皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

上田尚史

護国寺 日蓮宗のお坊さんが勉強した山科檀林の旧跡

有り難し 1352
回答 48

自己紹介

昭和51年6月14日生まれ

日蓮宗新聞 編集委員
本山 妙傳寺 執事

法華経の教え、お題目の尊さを日蓮大聖人のご生涯を通じて、周りの方々へ伝えていきたいと誓願しています。
 現代日本の仏教は、「説く仏教」も大事ですが「聴く仏教」にも重きを置いていかなければならないと強く感じています。世の中の人々の、いや、もっと身近な所から、皆様の悩みや、苦しみを、お聞きする、そのような僧侶になれるよう努力し、また気軽に相談できる存在となれますよう、人格の向上に努めて参ります。
■ブログURL: http://ameblo.jp/gokokuji5594/

上田尚史のシャカリキ・ドン!

分かりやすい仏教をモットーに
動画配信しています♪
https://www.youtube.com/playlist?list=PL3C8E50F800FAC1FB&feature=view_all

自分を信じると「自信」になる
私もよく寝る時に、過去の失敗を思い出し、布団にうずくまることが多々あります。でも、その失敗が経験となり、これからの人生にきっと役立つことだと思います。 笑えるのは、楽しんでる証拠。 怒る...
少欲知足のトレーニング
欲というのは、誰もが持ち合わせているものですね。そして欲望をすべてなくしてしまうと、人間は生きていく事ができません。食欲もそうですし、睡眠欲もそうです。 しかし欲望のままに生きると、これま...
少しずつ、少しずつ
今まで、とても非道い言葉をかけられてきたのですね。そのようなご両親の面倒を見たくないという感情は出てきて当然だと思います。 しかし、このままご両親の面倒を見ず、疎遠のままお亡くなりになられ...
共に生きていきましょう
ゆうさんは心が優しいのですね。他人に迷惑をかけてはいけないという気持ちがとても感じます。それゆえに生きていることが申し訳なく感じておられるのかもしれませんね。 同じように、この苦しみ、悩み...
布施の実践をお勧めします
人とのコミュニケーションって難しいですね。人との相性もあって、あうあわないもあると思いますが、できればえりさんが言われるとおり、輪に入らずとも素敵な雰囲気を自分から出せているような存在になりたい...
子育ての格言も参考に
ご息女さまは、ちょうど思春期なんですね。ご苦労をお察し申しあげます。 そこで子育ての格言をご紹介しますね。 『子育て四訓』 乳児はしっかり肌を離すな 幼児は肌を離せ手を離すな 少年...
質問 : 娘の行動
笑顔から
この世に生まれたからには、明るく楽しく生きたいと願うのは、誰しもが思うことですね。そこで、明るく楽しく生きている人は、どのような雰囲気をお持ちなのかを観察してみては如何でしょうか。 おそら...
時をおく
誰しもが怒りの心を持ち合わせていますね。私も恥ずかしながら短気で、よく失敗をいたします。 お釈迦さまは、この怒りの心を静めるには、「時をおく」しかないと説かれます。イギリスのことわざにも『...
ゆっくりと
ご子息は、とても辛い思いをなされたのですね。そして同時に、親であるすみれ様も我が子が苦しんでいる姿を見て、それ以上にお苦しみのことだろうと思うと胸が張り裂けそうです。 そのような状況へと至...
こちらから
自分の意見ばかり言って、相手の声を聞かない人はよくいますね。 らすかるさんは、職場でその様な人に囲まれているのですね。 腑に落ちない気持ちになりますが、そんなときは、自分からあえて聞いてみる...
質問 : 最近
その心を大切に♪
しっかりとご自身の心を見つめておられますね。とても大事な事だと思います。そしてその心に従って、後悔のないように行動して下さい。 恋愛は、後になって「あの時、○○しておけば良かった!」 と後悔...
跳ね返す
悪口や陰口を言われるのは辛いですね。誰しも気にしてしまい、傷つきます。 お釈迦さまの実例をお伝えしますね。 あるところに、お釈迦様のことを妬んでひがんでいる男がいました。 「なぜあんな...
欲の心が妨げられた時、人は怒る
怒っている人の心を見つめてみると、 「自分は正しい!お前が悪い!!」 という感情があると思います。 しかし、怒るのはそれだけではありません。 仏教の祖であるお釈迦さまは、 『自分の...
日頃の心がけが縁を結んでいきます
ありんこさんは、その彼のことが大好きなんですね。 だから今の自分を変えなければならないとお気づきになられた。 とても素晴らしいお心がけです。 自分が変われば、世界が変わる これは...
縁を切らずに待ちましょう
この世の中で、一番大変なのは人付き合いかもしれません。仏教では苦しみのひとつに『怨憎会苦(おんぞうえく)』という、嫌いな人に会わなければならない苦しみがあると説きます。 好きな人ばかりだったら...
それぐらいがちょうどいい
私もまったく同じで、いつも直前までダラダラとしてしまいます。テスト前日に、なぜか掃除をするあたりはそっくりです。追い込まないと動かない。いや、そういうもんだ。これも個性なんだと勝手に受け止めてお...
ハーバード大学の落書きを参考に
私も学生の時は、勉強に集中ができず遊んでばかりでした・・・。 あの時、もっと勉強しておけばと今でも少し公開しております(。-人-。) かの有名なアメリカのハーバード大学の図書館に20個の落書...
ひとつの言葉には大きな力がある
ゆきほさんは、そのお友達のことをどうにか直してあげたいのですね。とても友達思いだと思います。 でも嫌いという気持ちが言葉にあらわれてしまうと、きっと友達もその言葉を受け入れられないでしょう。 ...
未来は変えられます
素直になれなかったLisa さん が素直にようやくなれたのに好きな方から返事がないのはモヤモヤしますね。もしかすると好きだった方も心の変化があったのかもしれません。 仏教に諸行無常という言葉が...
思いは変わらない
プレゼントを渡して「いらない」と言われたら悲しいですね。おそらく選んでいる時にお義母さまの笑顔を想像していられたことでしょう。それだけに傷ついてしまいますね。 お義母さまは、なぜそのようなお言...
質問 : 母の日

このページの先頭へ