hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine
Quote

1歳10ヵ月息子の死。お浄土に土産話をもってまた会おう

大切な息子さんを突然亡くされた胸の内、大変辛いことと思います。
老いも若きも順番通りにはいかないとは知りながらも、耐え難いことと思います。

私の話を少しさせて頂きます。
二年半ほど前に突然妹を亡くしました。

今でもふとした時に後悔の念や
言いようのない感情がこみあげては泣いています。

ですが、

お浄土から見てくれている。
お浄土で必ずもう一度会う。
その思いに救われています。

私たちはまるで科学が万能かのような錯覚をしています。

お浄土がある。
と科学では証明できないから『ない』
というのは傲慢ではないでしょうか?

科学は『ある』とも証明できないが
『ない』とも証明できないんです。

私はお釈迦様の言葉を信じます。
そして妹と再会します。
その思いで南無阿弥陀仏と阿弥陀様の名前を呼んでいます。

私たちも遅かれ早かれ必ず行かせてもらいます。
その時に土産話をたくさん持っていってあげましょうよ。
{{count}}
有り難し
質問
1歳10ヶ月の息子を亡くしました。
つい1週間前に、1歳10ヶ月だった息子を亡くしました。母親である私の誕生日に、あまりにも短い生涯を終えてしまいました。 スクスクと元気に育ち、誰から見ても健康優良児だった息子。何の前触れもなく亡くなり、原因不詳の突然死と診断されました。 命日の前夜、いつものように平和にスヤスヤと眠りについた息子は、 翌朝には冷たくかたまり、帰らぬ人となっていました。 息子が亡くなった日は、私の30歳の誕生日でした。一体なぜこんなタイミングで… 愛する我が子がこんなにも急に亡くなってしまい、 残された私たち家族は絶望と悲しみに押しつぶされそうです。まさに、生き地獄です… 私自身、息子と極楽浄土でまた会いたいと願っていますが、 本当にそんな世界があるのだろうか? 人間は亡くなると"無"になって、骨しか残らないのではないか? …など、悲しい考えが頭をよぎってしまい、気持ちを切り替えることができません。 できるものなら、息子に心配をかけないためにも前向きに生きていきたいですが、 この空虚感、絶望感とどのように向き合っていけばよいのでしょうか。 どうか、アドバイスをいただきたくお願いします。
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さん33秒法話ピックアップ