お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

人間は、うでんうでん うたくうたく

「結婚、出産は何のためにするのか」というお尋ねですが、結論から申しますと、それは生物としての本能、エゴなのではないでしょうか。

結婚だけが幸せじゃない。
結婚相手に恵まれず、苦しんでいる人がいる。
子どもを持つことだけが幸せじゃない。
子どもに色々問題があり、それで苦しむこともある。

そんなことをいくら言い聞かせても、結婚したり子どもを授かることが頭をかすめてしまうのではないですか。

独身の方が気楽に過ごせると思ってみても、年賀状に結婚式や子どもの誕生の写真が載っていれば心がザワザワしてしまうのではないですか。

お釈迦さまの言葉で
「有田憂田 有宅憂宅 無田亦憂 欲有田 無宅亦憂 欲有宅」
というものがあります。

田んぼが有れば田んぼの心配をし、家が有れば家の心配をする。
田んぼがなければ「田んぼ欲しいな」と憂い、家がなければ「家が欲しいな」と憂う
という意味で、つまり人間はどんな状況でも憂う存在だということです。

結婚しても子どもが出来ても、憂いは生じます。
でも憂いだけでなく、その状況だからこそ生まれる喜びや楽しみもあるでしょう。

あまり考えすぎず、ご縁に任せて日々を送るのがよろしいのではないでしょうか。
引用元の質問: 結婚、出産は何のためにするのか
結婚適齢期も少し過ぎつつある年齢になり、友人たちは結婚して子供がいたり、独身でも彼氏がいたりで、独身、彼氏なしの自分が何だか惨めに思えた時期がありました。
回答僧:
おすすめの33秒法話

親子関係は師弟関係と同じ。『守破離(しゅはり)』

アメリカ人の義母の死、日米の死生観

就活。あなたを必要としている企業の見つけ方

お釈迦様も死ぬのが怖くてしかたがないと悩みました

旦那から離婚を告げられた。貴女がすることは

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ