抑えきれない性欲

はじめまして。 私は性欲が抑えきれなくなります。サラ金から借金してまで女性を快楽を求めます。毎回ああまたやってしまったと後悔 自己嫌悪です。こんな事を繰り返しているからこの歳で未婚 彼女が出来ても実は既婚者だったり 前の彼女は一年前に自殺しました。          私の心の弱さから 甘えから 悪行から導いた結果でしょうから当選の報いかも知れません。 こんな男のところにくる女性なんていないんでしょうね。まともな女性は本能的にこの男はダメだって感じとるのでしょう。 この性欲はどうしたら良いのでしょうか。自慰をしても収まるどころか増加してしまいます。早く彼女や奥さんもらえって言われますが、出会いがあっても長続きせず結果破局してしまいます。もちろんいきなり性欲むき出しにはしません。   私はこのままひとりぼっちなのでしょうか?私を受け入れてくれる女性は現れるのでしょうか? 今の自分を変えたいのです。このままではダメな事はわかっています。方法がわからないのです。ヒントだけでもいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

後悔・自己嫌悪
有り難し 15
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

人間関係 再構築にチャレンジしましょうよ!

 性欲は本能ではありますが、勝手に推測致す非礼をお許し頂ければ、あなたの場合 性欲というよりは女性に対する「征服欲」にまで進んでしまっているような気がします。また逆にお相手に対して自分への強い愛情を求めていらっしゃるのかも知れません。
 故に、単なる射精だけでは満足出来ないのではないでしょうか。さらなる何かを、足りない何かを女性に求めていらっしゃるのではないでしょうか。
 どうか、女性を一人の人間として見て下さい。
 まずは男女・年齢を問わず様々な人間関係を結ぶことに努めて下さい。それは会社でも、また趣味のサークルでも良いと思います。人と触れ合って、そして関係が上手くいかないことをたくさん経験して下さい。
 人は皆 自分勝手ですから、自然な人間関係を結ぶことは難しいのです。それを上手にしている…友人がいて、連れ合いがいて、家族がいる、そんな人が世の中にたくさんいます。でも、そこまでいく為に皆が苦労し、苦悩し、傷付いて、そしてそこから関係性を学んできたのです。結婚・家庭もその結果なのです。
 相手に対して自分の思いを押し付けてはいけません…と言ったって、私だってそうなのですが。
 でも思いを伝えるならば、聞いてもらうためには、同じだけ相手の言い分を聞き入れる必要があります。同じ人間同士ですから…関係は50:50なのです。
 どうか、今一度、「人間関係」というものにチャレンジして下さい。そしてそれはこの上なく「面倒で、腹が立ち、悲しくなり、嫌にもなる」けれど、だからこそ「信じ合える、許し合える、分かり合える、助け合える」仲間が出来たときは、それ以上ない喜びを味あうことが出来ます。
 どうぞ、明日朝から、出会う皆さんに挨拶なさって下さい…「何だよ、どうした?」という周囲の反応から会話が始まります。人間関係が構築されていきます。
 まだまだ あなたの人生は長いのです…あきらめるには早すぎますよ。
 あなたを仏様、そしてハスノハ僧侶方が支え続けていきます…。 

23日前

質問者からの有り難し - お礼

はじめまして 小林様 早速の回答ありがとうございます。おっしゃる通りです。回答を読ませて頂きましたがズパズバと言い当てられ心を見透かされた感じです。確かに私は女性を性の対象に見ていたのは気付いていました。だからこそ聞き役にもなり彼女の笑顔が見たくて喜びそうなおみやげやプレゼントを買っていったりしました。もちろん夜は一緒に寝てました。彼女はうつ病でした。でも自殺はうつ病のせいだとは思いません。私の愛情が足りなかったのだと。彼女が自殺してからというもの女性の温もりや優しさを渇望していました。寂しくて仕方なかったんです。私の中でセックスやスキンシップは重要な愛情表現のひとつですから。人間関係も苦手ですが、なるべく分け隔てなく接するようにしてましたがまだ足りないようですね。会社でも年齢性別問わず挨拶したり、元気がないようならその人の好きな話題で話しかけたりしてました。実は私は会社の人間関係の悪化でうつ病になりました。私と同じ思いをさせたくなくてなるべく自分の事は押さえて、利他の心を持とうと。それが菩薩様に近づく一歩だと思ったからです。やはり私は自惚れていたようです。利他と言いつつ自利に走っていたのです。非是菩薩 捨身命處 然後乃得 成菩提道 (うろ覚えですみません。生兵法は怪我の元ですが。)目指さねばならない道が少し見えてきました。本当にありがとうございました。合掌。

関連する問答
このページの先頭へ