僧侶が本気で「南無阿弥陀仏」を語る

親が子供を育てるのは当然。
人が人を育てるように、阿弥陀という仏が仏の子として育てるんだよ、と愛情いっぱいに包んで下さる(慈悲)

子供は子供らしく、精一杯元気に生活してね。
うまくいかないこと、どうしたらいいか分からないこと、きちんと教えるからね(仏教)と道を示して下さる(智慧)

見返りはいらない。

あなたが楽しくても悲しくても必ず側にいるから、という親心に対して、私は「分かりました。迷惑ばかりかけるけど自分の人生を大切にするね。ありがとう」と阿弥陀様の願いにお任せする。

それを伝える言葉が南無阿弥陀の名号と考えています。
引用元の質問: 南無阿弥陀仏をおとなえする意味について
唱えても唱えなくても救われるのであれば、なぜ「南無阿弥陀仏を唱えると良い」とされているのですか
回答僧:
おすすめの33秒法話

死にたい死にたい。苦しいあなたにハチドリのひとしずく

生まれなかった不妊治療の受精卵。追悼できます

力道山のお墓には胸像がある

笑顔は、他人さんに施す何よりものお布施です

保育園に預けて泣く我が子。寂しくても不幸ではない

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ