丁寧に行うだけで礼儀作法は変わる

「マナーのためにこれを行う」という考えでは、人が見ていないときや、人と一緒ではないときには美しい所作をする意味がなくなってしまいます。

それよりも、「一つ一つ、目の前の行為を丁寧に行なってみる。それは、自分自身の生き方を見直すためである」ことを頭において行動してみることで、少なくとも私の場合は落ち着いた所作が身につき、長続きしていると感じています。
引用元の質問: お坊さんに礼儀作法の研修を受けたい
お坊さんはどこで礼儀作法とかテーブルマナーとかを学ぶのでしょうか?
回答僧:
おすすめの33秒法話

僧侶の役目は恐れの心を取り払うこと。これを施無畏といふ

ごめんね。で救われる心がある

言葉に毒を入れるのは自分です

損得は自分の心が生んでいる

仏教の目的はたったひとつ。「苦」の消滅です。

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ