればよいというものではありません。お金がない方であれば布施の文字の如く「布を施す」程度でも構わないのです。乱れている世の中を少しでも良くされようと思われる方が自らのものを世に役立てて頂くべく「自分のもの」を持たないよう(持たれないよう)喜捨していただくのが布施という行です。

アクセス・地図

■宗派: 曹洞宗

■所在地: 350-1303 埼玉県 狭山市沢4-28

■TEL: 0429ー41ー5940 もしくは 080-2065-9278

■アクセス: 西武新宿線 狭山市駅東口 もしくは 新狭山駅(南口)より 徒歩15分 狭山市駅東口より2:30出発のバス狭山31系統狭山台団地行きにのって「グランド入り口」で下車してベルク方面に向かって徒歩5分

■HP: バスの場合:狭山市駅東口より「狭山31系統 狭山台団地行き」に乗り「グランド入り口」にて下車。吉野家を右に進みますと八角堂が見えてきます。タクシーの場合:「中央中の前を通って天岑寺(てんしんじ)の八角堂まで」とお伝えください。新狭山南口からタクシーなら「沢(さわ)の天岑寺(てんしんじ)まで」で初乗り料金で。天岑寺の横の八角堂です。(和食レストラン徳樹庵の前、ベルクの前の八角形のお寺です。

■Facebookページ: https://www.facebook.com/groups/308502509306566/

有り難しの多い回答問答
死なないでください
昔、私も死のうかと思ったですよ。 でも、死ねなかったです。 酒を浴びるほど飲みましたよ。 ウイスキーボトルを二日で3本空けましたよ。血の混じったものを戻した時、この私が死にたいと思っていた...
時ぎり、場ぎり、それっきり。
時ぎり、場ぎり、それっきり。 これは何かと言いますと、 どんな苦しみも嫌なことも、ポジティブな意味で、 必ず、その時っきり、その場所っきり、その事っきりで終わっているということです。 ...
そういうのを愛だと思うのを愚かという
さっさと別れましょ。 以上。 ――――――――― 追伸 おまけッス。 可哀想な自分に酔ってたって、何の報われもない。 死んだ子供たちの怨念が聞こえませんか。それでもまだ続ける。可哀想に...
いつでもお電話ください。
嘘つかれたくらいでその人を嫌いになんてなれるでしょうか? あなたの愛情はその程度なのでしょうか。 もっとストーカーになってでも略奪愛でもその人が好きなら関わりを続けて猛烈アタックしていくべき...
本当の友達は自分の行いである
日本人は昔から慎ましく、自分を明かすことはあまりなかったものでした。 ところがSNSの普及によって、自己を表現する方法が増えました。 まだ始まったばかりですから、どうしてもみんな我が事、我が...
アイツを問題にしている、コイツ(自分自身)をこそ問題にしよう
私が若い頃、あなたが言われるような、いわゆる「悪いやつら」の事で腹を立てて愚痴をこぼしていた事がありました。 師匠は黙ってその様子を聞いていました。 話が終わると、 「…で、さっきから...
意識次第で、聖欲にもなり、排泄にもワイセツにもなる。
❝聖欲❞となすべし 性欲は持って生まれたものですから否定すべき事ではありません。 性欲は男性女性にとっては当然のものですし、用い方を誤らなければ生命の誕生につながる聖なる欲、聖欲・生欲ともな...
いいねぇ。おっちゃん、最高。
私もそう思ってましたよ。 これは実話っすけど、私は修行道場であなたと同じ気持ちになりました。 坊さんなんですが、坊さんが大っ嫌いになりましてね。(あ、今は違いますが) 良寛さんっていう群れ...
このページの先頭へ