お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

りんおうざん おくぜいいん ちょうかくじ

林鴬山 憶西院 超覚寺

回答 524

366日25時間OKの〝駆け込み寺〟

真宗大谷派 広島県 悩み相談 永代供養墓 ペット供養墓 お寺葬 各種供養

宗派: 真宗大谷派

所在地: 730-0013 広島県 広島市中区八丁堀5-2

広島市都心部に位置する緑多いお寺

W1siziisijiwmtmvmtevmjivmtyvnduvndcvmzu3l0lnr180mtu4lmpwzyjdxq
 当院は 1619(元和5)年に和歌山藩主・浅野家と共に広島藩に国替えし、広島城京口門近辺に境内地を与えられました。寺紋の「丸に違い鷹の羽」は浅野家と同じ紋です。開基以来400年間、この地に在ります。広島原爆でほぼ全てを焼失しましたが、御本尊と総門信徒過去帳は疎開していて無事でした。
 都心部に位置しながら、境内地は四季折々の花が咲き、お参りの方々には喜んでいただいております。超覚寺は門扉がありませんので、いつでもお墓参りいただけます。お寺にご用のある方は、1階玄関をお訪ねください。樒・線香は常備しております。

1619(元和5)年8月8日開基

 紀州和歌山藩主・浅野長晟が安芸広島藩に国替えとなった時、和歌山城下にあった長覚寺(超覚寺の旧名)も行を共にしました。広島城京口御門の近くに約600坪の土地を与えられ超覚寺は開基しました。
 超覚寺は浅野家上級藩士の菩提寺としての役割を担っていました。寺紋の「丸に違い鷹の羽」は浅野家と同じ紋です。「武門ノ茶」上田宗箇流の宗家として知られる上田家(同時期に広島入りし代々家老として藩主に仕えた)には、江戸時代に超覚寺の住職から宛てられた手紙が幾通も残っています。
 太平洋戦争が始まると、超覚寺も陸軍の上級将校に宿舎を提供するようになり、毎朝、広島城にある軍司令部から迎えの馬が遣されていました。1945(昭和20)年8月6日の朝も、いつもと同様に数等の馬が超覚寺境内に繋がれていました。
 8時15分、原子爆弾投下。地獄絵図の片隅には、黒こげになった哀れな馬の姿もありました。無論、超覚寺も灰燼に帰しましたが、本堂寄宿舎化のため郊外の門徒総代宅に疎開させていた阿弥陀如来木像&総門徒過去帳は消失を免れました。

伝統的なのに面白い法座

 浄土真宗は、座禅や祈祷のような実践的な行はありません。ただただお聴聞を続けるだけです。ですから、いかに関心を持って聴いてもらえるか、その手法に磨きをかけてきたのが、浄土真宗の法話です。伝統的な布教方法が様々ありますが、季節ごとの定例法座で披露していきたいと思います。もちろん門信徒のみでなく、地域の皆さまにも広くご参加を呼びかけ、「楽しいお寺」として親しんでいただけたら幸甚です。

お参りは ご先祖様との オフ会

 我々は、常に仏さまやご先祖さまと繋がっていて、いわばオンライン状態にあります。でも、やはり拝む対象が欲しいのも本心です。だから、お仏壇やお墓やお寺にお参りするのでしょう。合掌お念仏すれば、その場に仏さまやご先祖さまを感じられるはず。その場がオフ会のように、仏さまやご先祖さまが居てくださるからです。

アクセス・地図

■宗派: 真宗大谷派

■所在地: 730-0013 広島県 広島市中区八丁堀5-2

■TEL: 082-221-1234

■アクセス: 広島電鉄 八丁堀電停

徒歩5分

■HP: http://www.namuamidabutsu.com

■Facebookページ: http://www.facebook.com/#!/namuamidabutsu

有り難しの多い回答問答
性欲はあって当然。それが人です。
悶々として何も手につかなかったり、また、人として道を誤りそう(性犯罪に走りそう)なら 、自慰行為はすべきでしょう。そのためにアダルトビデオを観ても良いと思っています。 確かに自慰行為には後...
本当にお辛いですよね。
 子ども・赤ちゃんの誕生を表す言葉が変わりつつあります。昔は、「子どもに恵まれる」「子どもを授かる」という表現でした。しかし今では、「子どもができる」「子どもを作る」という言い方をよく聞きます。...
「生・老・病・死」は、人のお世話にならざるを得ません。
人知れずに自殺できたとしても、いずれ誰かが遺体の後始末をするでしょう。全くその心配がない場所で死のうと考えていても、いざ死ぬ気になったらそのようなことは消し去ってしまうのも、実際の自死事件を見れ...
子どもの数と、幸せの深さは、全く無関係です。
私は子どもが大勢なので、 その立場からお答えします。 子どもの数に善し悪しはありません。 理想的な人数もありません。 そして、子どもが増えたら、 その分幸せが増すということもありま...
どうしても比較してしまいますよね。
よその子と比べたり、兄弟姉妹間で比べたり・・・。子ども本人は全く気にしていなくて、気に病むのは親ばかり・・・。成長度合いは人それぞれなのは、頭では分かっているのに、心はザワザワしてしまいます。 ...
大丈夫、間違っていませんよ。
違う宗派も、 同じ仏教ですから。 お嬢様は既に仏さまになっておられます。 その仏さまと向きあう作法が宗派ごとに違うだけで、 それを変えても向きあえなくなることはありません。 どうぞ...
四苦八苦、世の中「苦」ばかりです。
その「苦」を抜いて、 「楽」を与える法をお教えくださるのが、 お釈迦さま。 それを上手く伝えられない我らは、 ホント糞喰らえです…。 どうすればよいか、 またここで叱咤してく...
もし、また同じような質問を受けたら、
「私も分からないから、一緒に考えてみようか」と、その方に寄り添っていただけますか。 その質問をされる方は、その答えが欲しいのではなく、その質問を聴いてくれる人が欲しいのです。 ど...
このページの先頭へ