hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
W1siziisijiwmtgvmdkvmdevmdivmtyvntuvy2i4nwi5yjgtzdc1mc00zjrilwe4ymetodi5zdm4m2mxmwe2lzixlmpwzyjdlfsiccisinrodw1iiiwinjiwecjdxq
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine
Quote

50歳過ぎてのリストラ。苦渋の中から光を

ユダヤの寓話に『悲しみの木』というものがあります。
人が亡くなって最初にたどり着く場所が、天国の入り口にある大きな木の下だと言います。

そこで天使があなたに告げます。生前にたどった人生のうちの多くの悲しみを書きしたためて、大きな木の枝に結びつけるように・・と。

次に天使は、他の誰かが結んだ悲しみの内容を読むようにと告げます。
あなたは、きっと何日もかけて、人々の物語を読みふけることとなります。

そして、死者が読み終わるとき、再び天使が現れて言います。

「来世に生きたいと思う人生を、この多くの死者の悲しみの中から選ぶように」

天使の言葉の意味するところを考えれば、「悲しみの少ない人生」を選ぶことを勧めているのでしょうか。しかし、どの死者の魂も、最後には、自分の人生を、もう一度選ぶというのです。

そして人生とは苦渋であるということです。

苦渋のなかの救いや光の部分を見ているのかなぁ、とこの寓話から考えるわけですが。いかがでしょうか。
{{count}}
有り難し
質問
倒産とリストラの人生
初めまして。51歳のオヤジです。 20数年務めた会社が倒産し、次の会社もリーマンショックでリストラされ また次の会社は事業縮小でリストラ。 今は失業保険で生活しています。 妻も働いて助けてもらっていますが、きっとまた何年かでリストラされる・・・ と半ば求職を諦めムードです。 豊かな日本と言われる中で自殺者が 毎年3万人だとか、15分に1人亡くなっている計算で、私がその中に 入ってもも~いいかぁ~って考える自分もいます。 面接する椅子から、される椅子に座って、自分の人生こんなはず ではなかったと何回苦い酒を飲んだ事か・・・。 が、このままでは駄目 子供の為にも、働いて養うのが男の務めなのは、分かっているのですが 精神的に、積極的に就職活動しようと思いません。半導体関係で今まで 仕事をしてきましたが、もうこの歳では雇ってくれません。 かと言って畑違いの職種を探すのも困難です。自分が嫌になってる この状態から脱出できるアドバイスをお願い致します。
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さん33秒法話ピックアップ