hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
W1siziisijiwmtgvmdkvmtivmtgvndavmjkvmgzjmdq3mtctmtdhmy00mtq4ltkwzjutmznjztawzjy3zjaxlzuzlmpwzyjdlfsiccisinrodw1iiiwinjiwecjdxq
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine
Quote

ニート、出家者。ともに、自他を花咲かせるつぼみです

仏教の出家者=比丘(びく)bhikkhuとは、「食を乞う者」という意味です。
自ら経済活動をせずに、信者から托鉢を受けて生活します。

仕事をしないという点で、ニートに似ていると思われるかもしれません。しかし比丘は仏教の戒律を守り、悟りを求めて修行し、教えを在家者に説くという「出世間の」仕事をしています。

托鉢も、単に食べ物をもらっているのではなく、逆に在家者に「食事を布施する」という功徳を積む機会を与えていると考えます。

ニートは家庭という完全な世俗にある点が、出家者とは全く異なるのではないでしょうか。
{{count}}
有り難し
質問
隠者、厭世者、世捨て人、ニートの違いはなんでしょうか
お坊さん 隠者、厭世者、世捨て人、ニートの違いはなんでしょうか。 単純な興味本位の質問で恐縮です。 最初の2つは仏教やキリスト教など、なんらかの宗教を信じて、修行を実践している人のようなイメージがあるのですが、現代でもいらっしゃるのでしょうか。何を目的に、どんなことをして日々を過ごしたら、上記の人々のようになるのでしょうか。
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さん33秒法話ピックアップ