過熱するワイドショー。お坊さんはこう見ている

親鸞聖人のお言葉に

「凡夫」というのは、わたしどもの身にはあるがままのありようを理解できないという、最も根本的な煩悩、迷いの根源が満ちみちており、欲望も多く、怒りや腹立ちやそねみやねたみの心ばかりが絶え間なく起り、まさに命が終ろうとするそのときまで、止まることもなく、消えることもない(一念多念証文・現代語訳)

とあります。八百年前、既に人間の本性を深く見つめた言葉です。

「凡夫」とは、自己の利益のためなら、他を犠牲にすることも厭わない。あらゆる欲求が交錯する日暮らしで、それが命が終わる瞬間まで続く。何とも、恐ろしく悲しき性ではありますが、最近のワイドショー・週刊誌は、正にこの欲求のためにあります。そして私たちの本性も…。

隠れて悪いこと(倫理に反すること)をした人、それを暴く週刊誌、その週刊誌の読者、そして今質問の中で週刊誌カメラマン・パパラッチに怒りを向ける あなた、皆同様に、怒り・腹立ち・そねみ・ねたみの心が絶え間ない煩悩具足の「凡夫」なのです。

私たちの目や耳は外に向いていますから、人のことはよく分かります。しかし、自分が欲望煩悩の身であるとは全く見えていないのです。

あなたの主張は、一般倫理では正論です。でも振り返って私も実は煩悩具足の「凡夫」だと自覚できた時に初めて、様々に腹も立て、愚痴をこぼしながらも、いろんな方々とつながり(縁)を持ち、生きるというより、生かされている生活を感じる事ができるのではないでしょうか。
引用元の質問: 人の秘密を暴く職業の方は、どのような業をせおうのですか?
最近の過熱するワイドショーをみて、色々と考えてしまうのです。
回答僧:
おすすめの33秒法話

10代の君へ。SNSは便利、でも危険も伴います。

天命に安んじて人事を尽くす

失恋の未練。出逢わざるを得ない別の環境へ立て

童貞上等。焦らずとも自然と「その時」は来ます

今でも、あなたと亡きお父さんは繋がっています

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ