お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

亀山純史

真行寺 盛岡市にある浄土真宗本願寺派の小さなお寺です。

有り難し 6823
回答 550

自己紹介

hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧侶ですが、普段は公立高校で英語を教えています。そのため、平日は学校の授業と校務に、週末は部活動(現在の勤務校では「郷土芸能委員会」の顧問)と法務に追われる日々を過ごしています。
浄土真宗における僧侶は、仏さまの教えに生き、その教えを伝える者であり、人を悩みから救う能力を有した者ではありません。人の悩みを救う救いの主は阿弥陀さまです。ですので、hasunohaにおける私の回答では、仏さまの教えに救われているこの私の生き方、考え方を、皆様にお見せするだけです。そして私自身、お答えできるご相談の範囲はそう広くはありませんが、皆様のお役に少しでも立てればと思い、回答させて頂いております。
■Web: http://kjunshi.blog.jp/

私の愛する人の死との向き合い方
こんばんは。亀山純史と申します。 命を持ったものは、いずれは死すべきものなのです。そのとき、私にとって愛する人の死は、私に“どう生きていくべきなのか”を問いかけ、そして私は、いずれは愛する...
名利の大山に迷惑す私たちは、自己肯定感を持つことです。
こんばんは。亀山純史と申します。 私たちは少なからず、注目されたいという気持ちはどこかにあるものだと思います。問題は、「どう注目されるか」ということでしょう。注目されたがりの人の言動は、知...
ご本尊だけは宗派に合ったものを。
こんばんは。亀山純史と申します。 私の宗派は浄土真宗本願寺派ですが、もしも、私のお寺の門徒(檀家)さんが、「うちの仏壇を調べたら、融通念仏宗のものだった。どうしたらいいですか。」という相談...
どう考えてあげたら、息子さんは救われるのか。
こんばんは。亀山純史と申します。 亡くなられた息子さんへの悲しみに、少しでも寄り添うことが出来るならばとの思いで、回答させていただきたいと思っております。 平安朝の女流歌人の和泉式部は、...
質問 : 前世
衆生病めば則ち菩薩も病み、衆生の病い愈ゆれば菩薩もまた愈ゆ
こんにちは。亀山純史と申します。 「衆生病めば、すなわち菩薩病み、衆生の病癒ゆれば、菩薩もまた癒ゆ。」(「維摩経」) これは、「たとえば、裕福なる者のひとり子が病気になれば、そのためにそ...
仏さまのいのちの中で。
こんにちは。 ドキンちゃんは心臓が勝手に動いていると思っていますが、ちゃんと訳があって動いているのです。その訳とは、私たちの思考を超えたはたらきが心臓に及ぼしている、ということです。そのはたら...
質問 : 機械
今あなたに出来ることを精一杯やってあげること
こんばんは。亀山純史と申します。 お父様は病を通して、人生のはかなさと、だからこそ、人生を有意義に過ごして行くことの大切さを、あなたに教えてくださっているのです。そのようなお父様に対して、...
質問 : 親の死
後悔することがあるからこそ、私たちは成長するのです。
こんばんは。亀山純史と申します。 「過去のことを思い出しては後悔する。」ということは、私にも経験があります。でも、考えてみれば、人は完璧ではありませんから、誰しもが後悔する過去を持っていま...
お花屋さんに見繕ってもらうのも、良いことですよ。
こんばんは。亀山純史と申します。 墓前にお供えする仏花は、勿論、自分で選んでいいわけですが、お店の方に見繕ってもいいでしょう。お店の方は色どり等も考えながら、選んでくれますよ。その時、お店の方...
まだ見ぬ未来のために。
こんばんは。亀山純史と申します。 私の高校時代の恩師の一人(倫理の先生で、敬虔なクリスチャンでした)が、「君たちが今、こうして勉強しているのは、自分自身のためではない。今勉強していることが...
ご出席出来る方だけで。大切なのは参加者ではありません。
こんばんは。亀山純史と申します。 妹夫婦がご相談のような態度をとることは、あなたにとっても、またお母様にとっても、大変残念なことでしょう。しかし、あなたと妹夫婦のどちらが正しいかをここで決...
お墓や法要は死と密接な関係にあり、遺された人たちのためにある
こんにちは。亀山純史と申します。 死とお墓や法要は密接な関係がありますから、自死するかしないかはおいておいて、ということではお話しできません。 あなたは、ご主人やお子さんたちが幸せに生き...
自分らしさを大切にしたいですね。
こんにちは。亀山純史と申します。 コミュニケーションが苦手とのことですが、コミュニケーションの第一歩は「挨拶」です。はっきりとした声で挨拶をしたいですね。そして、ビジネスにおいては「報・連...
人生はお互い様
こんにちは。 ​あなたが言われるように、人間、助け合いが大事ですね。永六輔さんの言葉に「生きているということは、誰かに借りをつくること。 生きていくということは、その借りを返してゆくこと。...
ノートに書き出してみる。
こんにちは。亀山純史と申します。 あなたが自分の嫌なところに気づいているということは、あなた自身、自分のことを客観的に見ることが出来ているということです。あとは、この気づきが今よりももっと...
自分のためではなく、他人のために。
おはようございます。亀山純史と申します。 自分がなすことは、「自分のためではなく、他人のために。」と捉えてみてはどうでしょうか。これは仏教にある「自利即利他」という言葉に繋がる考えです。お...
何かのサインであれば、そこに因果の関係がある。
こんにちは。亀山純史と申します。 私からの回答は、当然、僧侶(仏教)としての立場からの回答になります。 さて、ある出来事が何らかのサインであるとき、そこには何かしらの因果関係がなければい...
悩みを打ち明けることで、付き合いが深まることもある。
こんにちは。亀山純史と申します。 「会いたくなければ会わない」というのも、選択肢の一つでしょう。しかし、以前にも会う機会があったようですから、今後も会う誘いが来る可能性はありますよね。その...
あなたは、あなたの宗派の教えで彼と共に救われるのです。
こんばんは。亀山純史と申します。 はじめに、愛する人を亡くされたことに対し、ここに哀悼の意を表します。 さて、宗教や宗派の教えは、科学とは異なり、教えの数だけ世界はあります。つまり、信仰...
「あなたらしく」が一番
こんにちは。亀山純史と申します。 友達が出来ないとか、自分だけが除け者扱いされているように感じることは、多分、今の環境が、お子さんに適した環境ではないだけのことではないでしょうか。友達を作...

このページの先頭へ