お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

人格否定する上司。誠実さも怒鳴り声も同じ

私が思うに誠実な意見も怒鳴り散らした意見も同じだと思います。良くお茶を濁した言い方や遠回しな言い方をしてなるべく相手を傷付けない言い方をする人もいますが、心の中で思っている気持ちは同じだと思います。

(きつい言葉)             
「お前は何をやってもダメだ!」

(優しい言葉)
「あなたはやれば出来る子だ。」


「親の育てが悪かったんだな」

「君が悪いわけではないんだ。気にするな。」


「人間のクズ」

「出来ないなら、出来るまですればいいだろう。頑張れ。」

どうでしょう。あなたのされたことはハッキリ言って、パワハラです。しかし、暴力ダメ。きつい言葉ダメ。なら、形を変えて今度は褒めるパワハラ、褒め殺しが待っています。

言葉に騙されずに、言葉の奥に秘めた思いを受け取ることも大切かもしれませんね。上司の方も個々の性格に合わせた注意をすることも大切ですね。

でも一番は自分がされて嫌なことは他人にしないことです。自分の事は解っているようで解らないものですよ。
引用元の質問: 乱暴な言葉への対処法
私がミスしたのは私が悪いですが、何もそこまで…と思うぐらい、人格否定までしてくる人によく出会います。
回答僧:
おすすめの33秒法話

ぼーずなんかくそくらえ。一緒に仏教やりません?

損得は自分の心が生んでいる

どうあるべきかで人生の花は咲く

失恋の未練。出逢わざるを得ない別の環境へ立て

環境やタイミングで良縁、悪縁の価値観は逆転する

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ