皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

いわたきさん おうじょういんろくまんじ

岩瀧山 往生院六萬寺

回答 1804

楠木正行公ゆかりのお寺

単立・臨済宗 大阪府 楠木正行 聖武天皇 行基 日想観 民具供養館

宗派: 単立・臨済宗

所在地: 579-8061 大阪府 東大阪市六万寺町1-22-36

岩瀧山往生院六萬寺・副住職

川口 英俊

お寺の歴史・方針について

Bahbblshogzmssilmjaxnc8wni8wos8xms8woc8zms8znjevmje2ny5qcgcgogzfva
当寺は、その昔、浄土信仰の寺院・念仏道場として栄えた時期もございましたが、何度も荒廃を繰り返す中、戦後における復興において、臨済宗の単立寺院となりました。

往生院六萬寺の歴史
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/7810399.html

お寺の方針について
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/7820161.html

・・

当寺は、現在、臨済宗を基本的に奉じてはいるものの、お釈迦様(釈尊)の教え(善巧方便)の全般を学び修することによっての確かなる衆生済度の実践へと向けて、特定の宗旨宗派にとらわれることなく、仏法・仏典の全般を扱うことを旨として、初期(テーラワーダ)仏教から大乗仏教、 並びにチベット仏教に至るまで、お釈迦様(釈尊)の教えの全てを総合的に、包括的に学び修することを目指しています。

(法人登記目的の項より抜粋・・「相應部増支部等の経典及び諸大乗経を所依として正法を宣布し儀式行事を行い、信者を教化育成し、その他、正法興隆、衆生済度の聖業に精進するこの寺院の目的を達成するための財務その他の業務を行うことを目的とする。」)

・・

これからも皆様との有り難く、尊いご縁をつむがせて頂きながら、ご仏縁、ご法縁を大切に、確かなる正法興隆、衆生済度の実践へと向けて、しっかりと菩提心を滋養致して、智慧(空性の了解)と福徳(慈悲・利他行・方便の実践)の二資糧を積むことに研鑽して参りたいと存じております。どうかこれからも、ご理解とご協力の程を何卒にも宜しくお願い申し上げます。

・・

hasunohaへの参画は、法人の目的における「正法興隆、衆生済度の聖業」の一環に適うものとして、誠に浅学菲才の未熟者ではございますが、できる限り精進努力致して参りたいと存じております。

副住職 川口英俊 合掌

各ご供養について

Bahbblshogzmssilmjaxnc8wni8woc8xns80os8yms83otcvmjuymc5qcgcgogzfva

日想観について

Bahbblshogzmssipmjaxnc8wni8woc8xns81my8woc82mjgvb3vqew91aw4uanbnbjogrvq
夕日の彼方に観た浄土・・

三善為康が著した「拾遺往生伝」によれば、平安時代中期に荒廃した六萬寺の後に念仏聖である安助上人により往生院が創建されました。この地は、「四天王寺の西門から真東にあり、極楽浄土の東門に当院が当たる」ということから、極楽往生を念ずるにふさわしい場所であると考えられていました。

さらに夕日を見て、極楽往生を願う、「日想観」(じっそうかん)を修する場所として、多くの僧侶・信者がこの地を訪れて栄え、念仏が絶えることがなかったと伝わります。

往生院から見る春秋彼岸の中日の太陽は、真西にある四天王寺へとまっすぐに向かって落ちてゆきます。この夕日を見るとなんともいえない安らかな気持ちになるのは、今も、昔の人も変わらないことでしょう・・

南無阿彌陀佛 南無阿彌陀佛 南無阿彌陀佛 合掌

アクセス・地図

■宗派: 単立・臨済宗

■所在地: 579-8061 大阪府 東大阪市六万寺町1-22-36

■TEL:

■アクセス: 近鉄奈良線 瓢箪山駅 徒歩35分(タクシーがお薦め15分)

■HP: http://oujyouin.com/

■Facebookページ: https://www.facebook.com/oujyouin

自分の動機(志)に問い掛けてみる
マルトク様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 何が正解かは、正直、分からないものであります。 しかし、自分で「これが正解」と決めてしまうと、そうでなけれ...
仏教における「正しい」というもの
まりも様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 何が「正しい」のか。一体、誰がその基準を定めるのか。 これは、仏教でも大変に重要なこととなります。 も...
決定往生
きた様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 個々人が恣意的に解釈、判断するのではなくて、往生が決定する、あるいは、信心が決定するというのは、いかなる事態であるの...
ご仏縁との出逢い
しろせ2525様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 私たちは皆、ご縁により存在することができております。 ご縁とは、正確には、因縁と申しまして、因縁とは...
ご仏縁
みぃ様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 前々回のご質問を拝見致しました時、正直、涙申し上げました・・ 誠におつらいことでございます。 希愛ちゃん...
良い結果へと向けて
ゆい様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 人の恋路にあれこれと偉そうには言える立場でないのですが・・7年間の片想いを成就させた者からのアドバイスとして・・ ...
苦の輪廻にある限り・・
indigo様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 震災天罰論・・ございましたね・・ 本来ただの自然現象に対して、人間があれやこれやと色付けしてしまってい...
「Forget me not」
あめ様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 「私の愛されたいは精神的にでも身体的にでも傷つけられたい」・・やや「S」気がおありのような。。 ならば、「S」...
質問 : 生き方
あなたは自分が思うよりもずっと美しい
そんなぴらりーさんに観てほしい動画があります。。 https://www.youtube.com/watch?v=E8-XKIY5gRo これまでも結構引用させて頂いている「ダヴ: ...
質問 : 他人
やりたいこと、好きなこと、興味のあること
ひいらぎ様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 何事もやる気、モチベーションを保って継続することは難しくあります。 でも、自分のやりたいこと、好きなこと、...
質問 : しんどい
「基本の三身の構造をよく明らかにする燈明」
はなみん様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 「地獄とか天国とかそんなことを超越した穏やかな世界」、つまり、この苦界の輪廻を超えた、悟り・涅槃へと至るには、や...
「好きこそ物の上手なれ」
orio様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 友達関係、人間関係には、良いものもあれば、悪いものもあるだけに、これが良いとはなかなか言いにくいのですが、ある意...
まず自分の「心」のありようを詳しく知ることから
ゆず様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 やや自己嫌悪に陥られておられるご様子・・ まあ、周りは周り、他人は他人。大切なのは、自分はどうありたいか、自分...
雑草を刈り込むイメージ
実生様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 僧侶だからと言っても、なかなか心を平穏に保ち続けるというのは難しいものでございます。 そうですね。。何とか毎日...
真面目(しんめんもく)
時雨様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 実は、この「真面目」という言葉は、もともと「真面目(しんめんもく)」と申しまして、中国の宋代詩人・蘇東坡が「柳は緑、...
「事実は小説よりも奇なり」
じんろさん様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 「作家」・・拙生も書くことが好きなので、誠に憧れます。。 小説も一つ(自費)出版しました。もう20年前に...
生きる目的や意味や価値というものも空、縁起なるもの
なな様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 生きる目的や意味や価値というものは、どうしても何か「これだ」と言える実体的なものがあるのじゃないかと、思ってしまうと...
「わたくし」も「縁起」なるものであり「空」なるもの
雅子様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 「わたくし」を忘れる・・ 何も無理に忘れることはありません。 「わたくし」は「わたくし」で確かに存在して...
今年、「大厄」であることに今さら気付く・・
みぃ様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 よくよく考えて調べてみましたら、今年、「大厄」でした・・ 前厄も含めて、特に何もしていないのに今さらながらに気...
質問 : 前厄
お礼を拝見しまして、参考紹介書籍は削除させて頂きました。
アサ様 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。 「希死念慮」は、もしか致しますと、服用の向精神薬による副作用の可能性もございます。 かといって、治療・薬を極端...
岩瀧山 往生院六萬寺 のお寺情報
ホームページ
このページの先頭へ