お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

川崎登戸事件、「普通」から漏れ出る人を救えるシステムを

社会というものが「普通」とかいう概念でくくられている以上、
そのフワリとした規定から溢れてしまう人は必ずいると思います。

そうなった時に、どういう方向に溢れ出るかを選べる社会が理想です。

私自身も社会の同調性から溢れ出た結果、出家を選んだからです。
もし、別の方向に漏れ出ていたら...犯人側に共感する道だったかもしれない...などと恐怖します。

今回の犯人が、どのような人格で、どのような経緯で凶行に至ったのかはまだ分かり得ませんが、 社会の「普通」から漏れ出る人々を救えるシステムや常識が浸透していって欲しいと思います。

一般の人は「普通」という感覚を捨てて、もっと受け入れていくべきですし、
我々僧侶は、受け皿になって、溢れ出る事を肯定的に捉えられるようにしてあげるべき(衆生済度)でしょう。
引用元の質問: 無敵の人
川崎登戸殺傷事件、とても心が痛みます。このような事件が起きないように出来ること、あると思いますか?
回答僧:
おすすめの33秒法話

それでも人生にYESと言おう

そっと心にふれる「詩」

相手も幸せ、自分も幸せというバランス

他人を見下す癖を直したい。過去に立ち戻ってみよう

お釈迦様も死ぬのが怖くてしかたがないと悩みました

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ