お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

あんのんじ (てんしんじ)

安穏寺 (天岑寺)

回答 3907

自己に向き合う禅の道場

曹洞宗 埼玉県 坐禅・瞑想できる禅寺 脱ネガティブ プラス思考 法話 質疑応答 日常に生かせる禅

宗派: 曹洞宗

所在地: 350-1303 埼玉県 狭山市沢4-28

狭山市 安穏寺(あんのんじ)住職

丹下覚元(たんげかくげん)

禅の集い

W1siziisijiwmtgvmdevmdevmtivmdivntuvntgzl0lnr18ymde3mdkwml8xmje2nduuanbnil1d
毎週日曜午後三時から
坐禅が嫌いな方は3:30からお越しください。

年中無休📞電話お悩み相談 

W1siziisijiwmtyvmdcvmduvmjevmtyvndyvnduyl0lnr18ymde1mdqyov8xnteymdmuanbnil1d
☎08020659278
📞0429415940

お寺でお悩み相談 

W1siziisijiwmtyvmdcvmduvmjevmjyvmzevnzk0l0lnr18ymde1mdcxmf8xodi1ntuuanbnil1d

アクセス・地図

■宗派: 曹洞宗

■所在地: 350-1303 埼玉県 狭山市沢4-28

■TEL: 080-2065-9278 もしくは0429-41-5940良いご供養。

■アクセス: 西武新宿線 狭山市駅東口 もしくは 新狭山駅(南口)より

狭山市駅東口より徒歩20分。バス:狭山市駅東口より「狭山31系統 狭山台団地行き」に乗り「グランド入り口」にて下車。下りたところから見えます吉野家を右方向へ徒歩3分。ベルク・和食レストラン徳樹庵の向かい側。八角堂が見えてきます。タクシーの場合:「中央中学校の前を通って天岑寺(てんしんじ)の八角堂まで」とお伝えください。新狭山南口からタクシーなら「沢(さわ)の天岑寺(てんしんじ)まで」で初乗り料金で。天岑寺の横の八角堂です。(和食レストラン徳樹庵の前、ベルクの前の八角形のお寺です。

■Facebookページ: https://www.facebook.com/%E3%81%82%E3%82%93%E3%81%AE%E3%82%93%E5%AF%BA%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C-%E7%8B%AD%E5%B1%B1%E5%B8%82-%E7%86%8A%E8%80%B3%E5%B1%B1-%E5%AE%89%E7%A9%8F%E5%AF%BA-1495334390692326/

有り難しの多い回答問答
死なないでください
昔、私も死のうかと思ったですよ。 でも、死ねなかったです。 酒を浴びるほど飲みましたよ。 ウイスキーボトルを二日で3本空けましたよ。血の混じったものを戻した時、この私が死にたいと思っていた...
時ぎり、場ぎり、それっきり。
時ぎり、場ぎり、それっきり。 これは何かと言いますと、 どんな苦しみも嫌なことも、ポジティブな意味で、 必ず、その時っきり、その場所っきり、その事っきりで終わっているということです。 ...
そういうのを愛だと思うのを愚かという
さっさと別れましょ。 以上。 ――――――――― 追伸 おまけッス。 可哀想な自分に酔ってたって、何の報われもない。 死んだ子供たちの怨念が聞こえませんか。それでもまだ続ける。可哀想に...
アイツを問題にしている、コイツ(自分自身)をこそ問題にしよう
私が若い頃、あなたが言われるような、いわゆる「悪いやつら」の事で腹を立てて愚痴をこぼしていた事がありました。 師匠は黙ってその様子を聞いていました。 話が終わると、 「…で、さっきから...
いつでもお電話ください。
嘘つかれたくらいでその人を嫌いになんてなれるでしょうか? あなたの愛情はその程度なのでしょうか。 もっとストーカーになってでも略奪愛でもその人が好きなら関わりを続けて猛烈アタックしていくべき...
本当の友達は自分の行いである
日本人は昔から慎ましく、自分を明かすことはあまりなかったものでした。 ところがSNSの普及によって、自己を表現する方法が増えました。 まだ始まったばかりですから、どうしてもみんな我が事、我が...
意識次第で、聖欲にもなり、排泄にもワイセツにもなる。
❝聖欲❞となすべし 性欲は持って生まれたものですから否定すべき事ではありません。 性欲は男性女性にとっては当然のものですし、用い方を誤らなければ生命の誕生につながる聖なる欲、聖欲・生欲ともな...
いいねぇ。おっちゃん、最高。
私もそう思ってましたよ。 これは実話っすけど、私は修行道場であなたと同じ気持ちになりました。 坊さんなんですが、坊さんが大っ嫌いになりましてね。(あ、今は違いますが) 良寛さんっていう群れ...
このページの先頭へ