hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

父が亡くなって3ヶ月

回答数回答 6
有り難し有り難し 172

苦しむこともなく安らかに息を引き取り、お浄土へ修行に出られた我が父のことで少々ご相談致したく。

確かに父は死を迎え、我が家からは表面上姿を消しました。
然しながら何かにつけて見え隠れする父の存在の大きさに息子として見ると詠嘆するばかりです。
「それに比べて我が身のなんという小ささよ」
とふと、自分が卑下の心にとらわれてしまいます。

無論、こんな心にとらわれるのは馬鹿げていて何も生み出さないのですが時折熱病のように我が身を襲うのです。

超えられなかった父の存在、超えるべきであった父の存在。
両者の間で惑う自分がおります。
「僕は父のようになれただろうか?」
「僕は父のようになれないのだろうか?」

「父」という存在が未だ自分を動かしている。という事実が苦しいのです。
如何ともし難い現状ですが、少しでも抜け出せるお言葉をいただけたら幸いでございます。

合掌。

2014年2月26日 17:10

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

いつまでも誇りに思える立派な父と解釈を

お仏飯はタン塩様、はじめまして。一妙寺の赤澤と申します。ご心痛お察し申し上げます。

母の愛が海よりも深ければ、山よりも大きいのが父の背中です。どうかご自分を卑下などなさらないでください。

お父様を超えることはできません、なぜなら自分がいくつになっても父なのですから。そしてあなたはあなたなのですから。

「僕は父のようになれただろうか?」
「僕は父のようになれないのだろうか?」

世の中には父親のことをお仏飯はタン塩様のように思えない方もいらっしゃいます、いつまでも尊敬できる父がいるというのは有難いことです、父を超えるのではなく、誇りに思える立派な父がいると発想を転換されたらいかがでしょうか。

2014年2月26日 19:41
{{count}}
有り難し
おきもち

サラリーマン家庭で育った私が作った小さなお寺。目指すは「アットホームテンプ...

「比較と劣等感」ではなく「敬愛と追慕心」

お父さんが社会的に立派過ぎて子供がコンプレックスを持ってしまい、ノイローゼになってしまった人がいます。
親の抑圧やプレッシャーもあったのでしょうが、本人が真の意味で独立していなかったことも原因であると思います。
あなたは自分が自分を愛せるために親しめる道を歩むことです。
実はお父さんの子ではないからです。
ドキッとさせて申し訳ありません。
だからと言って世間を騒がせているDNA問題ではありません。
お父さんと、お母さんの子だからです。
父親の期待に応えたくてもジャンル、分野的に、体力、知力的に出来ないことがあります。
あなたはあなたをやればいいのだと思います。
あなたは父の子であり、母の子でもあるからです。
顔が似てるからって別に100%似ている側のDNAを全部そっくりもらっているわけではありません。その両方の力、智を頂いているのですから、その中で咲かせる花を咲かせば良いのです。血はつながっていても、育った畑は違うのですから。
でも敬愛する気持ちは大切です。
先日亡くなられた農家の方が生前、何度も仰ってました。
「親父には到底かなわん」
それは尊敬の気持ちだったのです。
否定的な気持ちではなく、ポジティブに、目標として、理想として、とても追いつかないけど、立派だなあ、と。お父様を認め、讃えるのです。
私がお預かりしているお寺の本堂を建立しててくれた宮大工の棟梁様も「先代や昔の人には到底かなわない」と。
それでもその方は日本では誰もが認める名棟梁です。
「比較と劣等感」という誤った道の求め方を捨てて、前へ進むための「敬愛と追慕心」の気持ちを御霊前に捧げてください。あなたのとお父様との魂が共鳴し合い、お父様が行くべき道へと導いてくれましょう。

2014年2月27日 1:49
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

比較するべきことじゃないと思いますよ(^_^)。

お亡くなりになられたあなたの愛する大切なお父様のお姿が頭の脳裏から離れない。
まさにそれであってこそ親子なのです。
しかし、あなたはお父様のコピーロボットではありません。
あなたはあなたが育ってきた環境によって今のあなたが作られ、お父様はお父様が育ってこられた環境によってお父様が作られてきたと僕は思います。
だから、あなたとお父様は同じではありません。
しかし、お父様をお慕い申し上げ、お父様ならばこうしていたのではないのか…と考え、実行に移すことに対してお父様はたいそう喜ばれると思いますよ。
心のこもった何よりの御供養かと(^_^)。
ただ、その実践のためにあなたの心に悩みがつきないのならそれはよくないでしょう!!。
あくまでもあなたはあなた。自分自身を拠り所にしてください。そんなあなたをお父様は守り続けてくれますよ。

2014年2月26日 22:22
{{count}}
有り難し
おきもち

みなさん、こんにちわ。童楽寺の副住職の小林裕淳(ゆうじゅん)といいます。悩...

あと一歩です

「「父」という存在が未だ自分を動かしている。という事実」~ここが大きなポイントなのに、それを「苦」と受け止めていらっしゃいますね?

生まれてから未成年の間くらいまでは、男の子は母親似、女の子は父親似が多いようですが、中年を過ぎるころから不思議と男は父親、女は母親に似てきます。顔のつくりというよりも、雰囲気、後姿、声など。

ボクは幼いころから顔は母親似と言われ続けてきましたが、40を過ぎたころから読経中の後姿などが父親に似てきたねと言われるようになりました。

人は生まれて最初に長い時間を過ごす同性が両親です。ですから、無意識にその言動を覚えて成長し、大人になると覚えた言動がこれまた無意識に出てくるんだと思います。

そして、両親に言われた教え、躾などを踏襲し、それをまた我が子に教え、躾ていきます。両親が亡くなり、その姿かたちが消滅しても子の中にはしっかりそれが残り続けます。

超えるとか超えられないという問題ではなく、両親が生んでくれた事実、そしてともに過ごした事実こそが「私」を形成しているのです。ですから、あなたが思っている以上に、あなたはお父様(むろんお母様も)とともに存在し続けています。つまり、父のように成るかどうかを問う以前に、すでに成っていらっしゃるということであり、「「父」という存在が未だ自分を動かしている。という事実」こそがあなた自身の根源だと思います。

合掌

2014年2月27日 17:20
{{count}}
有り難し
おきもち

真宗大谷派寺院で住職をしております。真宗目線でお話できることがあれば幸いで...

3歩進んで2歩下がる

お仏飯はタン塩さま
なごみ庵の浦上哲也です。

仏さまと成られたお父さまの存在を、より大きく感じていらっしゃるのでしょうか。
でもそれは、お父さまにとっても貴男にとっても、ある意味幸せなことのような気がします。親子として生まれても、必ずしも誰もが縁深いわけではありません。そんな中、何かにつけてお父さまの存在が見え隠れするのは、それだけ強い絆で結ばれているということではないでしょうか。

超えられなくてもいいじゃないですか。
超えるべき、なんて思わなくてもいいじゃないですか。
自分にとって最も近い仏さまとして、見守って頂きましょう。

あと、貴男がお父さまの存在を大きく感じる原因のひとつに、やはりまだ時間があまり経っていない、ということがあると思います。
季節が2巡り、つまり2年すると、頭だけでなく腑に落ちてくることがあると思います。それまでは3歩進んで2歩下がる、前向きになったり苦しくなったりするかもしれませんが、それも大切なことなのだと思います。

また苦しい時には、hasunohaにご相談下さい。

2014年3月4日 23:11
{{count}}
有り難し
おきもち

浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

「比較」すること

お仏飯はタン塩様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度のお父様のご逝去、改めまして誠にお悔やみを申し上げます。

以前のご質問にてお父様とは生前に確執がおありであったとおっしゃられていましたが、臨終に際して「すべてを許した感情」と御礼にて述べられておられまして、お父様の死を冷静に受けとめられたご様子でございましたものの、まだまだ色々とお父様の存在がお仏飯はタン塩様にとって大きくおありのようでございまして、おつらいお気持ちの程をお察し申し上げます・・

ただ・・「お仏飯はタン塩様」は、「お仏飯はタン塩様」であり、「お父様」に成ることはできませんし、「お父様」とご自身を比較なさられることはあまり意味がございません。

「比べる」ことにつきましては、最近の問い「どうすれば自信がつきますか?」( http://hasunoha.jp/questions/348 )にて扱わせて頂いております。あるいは、問い「周りの友人が羨ましくてたまりません。」( http://hasunoha.jp/questions/290 )や問い「人の成功を喜べません」( http://hasunoha.jp/questions/184 )、問い「友達の幸せを喜べない自分が嫌い」( http://hasunoha.jp/questions/124 )の皆様のご回答、拙回答も参考となるのではないかと存じております。

是非、「比較」することはあまり意味のないことだと、少しくでもご理解を賜われましたらと存じます。

もちろん、「お父様」のようになりたいとして、一つの目標として努力し、ご自身の向上に繋がることになれば、それは誠に良いことではございますが、比較し、自分自身のことを卑下し過ぎることは、卑下慢、あるいは卑慢と申しまして悪い煩悩の一つとなります。

このことに関しましては、下記の問いにて扱わせて頂いております。

問い「自分を大切にして欲しい時。どういった言葉を掛けたらよいか。」
http://hasunoha.jp/questions/378

お浄土の「お父様」への御供養をなさられつつ、報恩を思いながら、お父様に恥じない生き方を心掛けて、どうか少しずつでも自信を持って、ご自身はご自身の人生を歩まれて頂きたいと僭越ながらにも存じております。

川口英俊 合掌

2014年3月26日 15:35
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

数々のお言葉誠身に染み入りましてございます。
そういえば釈尊の教えに「自灯明法灯明」と言う言葉があったのを思い出しました。
ここで言う法は父親の存在であり、自とは我の進む道。
まさにそのことであったのだと頓悟した次第です。
有難うございました。

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

病気の治療を拒み亡くなった元夫の気持ち

元夫はアルコール依存症、うつ病で、最後は肝臓が機能しなくなり亡くなりました。私が関わったのは亡くなる2ヶ月前からでしたが、もうすでに身体は弱っていました。何年も肝臓を患っていたようですが、うつ病もあり治療はしなかったようです。 亡くなる2ヶ月ほど前にはなんとか病院まで連れて行きましたが、絶対に病院には行きたくないという本人の強い拒否があり受診にはいたりませんでした。 うつ病なので、死にたいと言うこともありましたが、やはり子供もいることですからきちんと治療をしてほしかったです。 元夫ですが、やはりまだ何かしてあげられたのではないかと思ったり、どうして命をもっと大事にできないかという怒りがこみ上げたり、また、これから子供に関する相談はできる人が居なくなってしまったという喪失感があったりで、私自身とても混乱しています。 せめてもの救いは亡くなった後の柔らかい表情でした。全てから解放された安堵の表情をしていました。 元夫なのにこれほど喪失感が強くなるとは自分自身も思っていませんでした。 本人が希望しなかったとはいえもう少し体を大事にして子供のためにも長生きしてほしかったです。 私が少しでも楽になるにはどういう風に思考を変えれば良いか。これからどんなふうに元夫が亡くなったことを自分で納得していけばいいのか。 助言していただきたく相談しました。 また、亡くなった元夫の気持ちというか、今どんなふうに残された私たちに言いたいのか、教えていただきたいです

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

父に話しかけて受け入れてくれるかな

いつも回答ありがとうございます。大変参考になります。 以前にも申しましたが、今年1月に父が亡くなりました。 私は父の事があまり好きでなく、自ら進んで会話しませんでした。話し掛けられても「うん?」とか「ハイハイ」と言った程度の返事しかせず、ろくに目も合わせませんでした。挨拶もろくにせず、一言二言でした。 去年末母が「お父さん、長生きようせんかもしれん。優しくせんと、後悔するよ」と言い、その約3時間後に父の容態が悪くなり、緊急入院となり、その40日後に帰らぬ人になりました。 今私は、父に毎日線香をあげ、「お早う」や「行ってきます」「お休みなさい」と言った挨拶をしています。 そして「今日こんな事があったよ」とか、「ほら、今日のご飯持って来たよ」等々話し掛けています。 然し私は父の生きている間、殆ど言葉を交わさなかった親不孝者。こんな私が写真に向かって色々話し掛けて、父は受け入れてくれるか不安です。 私の話を「そうか、そうか」と聞いてくれたら良いんですが、もしかしたら「何を今さら」と怒っているのでは無いかと感じてしまいます。「こっちが話しても、ろくに返事もせんかったやないか」と思われているのではと思います。 私としては、父を大事に出来なかった分、母と仲良くして、その姿を父に見て貰い、今の日常の色々な事を報告したいと、色々話し掛けていますが、父には不快感を与えているのでは?と思います。 実際の所、どうなのか判りませんが、父が私の話を怒らずに聞いてくれたら嬉しいなと思います。 「今更話しても遅い」と、思われている場合、私は父に色々話しかけるのをやめるべきでしょうか?

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

死にたいと思い続けています。

こんばんは。 私は19年前に、長女を不慮の事故で亡くしました。主人とお風呂に入っていて、目を離したのか、その一瞬で溺れてしまったのです。1歳になったばかりのとても可愛い時期でした。 私は娘の死を受け止められずらにいました。お葬式の日に泣いてばかりいました。そんな私に主人の親戚達が言いました。 泣いていたら、主人を責めてるみたい。 誰も悪くない、事故なんだ。運命なんだ。 泣くのはやめなさいと。 運命?こんな可愛い小さなこの子が死んでしまうのが運命?私は泣き喚いて叫びたかったのですが、できませんでした。 暗く閉ざした部屋で、泣きながら死にたいと思っていましたが、私には4歳の長男も亡くした長女と双子の次男もいて、この子達の為にも頑張る、頑張らなきゃと前を向いたつもりでした。 次男の1歳半検診の日に話しをした、保健婦さんに「ちょっと心が疲れているようだし、頑張り過ぎてるみたい。気持ちを押し込めてるでしょ?」と言われ、専門医に主人と行くといいとアドバイスをして頂きました。 私は、勇気を出して長女を亡くした日から自分の心が辛いって叫んでいる。無理して頑張っている。本当は、あなたのせいで、あなたが目を離したからって責めている。何であの子が死んで私が生きているのかわかない。私も本当は死にたいの。 今後の為にも一緒に受診して欲しいって話しました。答えは無理でした。そんな時間はないと言われました。行きたいなら1人で行ってと。それから、19年間私は心の奥底で主人を責めているのです。そんな自分が嫌で嫌で、その更に上から自分を責めて貶しているのです。死にたい気持ちで心が溢れているのです。時々、そんな自分が崩れて、過呼吸を起こしたり、死にたいと口にしたりするのです。そんな私を主人や子供達は面倒くさそうに、遠くからみているのです。 生きるってなんだろう?19年も経つのに、心が前に向かない私は家族が思うように面倒な人間なんでしょうか?死にたい気持ちが消える日は来るのでしょうか?

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

悲しみから抜け出せない

20日の日にとても大好きな父が亡くなりました。 自分は母を4年前に病気で亡くしてます。 その病気の介護のときからの15年間父親と生活していました。 母の死後、父と2人で田んぼをやってコレからはもっと2人で田んぼ大きくして行こうとしていました。ところが去年の4月頃に父に前立腺癌が見つかり、父は入退院を繰り返す様になりました。 それまでは父と2人で楽しく作業していた事が自分1人になり苦痛の作業になり、自分でもどんどん自分がすさんんで行くのがわかりました。 そして12月になり病院から「これ以上治療は出来ないので、緩和治療になります」と言われました。頭が真っ白になりました。そして泣いて泣いて泣きました。 家に戻る事も無く年を越し、1月10日に転院しました。そして改めて父を見て見るとがっしりとしていた身体はヒョロヒョロで、色は白く、お腹の両脇からは尿を出すための管が出ている、そんな身体になりながらも自分が行くと「ちゃんとご飯食べてるか?」「無理はするなよ」と私の事を気遣ってくれます、私は家に帰ると毎日泣きました。1月19日、父は大分弱って起き上がる事はなく、だか問いかけると目を開け「うん」「ちがう」などの返答をしていました、そして夕方に父に「どうする?今日俺、病院に泊まる?」と聞くと、とても嬉しそうに「うん、うん、」と答えてくれました。次の日の朝、「おはよう」と問いかけると目を閉じたまま、何の反応もありませんでした、先生が来て「今日は危ないかもしれないです」と言われました、それからは、父の耳元で「俺は親父が大好きだよ」「親父俺を1人にしないでくれよ」「反応してくれないとわかんないよ」「ほら一緒に田んぼいくべ」など色々言ってました、そしてお昼になり、父の呼吸は止まりました…67歳でした。 それから私は喪主として御葬式を務めあげました。 そして今は大きな家に自分1人となってしまい、家の中、納屋の中、田んぼ、すべてにおいて私が大好きだった、元気だった頃の父の姿が重なって見え、涙が止まらなくなってしまいます。本当に大好きなのです。 また一緒田んぼをやりたい、会いたい、他愛無いことで喧嘩したい、会いたい、話したいです。 ツライ、ツライ、ツライです

有り難し有り難し 28
回答数回答 1

父親の死と子供の心のケア

初めまして。つい一週間ほど前に父親の葬儀を終えました。私は遠方に嫁いだため、最期会うことができませんでしたが一ヶ月ほど前に入院していた父の所へ会いに行っており、その時最後かもしれないと意識はしていたつもりです。が、生前とても可愛がってもらい気にかけてもらっていたし私も父が色々あっても大好きだったので最期会えなかったのを申し訳ないと思ってしまいます。頭の中では、受け入れなくてはならないと分かっているのにもう自分が死ぬまで父に会えないという事実がなかなか受け入れられません。また、今まではあまり深く考えなかった自分の死というのも強く意識してしまい怖さを感じます。時間が流れれば、全て受け入れられる事だとは思いますが、頭の中が色んな感情でゴチャゴチャしてしまい混乱しています。こんな事では優しくて時には厳しかった父に怒られてしまいそうです。 ただ、こんな感情の今の私を支えてくれる家族は勿論います。主人と子供たちは優しく、理解してくれて助けてくれ支えとなってくれています。その中で中学生の長女が初めての身近な死を経験し私以上に悲しみを感じていたようで、体調を崩したり精神的にもやや不安定になっています。私は自分の感情を優先していた事に気付きハッとしました。娘へのケアも考えなくてはいけないと、今になって感じています。娘は祖父の死によって、いつかは親の死が訪れる恐怖もやはり感じているようです。どのように話をしてあげればいいでしょうか? 私自身も、今はまだ辛いし娘と同じように先の事に恐怖も感じています。私も娘も今を乗り越えるために是非ともアドバイスをお願いします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

おじいちゃんの死

4日前に大好きなおじいちゃんが亡くなりました。91才でした。 いつも笑顔で本当に優しかったおじいちゃん。 もう会えないことが寂しくて仕方ありません。 亡くなる前日病院に会いに行ったときはまだしっかり意識はあり、最後に見たのは私が病院から帰る時 「またの またこいのう」という優しい言葉と笑顔でした。その時直感で、これが最期かなという気がしたした。 悲しくて寂しくてふいに涙が溢れます。 そこで、いくつか教えて頂きたいことがあり、お応え頂けたら幸いです。 おじいちゃんの息子(私の伯父)は28才という若さで自死をしてしまいました。 優しい伯父でしたが、きっと色々なことがあり鬱から抜け出すことができなかったのだと思います。 母の弟なのですが詳しいことは聞けませんが、幼い子を残し旅立ちました。 私の伯父も天国にいるのでしょうか? そしておじいちゃんは伯父に会えますか? 私もこれから生き抜き、生涯を終えた時、またおじいちゃんに会えますか? 会えるのは一瞬ですか?一緒に過ごせたりしますか? 残された高齢のおばあちゃん一人の為に私が出来ることは何でしょうか? おじいちゃんが私へ伝えたいメッセージがあれば知りたいです。 沢山質問してごめんなさい。ひとつでも知りたくて、おじいちゃんとの繋がりを確信したいのです。 よろしくお願いします

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

母の突然死 後悔ばかり

母が突然死しました。起こしに行くとすでに冷たく死後5〜6時間が経過している状態でした。 元から精神的な病気がちで寝ている事が多く同居している家族も気づかなかったそうです。その顔は本当に眠っているようにいつもの寝ている姿勢のまま綺麗でした。 近所に嫁ぎ妊娠中に急遽体調不良になり入院し出産してからはたまに顔を見せに行っていました。 その度に喜びいつもなら自分の体調の事ばかり話す母が私や子供の事ばかり気遣ってくれ喧嘩もする事なく平和に過ごしていました。 最後に、孫の体調の心配やまた遊びに来てねと電話で話し3日後亡くなり全く気持ちが整理できません。まだ孫は3か月。 第一発見者は私でした。いつもならわざわざ寝室に入り身体をゆすったりしないのですが何故かその日は体が動き母を発見しました。色んな偶然が重なりの発見でした。 母はあの世で幸せに暮らせますか? 中々子育てや家事や自分の体調に追われて会いに行けなかったから寂しい中で死なせてしまい悲しんでいないでしょうか? また私は母に呼ばれて 遺体を発見したのでしょうか? 母にまた会えますか? 夢に母がよく出てきてくれますが未練があるのでしょうか? 質問ばかりで申し訳ありません。

有り難し有り難し 40
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る