hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine
Quote

虐待親の糾弾より、荒れた子に人間回復の道を示す僧侶

【仏教者】あるいは【仏弟子】のアイデンティティーの下、仏教に育てられた一社会人として様々な取り組みをしてこられた僧侶はたくさんおられました。

ちなみに私は僧侶としては三流以下ですが、実際に保護児童を預り養育里親として活動しています。

『親から虐められる子の苦しみはいかばかりかと』

はい。記録を読んでいるだけであまりの胸糞悪さに吐き気がすることもしばしば。そして、人間の尊厳と誇りを見失ってしまった子の荒れようといったら、本当に目も当てられない…。

『慈悲の心を欠いた親もいます』

間違いありません。

しかしながら、そんな親たちを糾弾するよりも、被害に遭ってしまった子どもたちをケアし、人間回復の道を指し示すのが私の役割だと考えています。
{{count}}
有り難し
質問
仏教と児童虐待
お釈迦様は親から虐待される子供になんと仰っておられますか。また、子供を虐待する親のことはどのように仰っておられますか。 また、宗祖のお坊様など過去にいらっしゃった高僧の方々で、虐待について書いたり言われたりなさったものはありますでしょうか。 親への愛着を持ちながら親から虐められる子の苦しみはいかばかりかとよく考えます。現代では親子愛が称揚されることしきりですが、慈悲の心を欠いた親もいます。
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さん33秒法話ピックアップ