皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

全て自分が悪いと思うのも自惚れなのです

死にたくなるほど、辛い思いをたくさんされてきたのですね。
よく今日まで生きていてくれたなぁと思います。
あなたは「悪いのは全て私のせいではないか」と思われるのですね。

同じとは申しませんが、わたしも「全てわたしが悪い。わたしさえいなければ全て良いようになっいく」と思って苦しんだ時がありました。

そんな時にある人が言ってくれた言葉にハッとさせられました。それは、「全て自分が悪いと思うのも自惚れだよ」ということばです。

人はそれぞれの思いや考えをもって生きています。そして、一人一人がそれぞれの人生を歩んでいるといえるでしょう。

自分の人生を誰かが代わりに歩むことができないように、あなたが誰かの人生の全て担ったり、全面的に影響を与えることはできないのかもしれません。

だから、人の人生や思い、考えの責任まであなたが背負うことはないのですよ。

もう一つ。あなたはご自分に秀でたものはなにもなく、誰かに迷惑しかかけておらず、メリットはひとつもないとおもっておられるのですね。

それはそのまま、生きている意味を見出せないことに繋がっているようです。

仏教では「無用の用」(むゆうのゆう)という言葉があります。働きのないものの働きという意味です。

わたしは猫を飼っています。まだ、一歳にもなっていない子猫です。 猫をみていると教えられます。猫はなんの役にも立たないし、仕事の邪魔も平気でしてくるし、爪をガリガリといで、辺りを傷つけまくるし、おかげで障子はバリバリです笑。

でもね。わたしにとってはかけがえがないのですよ。ただ側にいるだけで心が癒されるのです。

あなたもそうです。ご家族やお友達、あなたの周りにいる素敵な人たちにとって、あなたがただ側にいてくれることがとても大事なことなのだと思います。

周りにいる人を自慢である、素晴らしい方々とおっしゃることのできるあなたをわたしは素晴らしいと思います。

どうか、その思いを大切な人たちに伝えてあげてくださいね。
きっと、そのことが周りの人たちの喜びになっていくのだと思います。


引用元の質問: 私が生きる理由とはなんなのでしょうか
もし私自身が存在していなければ、家族、友達、先生、その他関わった人全員が幸せだったのでは?
回答僧:
おすすめの33秒法話

認知症は、お別れが辛くないよう、大切なことを忘れていく

物事自体には、良い・悪いのラベルはついていない

お釈迦様も死ぬのが怖くてしかたがないと悩みました

それでも人生にYESと言おう

合掌は右手が仏さま左手が私。手を合わせ亡き母とともに

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ