皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

合掌は右手が仏さま左手が私。手を合わせ亡き母とともに

まずは手を合わせてみてください。

ご自宅でお母さまを看取られたとのこと。
あなたの真心とともにお母さまは旅立たれたのではないでしょうか。

死後の世界はおっしゃる通り行ってきて見たことがある人がいるわけではありませんが、人間は亡くなったからといって無になるわけではないような気がします。

目を閉じて、手を合わせてみると、在りし日のお母さまの姿が浮かび、声が聞こえてくることでしょう。

お母さまの体はなくなってしまいましたが、あなたの中にお母さまはいて、あなたとお母さまは一緒になったとも思えませんか。

私たちは生きていながら、知らず知らずのうちに仏さま、ご先祖と一体になっている瞬間があるということでしょう。

そしてあなたもいつかはお父さん、お母さん、おじいさん、おばあさん、と一緒にご先祖、仏さまになります。

そのときにお母さまとまたお会いになって、一体になれる、ということでしょう。

合掌は右手が仏さま、左手が私たち、仏と衆生が一体になることを表しています。

心を鎮めて手を合わせ、あなたが仏さまと一体になっているとき、あなたはいつでもお母さんとつながることができるとも言えるでしょう。
引用元の質問: 母に会いたいです
病気療養中だった母を自宅で看取りました。
誰もあの世を見た人はいません。わかってはいますが、お坊さんの きっとまた会えるよの言葉が欲しいです。
回答僧:
おすすめの33秒法話

童貞上等。焦らずとも自然と「その時」は来ます

実は、地獄も極楽も、おなじところ

松に古今の色無し 竹に上下の節有り

他人をディスらずにいられないのが人間の性(さが)

丁寧に行うだけで礼儀作法は変わる

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ