自身の成長

私はこれまで、自分が受けた理不尽さや偏見等の負のパワーを昇華することで、実益に変換してきました。所謂、何くそ根性ですが、目的が負けたくないという不純な動機だけに継続性や将来性がなく、このままではダメだと思うようになりました。

しかし、なかなか次のステップに踏めずにいます。負けず嫌いという性質は、治らないものなのでしょうか。

有り難し 5
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

意識的に制御はできるのでは

負けず嫌いという気持ちはなかなか直らないかもしれませんが、表に出る言動については意識的に制御することが可能でしょう。
その繰り返しの中で、負けず嫌いの気持ちも少しずつなら弱くできるかもしれません。
「負けないこと」を上回る価値をみつけるのが有効かもしれません。
たとえば、「負けたくない」からと言って、どんな非道い方法を使ってもいいわけじゃない。
この場合は、「負けないこと」よりも「モラルを守る」方に価値を見いだしたわけです。
何か、今までは大事にしていなかったことで、これからはもっと大事にするぞ、というものを考えてみては。

2年6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

今までのスタンスを否定し開き直るのではなく、生かすという形があるのですね。解釈一つ変えるだけで、自分の過去を受け入れ、さらには新たな目標ができ、救われた思いです。ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ