hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場
588views

第1回 hasunohaオンライン交流会を開催しました🌸

 2021年3月27日に、第1回 hasunohaオンライン交流会を開催しました!

 今回は「女子僧ダン」ということで、女子会のような和やかな雰囲気の中、お坊さんとの会話をお楽しみいただきました♪

 トークテーマは「コロナ禍で感じた寂しさをみつめる」。

 hasunoha回答僧の中田三恵さんと共に、普段はなかなか言えない気持ちを言葉にしていきます。

皆さん初対面でしたが、緊張感などは全くなく、とても柔らかい空気の中で会話が始まりました。中田さんが一人一人のお悩みをお聞きすると、どの方も快く胸の内をお話しくださいます。

中田さんは頷きながら、皆さんのお話から共通点を見出し、会話を繋いでいかれました。途中、参加者同士で問いかけ合う場面もあり、活発なコミュニケーションの時間となりました。

1時間はあっという間に過ぎ、最後は笑顔で「おやすみなさい」と手を振り合ってお別れを惜しみます。参加後のアンケートでは「もっとたくさんお話ししたかった」というお声も頂き、大変充実した会となりました。

 お互いの気持ちを共有する中で、新たな気づきも生まれました💡

どんな時に寂しさを感じる?

 “寂しさ” と聞くと、一人でいる時の孤独感が浮かぶ人も多いかもしれません。

「自粛生活で、会いたい時に人に会えない」
やっと会話が出来たとしても、楽しい時間はあっという間に過ぎていく。
ビデオ通話から退出した瞬間に、静かな自室に引き戻される。
独りの時間が圧倒的に長くなり、人を恋しく思う気持ちが強まります。

 一方で、人と同じ空間にいる時に、寂しさを感じる方もいます。
集団の中だからこそ感じる疎外感。うまく馴染めていないのではないかという不安。かえってオンラインの方が、近すぎず遠すぎない距離感で居心地が良かったりもしますよね。

「人とのつながりに幸せを感じられることは、とても羨ましくもあります」

 必ずしも、“ひとり=孤立”  “大勢=孤独でない” とは限らず「寂しいと感じる状況は人によって様々」ということに、改めて気がつきました。その理解が心への寄り添いに繋がることを、傾聴されている中田さんのご様子から感じました。

✿こちらもぜひお読みください →→ お坊さんマンガ「寂しさについて」

“諸行無常” の世の中で、今と変化を味わおう

 何事も移り変わっていく世の中に対し、侘しさを感じる時もあります。

「けれどもそれは、滅びや虚しさを残すばかりではないですよね。
けっして置いて行かれるわけではなく、自分自身も絶えず変わり続けているのですから。」と中田さんはおっしゃいます。

「寂しさや変化の受け入れ方は人それぞれだけれど、不変な世の中だからこそ、今を大事に感じることができると思います。」

 今、この瞬間も、いつかは思い出として眩しく感じられる時が来るのでしょう。ここに在る自分が感じている気持ちも、明日の自分が抱く感情も、認め受け入れて大切にしていきたいですね。

新たな視点、増やしてみませんか?

 今回ご参加くださった方から「新たな視点が増えました。寂しさの捉え方が変わりそうです。」と嬉しいコメントを頂きました!

 心の内を言葉にして伝え合ってみると、自分の視点からは見えなかったことに気がつけます。参加者の間にもコミュニケーションが生まれ、互いの感じ方を尊重する、とても素敵な会となりました。

 ご参加いただいた方々に、心よりお礼を申し上げます。


◆◆ hasunohaオンライン交流会では今後も様々なかたちで、コミュニケーションによる気づきの場を提供していきたいと考えております。◆◆

このお坊さんとお話したい!」「こんなトークテーマがいいな」など、ぜひ皆さまのご要望をお寄せください😊

次回以降のhasunohaオンライン交流会の要望を送る 
たくさんの方からご回答を頂きありがとうございます!まだまだ受付中です!

 最後までお読みくださり、ありがとうございました✿

文・hasunoha編集部
この記事を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine