死が怖いと泣く小1の息子。抱きしめてあげてください

とっても優しい息子さんですよね。まずはそこを褒めてあげてください。

そして優しく抱きしめてあげてください。

死ぬことを真剣に考えられるということは、生きることを真剣に考えることができるということです。

とても立派なことですよ。「新しい命が生まれる為にいつかは死ぬんだよ」と、きちんとお伝えできていることもすばらしいと思います。

息子さんはご両親のことが大好きで、離れるのがつらいんですよね。
いまは、ご両親が抱きしめてあげて、ぬくもりを伝えてあげてください。

ご両親から大切に思われているということが伝わったならば、息子さんも安心できるのではないでしょうか。

引用元の質問: 死にたくないと子供が泣いて困っています
「死ぬのはまだ先のことだから大丈夫」と言って落ち着かせますがそれ以上良い回答ができません。
息子が落ち着ける助言をお願いします
回答僧:
おすすめの33秒法話

父の死を受け止められなくても親不幸ではありません

救急車の音 心を不安にさせる。 ただの「ピーポーピーポー」

子育てを、気に病むのは親ばかり

これから先の未来、自分に嘘をつかないこと

学校に行けない。弱い心が出てくる隙を与えないための集中

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ