お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

国際協力について

仏教的観点からみた国際協力(NGOなど)について、僧侶の皆様のお考えを教えていただけないでしょうか?

有り難し 8
回答 2

質問投稿日: 2015年11月1日 0:42

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

四方僧伽

こんにちは。

自分自身は居住地域や国内までしか視野を広げられていません。
目の前の園児やかつての職場で担当していた人たちの対応で手一杯の現状のため
情報提供という形ですいません。

四方僧伽という団体があります。
ここのHPの「可能性としての仏教」というページに熱く書いてあります。
参考になればどうぞ。
http://catuddisa-sangha.org

また、長野であれば松本の浅間温泉 神宮寺さんも作務衣販売などの活動をされていると思います。
http://www.access21.org/index.html

檀家さんや信者さんからの布施を、昔、発展途上と言われた国々に資金や施設を提供に役立ててもらい、その国から感謝状や勲章をもらう。
こんな形でお布施を国際貢献に役立てる考えの宗教者は教団の大小問わず以前からあったように思います。

参考になれば幸いです。

3年9ヶ月前

もっとレベルアップした❝協力❞を

うどんもちじみもパスタもパンも
ナンも素材はみな小麦
みんな違って皆ウマい
世界の文化の違いは 小麦で創られた最終的な形が異なるというようなもの
美味しいものを作るためなら 小麦同士 力やチエを分かち合うべきです
でも 誰かが傷つく 悲しむ 苦しい思いをするのであれば それは 国際協力 という名のもとに行われる 暴力行為 利害が生ずる行為 ❝非❞ 協力精神です。
ホントの協力とは人類の誰かが、泣きを見るためのものであってはならないからです。
本当に高い理念ならば、自ずから協力するようになるはずなのです。
どこかに、利害や政治、経済が絡むのでどうしても、❝誰かが得する❞協力になってしまう事がある。どんな協力も、そういう利害や政治を除外した❝協力❞であるべきだと感じています。
そもそも協力という事は、個人間であれば、利害は関係なく無私に行われるべきものだからです。

3年9ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ