山よりも大きいのが父の背中です

お父様を超えることはできません、なぜなら自分がいくつになっても父なのですから。そしてあなたはあなたなのですから。

「僕は父のようになれただろうか?」
「僕は父のようになれないのだろうか?」

世の中には父親のことをあなた様のように思えない方もいらっしゃいます。

いつまでも尊敬できる父がいるというのは有難いことです。
父を超えるのではなく、誇りに思える立派な父がいると発想を転換されたらいかがでしょうか。
引用元の質問: 父が亡くなって3ヶ月
超えられなかった父の存在、超えるべきであった父の存在。
両者の間で惑う自分がおります。
回答僧:
おすすめの33秒法話

見た目のコンプレックス、取り繕ってもバレます

心の一番奥底にあるのは闇ではなく、光です

死にたい死にたい。苦しいあなたにハチドリのひとしずく

人が死の直前に後悔することは「やらなかったこと」

亡くなった姉から電話?あり得ないことにはあらず

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ