お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

学校に行くのが辛いときは「からだ」の声を聞いてみて

先般、こんなはなしを聞きました。
自殺をしたいと思っている女の子がおりました。
塾の先生にそれを打ち明けます。おそらく、受験で疲れてしまったのでしょうね。

その先生はあたまをポンポンとなでて、
「そうか。ここ(頭)がつらいんだね。でも、もし叶うのなら一か月
待ってほしい。その一か月間、足に聞いてみてほしい。
手に聞いてみてほしい。
自殺してもいいですか?と。」

そのおんなのこは、自殺をやめました。
身体は、生きようとしている。
いやむしろ、自分は生かされていることに気が付いたということです。

わたしは学校に行けとは言いません。
行かなくてもいいと考えます。

あなたのこれからを、
あなたの「手」に、
あなたの「足」に、
あなたの「体」に、
聞いてみてほしいと思います。

そのうえで「まなぶこと」というのが「いきること」に繋がっていくならば、
学校へかよう道もあるだろうと思います。

いまはそんなことよりも、からだの声をきく。

そこから、ご自身の苦しみと向かい合っていって頂けたらと思います。

あなたにさちあれ。さちあれ。合掌
引用元の質問: 学校に行けません。疲れました。
学校に対して不安を強く感じ、お腹が痛くなってしまいます。
回答僧:
おすすめの33秒法話

嫌な上司でも、別視点で見ればあなたのお客様です

フラッシュバック 振り払わずに 放っておけ

死にたい死にたい。苦しいあなたにハチドリのひとしずく

カメはウサギを羨まなかったから勝った

諦め(明らかにすること)を知り、こころに余裕を

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ