お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

諦め(明らかにすること)を知り、こころに余裕を

「余裕があるときは優しくできる、ないときにはきつくなる」

まるでまさに私も同じです。他の人々もまた、同じようなものだと思います。

自分の長所や短所をうまくコントロール出来る人がどの位いるでしょうか?

うまくコントロールできないことが普通なんだよなぁと思い、いい意味での諦め(明らかにすること)を知ることではないでしょうか。

人に優しくすることは、ときに相手の思いとずれることがあります。

だから人に対して普通にすることが大事だと思います。やたらと優しくすると、私はこんなに優しくしてあげたのにと、またそれがストレスになるかもしれません。

人は誰でも他人に対してきつくあたることは多々あるでしょう。

でもその後で自分を客観視できるあなたはそれでいいのではないでしょうか。
引用元の質問: 心の余裕
好きな人や大切な人を傷つけないために、こころに余裕を持つにはどうしたらいいですか?
回答僧:
おすすめの33秒法話

子供のための精進料理、オススメは高野豆腐のうま煮

そっと心にふれる「詩」

他人に理解してもらうには「共感力」を鍛えてみる

保育園に預けて泣く我が子。寂しくても不幸ではない

「ご縁」とは「因果=原因と結果」の外的要因である

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ