悩みと精一杯向き合い続ける姿こそ尊い

ご自分の中で悩みを抱え続けたことから生じた「言わないことの苦しみ」に辛さを感じ、涙を流されておられるのですね。

「言っても、言わなくても苦しみが生じる」

それは出口が見えず、悩ましいことでしょうね。
言ってみると、色々な視点が得られ、助けになる時もありますが、わかっていただけず、逆に傷つく時もあります。どうやら正解はないみたいです。

だからこそ、本音を口に出すというのは恐くもあり、慎重になりますね。

しかしですね、悩みとの向き合い方の主導権はあなたにあります。
ご自分の中で言いたい気持ち、伝えたい言葉が整わなければご無理なさらず、「有難う。そう言ってくれて嬉しいよ。」など、その時感じたことをお伝えできれば十分だと思います。

今日はここまで話せた、これが話せなかった、これを話してしまったなど、悩みと精一杯向き合い続けているお姿こそ尊く思います。

今のあなたは尊いです。

これからも、ご自身を振り返ることを大切に、その都度、「ごめんなさい」、「ありがとう」、「おかげさま」と手が合わさる生活を歩んでいただくことが誠に大事なことだと私は思います。
引用元の質問: 人に悩みを相談できない
話を切り出せず、自分は意気地がないなと自責の念にかられて涙が止まりません。ひとりで抱えているのが辛いんです。でも相談できない......
回答僧:
おすすめの33秒法話

人が死の直前に後悔することは「やらなかったこと」

失恋の未練。出逢わざるを得ない別の環境へ立て

悪いことを「避ける」でなく「どう対処するか」が宗教

損得は自分の心が生んでいる

悪口は 受け取らないと 相手の元に戻る

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ