皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

父の死を受け止められなくても親不幸ではありません

御尊父様のお亡くなり、大変で御座いました。

心の置き所を考えるよりも、まずは父の死を考えたくない自分は、それほどまでに父を愛してきたのだと受け止め、其の姿を決して親不孝とは思わないお父様だと感じてください。

火葬までに心が向かずとも焦る必要はありません。ゆっくりと受け止めて行きましょう。

今は、死を直視できない程追い詰められている自分の心を労わってあげてください。
引用元の質問: 父の死についての心の持ちよう
父の遺体を前にしても、他人事にしたい感覚というか、死と向き合うことから逃げているのかもしれません。
回答僧:
おすすめの33秒法話

どんなに達人でも最初は緊張する

祖母の死。実感してはじめて涙は出る

実は、地獄も極楽も、おなじところ

諦め(明らかにすること)を知り、こころに余裕を

心霊が見える人もいます

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ