皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

不悪口院 恵成

有り難し 1653
回答 112

自己紹介

女は愛嬌、坊主は読経。
真言宗僧侶・不悪口院 恵成 26歳です。
まだまだ若僧でございますが、高野山で十年以上学んできた仏教の智慧を、少しでも生かせればなぁと思っております。
自坊は北海道ですが、今も高野山の某寺で修行させていただいてます...。

※こっそりブログ始めました....
→ http://fuakkuin.blog.jp
始めたばっかりでやりかたもわからないので、だいぶスローで更新していきます...笑
■ブログURL: http://fuakkuin.blog.jp

親から離れる
一番良いのは、両親と離れて生活することです。 連絡も極力取らず、自分で働いて自分の生活を賄う。 連絡を取ったり、一緒に過ごすから様々な問題が起きるのです。 僧侶になれというわけではありませ...
お不動さんは優しい怒りをもった慈悲のほとけ
>左手の縄でもって無理やりにでも仏道に引き入れる.... お不動さんは、決して無理やり仏道に引き込もうなんていしません。あくまで、私たちの悪い心を「捕まえる」んです。あれは「羂索」といって、そ...
「生きること」そのものが私たちの役割
お坊さん目線で「インターステラー」や「ルーシー」などのSF映画を見ていると、「ああ、すごい仏教的(密教的)だなぁ」と思うことがあります。 インターステラーは、五次元の宇宙空間に迷い込んで時間や...
「仏法僧」師匠や先輩は私たちの一番身近なほとけさま
真言宗の僧侶ですが、宗派関係なく、仏教そのものの観点から。 よく、在家の方に質問されるのが 「お釈迦様は平等を説いているのに、なぜお坊さんは上下関係に厳しいの?」というものです。これはも...
お坊さんに学歴はいらない
親御さんの気持ちもわかりますが、一言でいうなら「お坊さんに学歴はいらない」ということです。 これは、「勉強が出来なくてもいい」という事ではありません。 「どこで学ぶか」よりも大切なのは「なに...
寂しさを埋めるだけの関係は男が風俗行くのと同レベル
渇愛とは、喉が乾くように愛を求める一方的な欲望です。 純愛は、互いに安らぎを与え、相手のために尽くそうという思いやりです。 いまのあなたと彼は、性的な欲求と寂しさを埋める精神的な欲求を互...
因縁因果のこの世界。まだ「果」じゃない。
>いっそ私がいなくなった方が、自分がどれだけ酷い事をしてきたのか、それにどれだけ娘が苦しんだのか、父に気付かせる事が出来るのではとさえ思ってしまいます。 そうかも知れません。お父様は、きっ...
大切なのは周りとの比較ではなく、彼との関係
今、ドラマにもなって話題の「東京たられば娘」でも、年下の男性とのもどかしい恋愛を描いていますね。 正直、26歳の若僧のぼくから良いアドバイスができるかは不安ですが、おそらく彼と同世代ですので、...
供養もかねて、寺社仏閣に行くごとに一冊ずつお焚き上げ
納経帳も、現実として処分しなければ成らないとなれば、お焚き上げが一番でしょう。 そこで、高野山奥之院に問い合わせをしたところ、納経帳一冊につき一千円のお焚き上げの浄財をいただいているみたいです...
質問 : 納経帳
そばに感じられないのは悲しみのフィルターのせい
私も数年前に買っていた犬が亡くなり、いまでも思い出すと悲しくなってしまいます。 しかし、たまに夢の中に現れてくれて、一緒に遊んでくれます。 朝、目を覚ますと、頬にすーっと一筋の涙が流れていて...
やせた土によい種を蒔いても良い野菜は育たない
憎しみを捨てれば徳が高まるか.... もちろんです。 しかし、順番が若干違う気がします。 正確には 「徳を高めれば憎しみを捨てることができる」 のだと思います。 「徳を高めるため...
無意識に「いやな事」を探してしまっていませんか?
例えば、3月21日が誕生日だとします。すると、自然と「21」という数字に親しみを持つようになりますね。 すると、「21」なんてそこらじゅうに溢れている数字なのに、何気なく時計を見た時に21分だ...
僕もです!!!!!
とても気持ちがわかります! 僕は高校生の時から高野山で修行をして、大学卒業後2年ほどフラフラして、昨年、ある本山の寺務所に就職したのですが、慣れないデスクワークばかりで、ミスばかりしてしまいま...
どうせ死はいつか、自然と訪れるもの
死後の世界なんて、正直だれもわからないんです。 ブッダでさえ、死後の世界については語りませんでした。 死後の世界についてあれこれ考えるより、今の人生をより良く生きろと。 そこまでお悩み...
植物のように生き、他を生かす
植物の研究。素晴らしい学問ですね。 個人的には、植物というのは最も仏にちかい生き物だと思います。 欲もなく、自然に生き、根を張り動かず、ただ水と土の恵みによって育ち、そして酸素を生み出し、様...
人の気持ちも、感情すらも諸行無常
ちょっとしたことでイライラしてしまうのは、相手に心を許している証拠。恋人という段階を越えて、家族のように思い始めている段階でしょう。あなたが彼にイライラしてしまうのは、彼に対しての甘えです。(悪...
好きのパワーを、良い方向に変える
好きな役者さんのためにアメリカから日本へ・・・すごいです。 おそらく、その舞台の影響で日本語も学ばれたのでしょうか。すごいパワーです。 どんなきっかけであれ日本で働きたい!というのであれば、...
日本の死後観は中国の影響が大きい
いわゆる十王信仰という、閻魔さまをはじめ十人の地獄の裁判官が亡者の生前の行いを裁き、死後の世界へ導く・・・というのは、中国、道教の影響が多分にあるようです。 そして、それが今の日本の法事に大き...
画数よりも大切なのは愛情
名前は、顔と同じくらいその人のイメージを象徴するもの。「ゲド戦記」のように、ひと昔前の日本でも本名を明かさず「仮名」で生きる人が多かったという歴史もあります。 (ちなみに私の「恵成」も仮名です...
質問 : 子供の名前
社会の豊かさと心の豊かさは異なる
なぜ仏教が「すべての人は平等」と説くのか? それは、とても広い視野で物事を捉えているからです。 本当に大切なのは、容姿や金銭や身体的要素から生まれる差ではなく、1人1人の内面から生まれる「ほ...

このページの先頭へ