hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

川口 英俊

有り難し有り難し33965
回答数 回答 2484

岩瀧山 往生院六萬寺

楠木正行公ゆかりのお寺

自己紹介

チベット仏教
ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

「菩提心を因となし、 大悲を根となし、 方便を究竟となす」(大日経・三句法門)

Web

回答した質問

「怨憎会苦」

なみさま

コロナ禍は確かに大変でありますが、人類史上、戦争、疫病、災害、飢饉は絶えず起こっており、こういった怨むべき嫌なこととも出逢っていかなければならない苦しみを仏教では「怨憎会苦」と申...

質問:コロナ禍で今私が考えていること

回答数回答 1
有り難し有り難し 3

戒律

たは他力のたさま

あくまでも原則としての話となりますが、僧侶が本来守るべき戒を正式に受けるための戒壇は現在日本仏教には無い(まあ、色々議論はありますが)と言えるため、各宗派においての規定と...

質問:お坊さんの戒律に関する質問です

回答数回答 2
有り難し有り難し 7

「放生」(ほうじょう)

かずさま

仏教では、「放生」(ほうじょう)という功徳の積み方があります。

生き物を放つ、つまり、逃がすということで、魚など食用などで捕らえられた生き物を自然に返して逃がしてあげること...

質問:喪中に釣り

回答数回答 2
有り難し有り難し 13

本来は「無記」ですが・・

ゆっかーさま

仏教には、「毒矢の喩え」としてよく知られている「無記」があります。

当時の仏教以外の哲学諸派からの質問で、現実の問題の解決に何も役立たない議論になるとして、お釈迦様が質...

質問:死ぬのが怖い

回答数回答 2
有り難し有り難し 3

清らかなビジョン

夏草さま

おつらいことがおありであったのですね・・

清らかな仏様や菩薩さまのビジョンが現れるというのは、どこかの過去世において、それなりの(何らか弥勒菩薩様に関わる)仏縁や功徳があっ...

質問:弥勒菩薩様のお気持ちに応えるには

回答数回答 1
有り難し有り難し 4

「三身修道」

ささきさま

まず、仏教は、「無」(絶無・虚無)になることが目的ではなく、「苦しみを無くすこと」と共に、大乗仏教においては、一切衆生を救えるようになるための悟りを得ることも目的となります。簡...

質問:お坊さんは死ぬのが怖くない?

回答数回答 2
有り難し有り難し 8

苦しみを滅する道

なつきさま

「地獄が怖い」というのは、ある意味においては正しい認識であり、自分の行いである業をより善くに調えていくための方便的機能を果たしているところがあります。

いわゆる応報刑論で...

質問:地獄はないと思っているのに、怖いです。

回答数回答 3
有り難し有り難し 2

時は戻りませんが

ねんねんさま

「時を戻そう」とお笑いコンビ「ぺこぱ」松陰寺太勇さんのフレーズのように流せればよいのですが、なかなかそうはいかないですよね。。

時は戻りませんが、考え方を変えれば、過去...

質問:時間を戻したいと考えてしまいます

回答数回答 2
有り難し有り難し 9

価値

山荷葉さま

そもそも価値とは何ぞやであります。

世間で良い価値と思われているものでしょうか?

もしくは、自分が恣意的にそれが「良い」価値と思っていることにやや憑りつかれてしまっ...

質問:自分が無価値で、楽になりたい。

回答数回答 2
有り難し有り難し 8

善行

何者でもないさま

あなた様のように思われている方は決して少なくはないのではないだろうかとは存じます。

皆が皆、満足できる居場所があり、満足して過ごせているわけでもありませんゆえに。
...

質問:世間との距離の取り方を教えて下さい

回答数回答 1
有り難し有り難し 9

愚鈍なる凡夫の自覚

在家修行者さま

得た学び、成長した体感・・へっぽこの愚鈍なる凡夫の自覚ということになりますでしょうか・・

一応僧侶と言われても、ほんの微々たる仏様のことの真似事をしているに過ぎないも...

質問:修行について

回答数回答 2
有り難し有り難し 6

苦しみを滅する道

追記・・仏教はご想像なさられておられるように難しいものではなく、四つの聖なる真理である四聖諦を基本として成り立っております。

苦、集、滅、道。この四項目について理解して押さえることができた...

質問:苦しみに意味付けができません

回答数回答 1
有り難し有り難し 8

ドヤ顔で言おう。「学生時代に頑張ったことは何もない」と

そんなととろさまに下記のコラム記事をプレゼントします。。

ドヤ顔で言おう。「学生時代に頑張ったことは何もない」と
https://www.onecareer.jp/articles/78...

質問:"頑張る"はどこまで頑張ればいいのか

回答数回答 2
有り難し有り難し 3

分派、流派について

江戸っ子さま

分派、流派について改めて考えてみると、なるほどと思うところはありますね。。

要は、政治の世界における派閥と同じで、党(理念は同じ)の中でも派(考え方の違いによるグループ...

質問:宗派による流派の有無について

回答数回答 2
有り難し有り難し 7

四聖諦

MMMさま

確かに人の世界においては、八苦が代表的にあるため、そのように思われるのは当然のことであるかとも存じます。

しかし、仏教では、人として生まれられること、また、有暇具足も備え...

質問:四苦八苦

回答数回答 3
有り難し有り難し 5

「空と縁起」

saticoさま

「空」を理解するためには、「空」と同時に「縁起」についても理解していくことが求められるものとなります。

そして、「空」は、絶無、虚無とは全く違うものとなります。
...

質問:無と空について

回答数回答 1
有り難し有り難し 6

病気の因縁は

らっちゃんさま

「先祖からの因縁で不幸になる」というのは、まあ、詐欺的な商法の一つで、不安を煽り金品をむしり取るという謳い文句の一つであるとお考え下さいませ・・

仏教では、四つの聖な...

質問:先祖からの因縁で不幸になるのか

回答数回答 3
有り難し有り難し 12

第四十一願

のちさま

第四十一願に拘わらず、仏教を学び修せられる境涯としての「有暇具足」を得られたことが必ずしも念仏者における「信心」の決定、証左として成立するわけではなく、「有暇具足」を得られたのは...

質問:不審と信心と往生について

回答数回答 1
有り難し有り難し 5

中絶

ららさま

基本的に僧侶が中絶を肯定してしまうことは、大きくには不殺生戒に反することになるため、お勧めができないものとなります。(お釈迦様の時代にあった中絶に関与した僧侶は例外なく僧団からの...

質問:産むか産まないか

回答数回答 1
有り難し有り難し 9

追善供養のあり方

大福大家さま

回忌における追善供養(代表的には、初七日から三十三回忌までの十三仏供養)は、必ずしなければならないというものではありません。

もちろん、正式に僧侶に読経して頂いて、功徳...

質問:法要の必要性について

回答数回答 2
有り難し有り難し 3