皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

「素直になれない」は、 それだけ愛している証拠

私もよく寝る時に、過去の失敗を思い出し、布団にうずくまることが多々あります。でも、その失敗が経験となり、これからの人生にきっと役立つことだと思います。

笑えるのは、楽しんでる証拠。
怒るのは、真剣だった証拠。
喧嘩するのは、一緒だった証拠。
つまずくのは、進んでいる証拠。

裏切られるのは、信じていた証拠。
失恋は愛していた証拠。

「疲れた」は、頑張った証拠。
「失敗した」は、挑戦した証拠。

「もう止めようかな」は、 まだ希望を捨てずにいた証拠。
「素直になれない」は、 それだけ愛している証拠。

もう良いは、全然よくない証拠。
大丈夫は、全然大丈夫じゃない証拠。

いつもヘラヘラしてる人は、過去に何かあった人
よく笑う人は、よく泣いた人
よく大丈夫と言う人は、よく無理をする人
よく強がる人は、よく我慢する人
幸せな人は、幸せを知っているから
優しくなれる。強くなれる。

努力する人は希望を語り、
怠ける人は不満を語る。

泣きたかったら泣けばいい
辛かったら頼ればいい
我慢できなくなったら我慢しなくていい
笑うのが疲れたら無理しなくていい

「明日笑えるかな」って思うより
「明日少し笑ってみよう」
って思う方が辛くない。

立ち止まることは、悪いことなんかじゃない。
辛いとき。苦しいとき。少し休憩して
またもう一度歩きだせばいい。


引用元の質問: ポジティブになれません。
失敗をしてしまうとそのことをずっと根に持ってしまい自分を責めてしまって泣いてしまいます。
回答僧:
おすすめの33秒法話

学びの多かった恋は、次の恋に向けての大きなステップ

怒りは「なくす」のではなく「コントロールする」

僧侶の役目は恐れの心を取り払うこと。これを施無畏といふ

悪人ですら悟り救われる。あなたが救われないはずがない

生物に生きる意味なんてない。死ぬ気で生きろ

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ