旦那から離婚を告げられた。貴女がすることは

あなたもそうですが、本人は冷静なつもりでいても、頭の中のメモリーが働きすぎてオーバーヒート状態になっているのでしょう。そんな時は、極端白黒思考に陥ります。

旦那さまのゆがみはあなたが治すのではありません。旦那様の地雷はどこに埋まっているか分からないでしょ。相手にしないこと、治療は第三者に任せるべきです。

じっくり話を聞いて救い道に導いてくれそうな僧侶やカウンセラーに任せるのです。

そして、あなたは旦那さまを否定せず、(もちろんご自分のことも否定せず)ありのままこのままの様子を認めることです。

赦すのです。

旦那様が好きなら、うつで苦しむ旦那さまを否定しないであげてください(その役目は専門家の仕事)居心地の良い家庭を作るのがあなたの仕事です。

世の中は白黒だけではないのです。グレーもよし。ピンクやグリーンもあるのです。それでいて問題ないのです。

善悪もありません。人の考えを離れ全てを認められるのが仏教です。

過去も未来もありません。事実は今目の前の様子のみ。旦那様が今いる。それがすべてありのままの事実。それ以外のことはないのです。
引用元の質問: 離婚を告げられました
「疲れた。今までたくさん我慢してきた。もう無理。」と離婚を告げられました。
回答僧:
おすすめの33秒法話

山よりも大きいのが父の背中です

苦しいから不幸なのではなく目を背けるから不幸と感じる

「人間総じて認知症」という意識のもとに介護

人妻との不倫に、一発逆転説法

学校に行くのが辛いときは「からだ」の声を聞いてみて

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ