言われて嫌だった言葉をお炊きあげします

カウンセラーの先生の「言われて嫌だった言葉を紙に書いて燃やすか川に流す」を伺ってなるほどと思いました。

雛人形に厄を持っていただいて川に流し、厄を避ける流し雛と同じ発想ですね。
私も昔ですがある超有名な神社にて紙の人型に厄を身代わりにお願いして水に流した経験があります。

私の寺では古い卒塔婆の他に故人のお写真や燃える遺品なども依頼されお炊き上げ(ご供養してそれらを燃やします)をすることがあります。

確かに川に流したり、燃やしたりは公共的にも問題ありですからよろしければ郵便で封筒に入れてお送りいただければその過去の想いと共にご供養した上でお炊きあげ致しますよ。

どうぞ協力いたしますのでその想い(過去のがんばられてきたあなたを)をご供養いたしましょう。
引用元の質問: 嫌な言葉の供養
お寺や神社で供養するために燃やす(おたきあげでしたっけ?)
をしていただけるのでしょうか。
私の頭の中から嫌な言葉を消したい。って言ったら罰当たりですか?
回答僧:
おすすめの33秒法話

相模原殺人事件。「死ね」をどう説くか

救急車の音 心を不安にさせる。 ただの「ピーポーピーポー」

時に「恋」は人を盲目的・妄信的にしてしまう

おみくじで 凶を引いたら 登り調子

言葉に毒を入れるのは自分です

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ