hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine
Quote

熊本。頑張ろうが溢れています

死は生きている人全てに生まれた瞬間から背負う運命なのですが、日頃は健全な暮らしの中では考えようとはしません、

しかし年老いて、病気して、周りの死を知り無常観から死を考えます、今回の震災の恐怖と死、生きる苦しみ、不安感、等がもたらす精神状態が今の貴女です。

いずれ必ず来る死を考える時が来たのかもしれません。

この震災の影響は人々の生き方を変えてしまうものです。
人間は何とちっぽけな存在になのか、この世にはどうする事の出来ない事がある。いつ来るか分からない災害。いつ来るか分からない死。

皆,同じに背負っていきています。私も貴方もご主人もそして子供達もこの世の人間はみんなです。

怖い時一人なら人の倍怖い。怖い時家族が皆が一緒に居れば怖さも皆が割ってくれます。
どうか早く治まる様願いましょう。

怖いけど前に進むしかないんです。頑張って熊本県人!
{{count}}
有り難し
質問
地震への恐怖心を制するには
まとまりの無い長文になります、すみません。 熊本市で被災しました。 自宅は古い貸家(平屋)で、見たところ大きな被害はないですが次また強い揺れが来たら倒壊するのではと、揺れが来る度に怯えています。 夜になると恐怖が増し、家で眠るのが怖くて仕方ないので避難所なり車なりで寝たい、もしくは引っ越したいのですが、家族はもう強い揺れは来ないと確信していて私の訴えは受け入れられません。 一番怖いことは子どもたちが家の下敷きになることです。 二段ベッドの下の段に二人で眠らせていますが、家が倒壊したらベッドは耐えられないのではないか、だからといって私たちの寝室で一緒に寝るより二段ベッドの方が少しでも助かる可能性があるんじゃないか…と答えが出せないままで、子どもたちを守りきれるか不安です。 最悪、みんな助からないという状況になったときは子どもと一緒にいたいとも思い、大きめの揺れを感じると子ども部屋に行って数時間待機しているので、寝不足が続いています。(二段ベッドは3人寝ると耐荷重が心配なので一緒には寝られません) 昨日は余震が多く怖かったため、明け方まで子ども部屋から出られませんでした。 寝室に戻って横になりましたが、寝不足で疲れたせいもあるのか涙が止まりませんでした。 朝起きてからしばらくの間も、ふとした拍子に涙が出ます。 この恐怖心を消すにはどうしたら良いでしょうか。 他力本願でお恥ずかしいですが、どうぞアドバイスをよろしくお願いいたします。
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さん33秒法話ピックアップ