お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

父の死を受け止められなくても親不幸ではありません

御尊父様のお亡くなり、大変で御座いました。

心の置き所を考えるよりも、まずは父の死を考えたくない自分は、それほどまでに父を愛してきたのだと受け止め、其の姿を決して親不孝とは思わないお父様だと感じてください。

火葬までに心が向かずとも焦る必要はありません。ゆっくりと受け止めて行きましょう。

今は、死を直視できない程追い詰められている自分の心を労わってあげてください。
引用元の質問: 父の死についての心の持ちよう
父の遺体を前にしても、他人事にしたい感覚というか、死と向き合うことから逃げているのかもしれません。
回答僧:
おすすめの33秒法話

大切な亡き人を想って泣いてください

宗教の目的は、心おだやかに過ごすこと

他人に理解してもらうには「共感力」を鍛えてみる

占いで呪われると言われた?それは裏無い

仏教の目的はたったひとつ。「苦」の消滅です。

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ