お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

ありがとうの思い

私は、今日も生かせていただいて、ありがとうございます。食欲がなくてもすこしても食べれて幸せとか、自分のご褒美が買えて感謝します。と心のなかですが、思ったり、お風呂場で口に出したりしています。夫が元気で働いてくれているから出来ている。ありがとうと、夫に伝えたりしています。でも自分が病気や落ち込んだり、悩みがあったりすると、なかなかこういう行動が出来なくなってしまい。神様や先祖様仏様には、届かなくなってしまうのではないかと思ってしまいます。届いているでしょうか?後日頃からレジの方や、店員さんに必ずありがとうございます。と伝えるようにしてます。私も言われたらうれしいので。 
体調などによって出来なくなるということは、本心で思えてなかったことに繋がるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

有り難し 3
回答 2

質問投稿日: 2015年8月17日 18:41

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

円通寺

邦元

言えるときに伝えておきたいですよね。

ありがとうございます。っていいことばですよね。私もレジでいつも言ってます。
気持ちが乗らないときがあるのも人間。八つ当たりせず、頭を下げるぐらいにしたいですよね。
せめて、人に嫌な思いをさせない程度の態度ではいたいものです。

できるときにやればいいのではないですか。

3年前

徒然草39段

 こんにちは。「小さな感謝を持ち、伝える」とは尊いお志だと感じます。
 「ありがとう」とは少し質が違うのですが、浄土宗の法然上人が『徒然草』中に紹介されています。現代語で再録します。
問い「お念仏をしている時、眠くなってしまって行(この場合はお念仏となえること)ができなくなってしまいます。これ、どうしたらイイでしょうか?」
答え「目が醒めたら、またお念仏なさい」…以下略。
 いかがですか。私がこの問答で大切だと感じるのは、「条件が整ったら(自ら)再開する」というところです。読書していて…、勉強していて…、掃除していて…。いろんな時に、眠気は襲ってきますよね。つまり生理的欲求です。
 これを援用するならば、「言えない時には言わないでもよい。だけど、また言えるようになったら励みなさい」…そのままか。ただ、心理学では恐らく、「そういう時こそ感謝の言葉を試みて!」と言うのでしょうね。小さい声で。1秒もかからないのですから。その行為が「落ち込んだり、悩んでいる」気持ちを好転させてくれる可能性はあると思いますよ。自分を励ます文句を紙に書いて、忘れないように・目に付くよう貼りまくっている方もあると聞きます。
 なので、「体調などで…本心で」というのは、「繋がりません」がお答えです。
 そうそう、「お念仏と感謝の、小さな違い」ですが、「感謝」は相手(人間)がその都度変わる、違う人相手であるということ位ですかね。
 あと…多分大丈夫だと思うのですが、「私が”ありがとう”と言うきっかけを作って下さったあなた、ありがとうございます」という意味合いもありますよ。「私も言われたら気持ちいいから」だけでなく。

2年12ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ