お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

W1siziisijiwmtkvmdcvmdivmtevmjivmdavnguxzdfmztmtzgexos00nwfklthiyzetodi0mtzmngzlztbklzu0dg9wlkpqryjdlfsiccisinrodw1iiiwinjiwecjdxq

仏像アイドルみほとけの「おぼうさんずラブ」vol.5教善寺・中田三恵住職(浄土真宗本願寺派)

こんにちは!みほとけです!

今日は~~~こちら!

和歌山県。橋本市。

駅の周りには名物・柿の葉寿司のお店がたくさん。そこに迎えに来てくれたのは小柄でなんとも可愛いらしい女性。

じゃん。このお方が今回インタビューする教善寺の住職・中田三恵さんです。

hasunohaを使っている方は、中田さんを見かけたことあるのではないでしょうか?

だって中田さん、総回答数 2714(6月15日現在) 有り難し 53576 と、すごい数。
現在も精力的に回答に励んでいる、今hasunohaで最もアクティブなお坊さんの一人だからです!

実は中田さん、住職であり、一児の母であり
さらには終末期ターミナルケア、自死、グリーフケア、トラウマPTSD、傾聴、手話、要約筆記者などなど…幅広い分野で活動されているんです。

一人何個の顔を持っているんだ…
十一面観音もびっくりよ。

さぁ、みほとけとともに紐解いてゆきましょ〜

”要約筆記”のこと。ボランティア活動のこと。

中 今日はな、”要約筆記”の帰りやからこんな格好でごめんな!

と語る中田さん、確かに可愛らしいい格好。お坊さんには見えない。

”要約筆記”(聴覚障害者への情報保障手段の一つで、話されている内容をその場で要約し文字にして伝える通訳者)

耳の聞こえに不自由な人でも、手話や筆談や要約筆記のサポートがあることでコミュニケーションが可能となり、地域、社会での孤立を防げる。老人性難聴の方へも配慮が必要。どのような立場にある人とも楽しくお喋りしたい。お寺にも遠慮なく参っていただきたいのです。とのこです。

(見晴らしがいいのどかながら活気もある和歌山県橋本市)

中田さんは加えて、手話小学校の放課後の子供達の居場所づくりなど、精力的に橋本市のボランティアにも参加しています。

さらに、京都にある京都自死自殺相談センターで相談員もしている。
そこは、死にたい気持ちを抱えた人や、大切な人を自死により亡くされた人の苦悩に寄り添いながら、心の居場所を大切にしている、そうです。

中 「なんかあったの?」と気軽に声をかけられる身近な存在って必要だなと思うし、みんなで関わるって大切なこと。

中 繋がっていたいなと思う。きっとね、インターネットが唯一繋がれる場所で、hasunohaでのやり取りが唯一・・・と言う人もいると思う。
 文面だけだし、タイムラグもあるし、これで十分とは思わないけど、繋がりは大事にしたい。

さて、豊富なボランティア活動に相談員、かつ住職にして、一児の母でもある中田さん。この後、みほとけは中田さんのストーリーと器量に驚かされるのでした。

住職・中田三恵、誕生!

さて、せっかくだから僧侶の格好になってもらい、インタビュースタート。

(本当にお坊さんや~(みほとけ心の声))

それにしても、こんなお若くして女性のご住職というのはまだまだ珍しいご時世。

中 お坊さんになったのは、このお寺にお嫁にきてからです。
『奥さん(私)じゃなくてお寺の人いますか?』と言われるのが悔しくて、自分で勉強しだしたら楽しくなっちゃったんです。

まだ乳飲み子の息子を育てながら、通信制で勉強して、
子供を寝かしつけ、夜な夜な仏教書を開いたり、お経のCDを聴いて勉強に励んだそう。深夜に片耳でお経を聴き、夜泣きの子供に授乳して寝かしつけ、また勉強し。

中 子育てを中途半端にはしたくなかったんよ。

み 信じられないほどハードな日々…

中 実家の両親から「大丈夫か?」と心配かけたけれど、ここは弱音言われへんと思って頑張った

そして晴れて僧侶に。

(す、すげぇ・・・)

ただ、どうしてそんなに急いで頑張ったのでしょうか…?

先代の住職と、中田さんの決意

み 何も大変な時に急がず、子供がもう少し大きくなってから勉強しても良かったのでは、と思うのですが…

中 実は義父の住職が病により長い間寝たきりで。息子である連れ合いは、会社勤めをしていたため難しく。私が継承して安心してもらいたかった。

教善寺の門

そして、先代のご住職が往生なさる半年前に、住職継承が出来たそうです!

中 お寺に参られた方が、『三恵さんいてよかったなぁ。』と言ってくださったり、前住職の話を聞かせてくださる門徒さん方に出会うと、住職継承が間に合ってよかったと思っています。

み 中田さん自身はしんどくないんですか?

中 自ら目標を立てて頑張るタイプ。

ふふふ。

(かっっっけええええ。)

ご住職さんと家族、門徒さんの想いを汲んで決意した”住職”という立場。

中 先代の住職はね、身体が麻痺して言葉が話せなかったのだけれど、最後は『ありがとう』と口が動いているような気がした。

そう語りながら、10年以上、ご門徒の皆さんと協力しながら、教善寺(もう一つ代務寺がある)を護持されているのでした。

中 (この経験から)お別れをする時に「これでよかったんやろうか?」と後悔の念に駆られる。臨床の現場でのケアや、家族のケアも大事やなと思える。だから「苦悩を抱えた人に、僧侶として、いや一人の人間として何か出来ることは」と思って、ターミナルケアやグリーフケアを学び、傾聴活動に取り組み出した。

そして浄土真宗本願寺派が長年にわたり取り組む、終末期医療や福祉、また日常の生活の身近にある「いのち」に向き合う「ビハーラ活動」が、念仏者の生き方だと深く感じたからだそうです。

中 死生観『死んだらどうなる?』って言う命の問い。そのときに訪れる不安や恐怖感へのケアって、医療福祉従事者だけでなく、宗教者も必要だと思っている。

決して宗教観・信仰心を押し付けることではない。その想いを聞いていくというのは、宗教者だからできるところもある、とのことでした。        

hasunohaで8年の古参選手!

み この想いがあっての回答数。毎日のように答えていますが、母親・住職・多くのボランティア活動、一体いつ答えてるんですか?!

中 日課になってしまってる。寝る前とかね。1〜2時間かかるけどね。携帯でやっているよ。

み ま、まじですか

代表の方にも「マジで!?」と言われるそうです。(PCで回答している僧侶が多数派らしい。)

み だからこの回答数なんですね。

中 8年やってるからねw

hasunohaのサービスが始まった時に、女性の立場からの回答が欲しくて誘われたそう。

中 初めは(hasunohaが)「何の団体〜?」って思ったけどね。(笑)蓋を開けたら教義のことより日常の質問が多くて!人間関係、子育て、家のこと、生きづらさ、そうなると女性からの回答も欲しいという流れで。

だから中田さんの元には、女性からのお悩みがとにかく集まるそうです。

中 どうしようもない想いを抱えている人の気持ちを、受け止めたいなぁと思う。

み そこで使命感に燃えたのですか?

中 いや!使命感があると怖いなと思う。独り善がりになるからね。苦悩してきた人へ、私に何ができるの⁉︎と思うから。ただ、目の前で泣いている人がいたら、ほおっておけないってだけ。

「徹底的に聞く」力、ここに。

中田さんの回答の特徴はとにかく「受容と共感」から始まることです。

『わかるよ〜』『そうなんだ〜』など。
お姉ちゃんに背中をさすってもらえるような、そんな回答。

(その優しさに胸がぎゅっとなるみほとけ)

中 アドバイスしてあげようじゃなくて「大丈夫かなぁ〜?」ってことの方が大きいよ。
自分がさんざん悩んだ末に「何でこうなったんや!」っと言う人に「こうやからやで!」と責めたり原因追求しても、黙ってしまうことが多い。そりゃそうよね、本人が一番悩んできたことなのだから。こんな聞き方では、気持ちが離れてしまう。

ハスノハは文字のやり取りだから解釈が難しいけれど
「何でこの人はこんな風に言うんだろうか〜?」と想いを巡らせながらね。
言おうとしている気持ちや、悩みを打ち明けた覚悟を、そのまま受け止めたいと思うの。

み 言葉尻を捉えて、つい答えを急いでしまうけど、そうじゃないんですね。

中 そうそう。で、文面を追ってくと、言いにくいことがあるのかな〜とか、もっと伝えたいことがあるんじゃないのかな〜と感じるから。「直接メールをくださっても構わないですよ」と伝えるの。そうするとだいたい個別でくるよ。

み え!

中 「話し聞いてよ!」って人は文面からわかる。

なんと…学びとフィールドでの経験値の相互作用でなせる、中田さんの技、ここに。

ネットからリアルへ。和歌山の駆け込み寺。

み なん人くらいの人が訪れたことがあるんですか?

中 継続しているのは30人以上

さ…30人…!!

中 特に女性は性の悩みは人に見られたくないし、書いてても胸がつまるでしょ。

確かに。だから直接会いに来るのか。

中 自責の念がある人に、そもそもなんでしたん??とか、そこを責めてもしょうがない。(相談者さんには)今この瞬間の気持ちを受け止めることが大事かなって思う。

み 受け止めるって簡単なことじゃないですよね。

中 だからとことん向き合う。そこまで覚悟して、個別相談を受けている。
一回聞いて解決するなんて、そんな甘くない。
感情も波があるから、また聞いて、また聞いて、って。

心配はしてるけど、こっちから深入りはせず、喋ってくれるのを待つ。
月日が経っても、助けてってきたときは、「どうしたん?」ってまた関わる。
変わらず待つと言うスタンス。

中 あとね自分の中の価値観や経験で、目の前の人の苦しさを計らないようにしている。

み それが気持ちい距離感なんですよね〜。

み 数ある相談者さんを継続してみるにはどうしているんでしょうか?

中 次来た時に「誰?」ってならないように自分だけがわかるメモしてるよ。あとだいたい頭に入ってる。

覚えててくれてるなんて!!!ものすごい安心感。

家族じゃない、友達じゃない、何も縁がないからこそ、打ち明けられる話ってありますよね。

中 私が聞いたところで解決しないのはわかってるから、しんどいやろな〜とは思いますが、私がちゃんと繋がってることは、(質問者さんには)忘れないで欲しいですね。

(ったぁぁ!!おかぁ!!お母さん!!))

お花の秘密

そう語る中田さんの傍で咲いている一輪の花。
中田さんが傾聴でお見舞いに訪れる時は必ず花を一輪持っていく、その花だそうです。

中 病院や施設、また在宅でも身体が不自由だったり、一人暮らしで家にこもっている人もいらっしゃるでしょ。枯れてしまうから縁起が悪いって声もあるけど。私は花が枯れそうだな、という時に次の花を持ってまた訪問するんです。

「そろそろ来てくれる時やと思ったよ〜」という声もあるとか。

お花の寿命の周期、花を持った中田さんがまた現れる。

この花が枯れてしまうのは悲しいけど、次また中田さんが来てくれるんだって思うと、悲しさは半減、次のワクワクに変わります。

優しい発明家でもあったんです。

中田さん、しんどくないの??

毎日、やることもたくさん、悩みを受け止めると心もきっと疲労する。

み 中田さんはしんどくならないんですか?

中 そんなにはあまりならないかなぁ。阿弥陀さまに聞いてもらったり、家の生活に戻れば嫌でも母親と言う現実に戻るから。時間の作り方はうまいんかなと思う…

中 あ、私、毎日スポーツクラブに通ってるんです!

嘘でしょーー!!

中 頭と心がしんどいから、ちょっとでも時間できたら体を動かしてリフレッシュ!

み 過密スケジュールなんじゃ・・・

中 だから私、メモ魔よ

ToDoリストをメモしてこなしたら消して。

中 それをこなしている自分にやりがいを感じて・・・変態やね!

み Mですねぇ!

はははは

中 でもお嫁に来る前の10年間保育の仕事時の方が忙しかったからね〜時間は有効に使えてる。

充実したプライベート、効率的な仕事ぶり。
キャリアウーマンでもあったようです。

み 活動の中で感じることはありますか?

中 傾聴もトレーニングが必要やから、実践で身についたこともあるかなぁ。やっぱり人は人と向き合ってこそ、通じ合うと思うよ。だから宗教者は、耳を傾けてこそなんじゃないかなぁ。

夕暮れの教善寺

文面が可愛い!

中田さんの回答の特徴の一つ
文面に小文字や絵文字が多いのです。

中 応援したいとき『いいじゃん!』みたいなのがどうしたら伝わるかな〜と思ってね。
回答に温度が伝わればいいなって思う。
メールや電話の個別相談もあるし、LINEを教えてあげるときもある。個別相談が夜の時間帯になるときは、それまでにスポーツクラブで汗を流したりね(笑)

 この温もりを求めて人は中田さんに集まるのかもしれません。

中 県外、遠方からも「中田さんに聞いてほしい」と会いに来てくださる方がいらっしゃる。また、自信が持てなかったりする人には、「大丈夫大丈夫」と背中を押してあげたい。

みんなのお姉さん、中田三恵さん。

想像を絶する働き者のお姉さんでした。

さてさて、今回も長くなりましたが、教善寺・中田三恵住職の魅力が少しでも伝わっていただけたら嬉しいです。

孤独が生む、悲しいニュースが絶えない最近で。中田さんのような人が求められていると思ってしまいます。

みほとけも、この接し方で、寂しい思いをしている人に寄り添えてる日があればいいなと、思うのです。

では、今日はこれにて。

読破ありがとう!なむ〜


教善寺(きょうぜんじ)浄土真宗本願寺派
お悩み相談(あなたの苦しみ 聞かせて)
誰にも言えない 苦しさ 悲しみ を抱え、孤独を感じているあなたへ。 お寺で、お茶を飲みながら、ゆっくり話してみませんか。打ち明けてくださる あなたの思いを大切にします。聴覚に障害をもたれている方も、安心してお越しください。筆談や要約筆記をしますので、ゆっくりお話しましょう。 ここでは、宗旨を問いません。 まずは、ひとりで抱え込まないで。
中田三恵住職のプロフィールと問答一覧

文・hasunoha編集部
1779 views
Profile mihotoke
みほとけ

慶應義塾大学看護医療学部出身、2016年度ミス鎌倉。2015年よりアイドルグループに加入。フリーアナウンサーも務める。

鎌倉出身で小さい頃より仏像やお寺が好きで、好きすぎるあまり自らを「みほとけ」と名乗る。仏ものまね、お坊さんに聞いてみた、お寺に足繁く通う、などの模様をSNSで好きを全身全霊で発信している。

仏像アイドルみほとけの「おぼうさんずラブ」vol.6鳳林寺・光禪(こうぜん)住職
仏像アイドルみほとけの「おぼうさんずラブ」vol.4 ニコニコ超会議・超テクノ法要×向源
仏像アイドルみほとけの「おぼうさんずラブ」vol.3長松寺・吉井浩文副住職
仏像アイドルみほとけの「おぼうさんずラブ」vol.2浄光寺・花山住職
仏像アイドルみほとけの「おぼうさんずラブ」vol.2 円通寺・邦元和尚
もっと見る
このページの先頭へ