hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
W1siziisijiwmtgvmdgvmjcvmtuvmtgvmjavnwq3zdi0odatmtrlmi00zgm2lwixmzgtoty2ngjkzgmzyzk1l3lhbwf5b3jpb2tpas5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisijyymhgixv0
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine
Quote

山よりも大きいのが父の背中です

お父様を超えることはできません、なぜなら自分がいくつになっても父なのですから。そしてあなたはあなたなのですから。

「僕は父のようになれただろうか?」
「僕は父のようになれないのだろうか?」

世の中には父親のことをあなた様のように思えない方もいらっしゃいます。

いつまでも尊敬できる父がいるというのは有難いことです。
父を超えるのではなく、誇りに思える立派な父がいると発想を転換されたらいかがでしょうか。
{{count}}
有り難し
質問
父が亡くなって3ヶ月
苦しむこともなく安らかに息を引き取り、お浄土へ修行に出られた我が父のことで少々ご相談致したく。 確かに父は死を迎え、我が家からは表面上姿を消しました。 然しながら何かにつけて見え隠れする父の存在の大きさに息子として見ると詠嘆するばかりです。 「それに比べて我が身のなんという小ささよ」 とふと、自分が卑下の心にとらわれてしまいます。 無論、こんな心にとらわれるのは馬鹿げていて何も生み出さないのですが時折熱病のように我が身を襲うのです。 超えられなかった父の存在、超えるべきであった父の存在。 両者の間で惑う自分がおります。 「僕は父のようになれただろうか?」 「僕は父のようになれないのだろうか?」 「父」という存在が未だ自分を動かしている。という事実が苦しいのです。 如何ともし難い現状ですが、少しでも抜け出せるお言葉をいただけたら幸いでございます。 合掌。
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さん33秒法話ピックアップ