hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
後悔・自己嫌悪
204673views

嫌なことばかり思い出す。お坊さんに聞く過去を過去にする練習

ふとしたはずみでつらい思い出や昔の嫌だったことが、次々と浮かんで心を揺さぶられてしまい堂々巡りになってしまう。

自分ながらどうしてこんなに、思いが浮かんでくるのかと釈然としない思いに駆られることがありませんか?嫌なことほど人間は何かのはずみで浮かんで来てしまい、頭から離れなくなるもののような気がしますね?

hasunohaでも多く寄せられている悩みですので、ぜひ、お坊さん方の知恵を貸していただきましょう。 今回は、その中からいくつかの問答をご紹介します。


過去の嫌な思い出ばかり湧いてくる!何とか止めたい!

学校でいじめにあったことや、資格詐欺にだまされて高額なお金を損したことや、人にだまされたこと、貧乏だということで馬鹿にされたこと、病気だったのに親が病院に連れていなかったこと、顔にけがしたこと(中略)
辛いことばかりだったかというとそうでもなく、嫌なことを思い出すことは馬鹿なことだと思います。どうやったら嫌な思い出を思い出すことを止めることができるのしょうか。

過去の嫌な思い出が湧いてきて、何とかしたいと苦しんでいらっしゃる若菜さん。
ご自分でも思い出すことがふがいないように思われているものの、止める術が分からずに悩んでおられます。
私たちは、大なり小なり負の思い出の方が鮮明に思い出されることは、ありがちなのではないでしょうか?
どうにかしてこの思いを断ち切りたいという悩みに触れ、お坊さん方はどんな知恵を与えて下さったのかを見ていきましょう。

過去は記憶だけで戻れないもの!目の前の現実を受けとめて!

過去の記憶、思いは現実とは別物。付け足す癖に気づき、それをやめましょう。
まずは現実目の前のものをただそのまんまありのまま受け入れて、ご自分が生活しているだけだということを知ってください。

(円通寺 邦元)

過去は記憶でしかないと、こちらのお坊さんは言い切っておられますね。
過去に思いをつけたしてしまうのも自分なので、付け足しする癖に気づくことから、まず、始めて見てはとお言葉を下さっています。
過去よりも、ありのままの今で五感を使って受け入れることの方が生きる上で大切なのですよね。
過去は戻ろうとして戻れるものではないものの、人間は記憶に付け足しをしてしまうものなのだと教えてくださっているので、少しでも心の重荷が軽くなるようです。

ファーストインパクトだけで放っておく!

ぽん、と出ただけの時は、ファーストインパクト。
それを放っておく。自滅させる。
セカンドインパクトは自分がそれをつかまえてこねくり回すから自分の思いでやられるのです。
ぽん、と出た思いを放っておいて、滅すに任せてみてください。
(安穏寺 丹下覚元)

こちらのお坊さんは、ファーストインパクトだけでそれを放っておくことを覚えると、楽になれるとおっしゃっています。
自分がセカンドインパクトを作り出していくことで、悩んでしまうのです。
ファーストインパクトだけで手放すことができるようになれば、悶々とした思いから解放されるきっかけ作りが意識できそうです。

相談者若菜さんの気づきが感じられるお礼から

たしかに過去あったことに自分でさらに付加価値を付けてさらに悲しい過去にしているふしがありました。
とりあえず就職も結婚できましたし、それほど醜い傷でもないのでしょう。自分では、ぐちゃぐちゃだと思っていますが、他人からみたら軽い傷なのでしょうね。自分の考え方でどうにかしていくしかありませんね。

過去の業や記憶に振り回されて、再び嫌な思いをするのはまっぴらです。来たら無視する。架空請求詐欺と同じで相手にしてはいけないのですね。来た!と思ったら無視。
まだ完全にはできていないので、またお返事します。

若菜さんの文面から、過去の記憶をさらに悲しい過去にしていることを感じていらっしゃるのが分かります。
けれども、今は幸せに暮らしておられ、過去は過去として今を大切にしていきたいという気持ちが感じられているので明るい兆しが見えて来るようですね。

また、嫌なことを思い出さないように頑張っておられることも伝わって来ました。
もう一人の自分が思い出させようとすることも、もうすでに気づかれていることで道筋が開けてくるようです。
セカンドインパクトを呼び起こさないために、若菜さん自身がこれから何かの思いに駆られたら無視をすると決意されています。
いつかすっきりとした思いになれることを願い、次回のお返事をいただけるなら幸いです。

元の問答:過去の嫌な思い出が湧いてくるとき、どうすれば止められますか

次の問答をご紹介しましょう。

自分は情けないことにとても打たれ弱く、すぐに落ち込んだり小さなことにくよくよしていつまでも引きずってしまうのです。そんな時に勇気ややる気が出る言葉や、自分に喝を入れられるような教えなどを少しでも知っていればつらいことがあっても乗り越えられる気がするのです。

とお悩みのフミヤさん。お寺や神社巡りに興味があったことから、お坊さんに相談をもちかけました。

そこで禅宗のお坊さんよりこんなお話をいただきました。

じぎり ばぎり それっきり

(人生は)どんなヨイことも悪いこともその時その場この事限り)
人間は細胞レベルで一秒ごとに生まれ変わっている身心を有する

過去は記憶
未来は推測
現在は知覚

思う前に事実がある
はじめに言葉ありきとみる者は愚
はじめに事実ありきがみる者が仏

これはただこれ
これ以上にもこれ以下にも非ず

外のコトに動じないことが坐
内なる思いに動じないことが禅

嫌なことがあっても、それはその時かぎり、その場かぎり、それっきり。次の瞬間にはそれは過去になり、今がある。坐禅によってそのような考えが身についてくるとおっしゃっています。

元の問答:仏教の言葉

いかがでしたでしょうか?

お坊さんの仏教の教えから、過去にとらわれず今を見つめることを意識してみると、hasunohaに寄せて頂いている同じような悩みもその深さが変わって来るのかもしれませんね。嫌なことに囚われたくない問答はたくさんあります。いろいろなお坊さんの言葉を読んで、今を幸せに感じるヒントを見つけていきましょう。

文・hasunoha編集部
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

温かい気持ちになるお坊さん説法

「嫌なことを思い出す・忘れたい」問答一覧

昔の過去の嫌なことを思い出しました。

内容は、小学校の頃の授業のときに、眠たくて寝そうになりました。他の人から見れば完全に寝てるとしか見えません。たまたまその時は男の先生だったでした。ビンタされながら、先生に眠いなでも寝るな的なことを言われながら叩かれました。これが私の記憶です。なぜ今更になってから思い出したのかわかりません。もう終わったことなのに。 話したいことをたくさんありますが絞ります。過去の話なんて今更誰も耳を傾けませんし、大袈裟でしょ?しか言いません。 もう一つは、二十歳で実家にいたときの記憶です。話を前後は覚えていませんが義父に話を聞いているのかと言われ、ハンガーで頭を叩かれたことです。そこに気づいた母がびっくりしてたこと。 私は、よく周りから悪いことばかりしかしてきてない的なことしか言われませんでした。 私は、なんのために生きてきたのかわかりません。悪いことばかりしかしてきてないですか? 学校も家族生活も楽しいこと1つも思い出せません。幼稚園から高等特別支援学校まで私は楽しくありませんでした。全部私がどうしようもないクズだからでしょうか←親に言われたことです。 私は死んだほうがマシでしょうか………? もう、消えたい……

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

過去の夫の言動を思い出して辛いです。

初めまして。 7歳、5歳、6ヶ月の子を持つ母です。 夫から過去に言われた事が未だに許せず、毎日が辛いです。 前回相談した時やその他、夫から言われた事を未だに根に持ってしまっています。 具体的には、 ・つわり、切迫早産が辛い?なら堕ろせば? ・お前ら(私、子どもたち)は俺の親以下。 ・田んぼは裏切れないからお前は1人で生きていけ。 ・お前らは家族じゃない、他人。 ・産褥期のお前より妹の方が大切。一緒に過ごしてきた時間が違う。 一応話し合いましたが軽い謝罪しかされてません。 今後どうするかという話をすると論点をすり替え、逃げるため、日に日にモヤモヤが募っていくばかりです。 私はこれだけ辛かったと相手を詰り、土下座でもさせれば気は晴れるかもしれません。 ですがそれは相手の本心では無い謝罪なので、また新たな溝を産むだけだと思って夫に当たることも出来ず。 離婚すれば私の心は楽になれるとは思いますが、夫と子供達の仲は良好、色々と子どもたちに我慢を強いると思うと決心が出来ません。 こんなどうしようも無いことを言う夫でも、悪い事が無ければ穏やかな人です。 何かあると言われた側の気持ちを考えない発言。 後先考えずに行動するという事があります。 それさえ無ければ…というのが本心です。 全く関係ない場面でも言われた事を急に思い出して精神的に不安定になってしまい、とても辛い毎日です。 時間が解決してくれるとは思っていますが、来年には夫の家族と家事介護要因としての同居の予定があり、夫もこんななので将来に不安しかありません。 どうすれば思い出すことが無くなり、穏やかに生きていけるのでしょうか。 もう恨んで生きていくのが辛いです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

嫌な人のイメージを頭から消したい

初めて質問させていただきます。 嫌な人の顔や声が、脳裏に焼き付いて離れません。 嫌な人というのは、変な話ですが、私の知り合いでもなければ会ったこともありません。テレビやネットでしか見たことのない、とある事件の犯罪者です。 今から1年ほど前だと思います。夜寝る前にふと、なんの脈絡もなくその嫌な人の顔が頭に浮かびました。 当時の私は精神的に体調を崩していたこともあるのか、声や体型など、知りうる限りの相手へのイメージがどんどんと脳内で膨らんでしまい、止められなくなり気持ち悪くなってしまいました。 それからというものの、ほぼ毎日のように、相手の顔や声が頭に浮かぶのです。 仕事で忙しい時や、誰かと会話する時など、何かに集中している時は忘れている事が多いです。しかし少しでも余裕があると、また思い出してしまいます。頭を空っぽにして、ゆっくり過ごせないのです。 日常生活でも、事あるごとに顔が出てきてしまいます。何かがきっかけで浮かぶとか、法則もありません。 酷い時には、忘れていたのにわざわざ思い出しに行こうとします。『最近この人のこと、忘れてない?』という具合です。 ここまで1年近く、毎日のように顔が浮かんでいるので、一生このままなのかと恐ろしくなってしまいます。 仮に、もし私に恋人ができたとして、その時まで脳裏に嫌な人が焼き付いているのかと思うと、恐怖で仕方がありません。 嫌な人の存在自体、自分には全く関係無い人物です。それなのに、私が一人で勝手に妄想し勝手に苦しんでいるのがバカらしく思えます。 こんなことにとらわれ、貴重な時間を無駄にして、精神をすり減らしているのがもったいないと日々感じています。 目の前のことに集中し、余計なことは考えない!と心がけてはいるものの、うまくいきません。 何かスパッと切り替えて忘れられる方法は無いでしょうか。良い考え方、捉え方、思考の仕方を教えていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

嫌なことばかり考えて不安になってしまう

初めて相談させていただきます。 嫌な考え、思考が、頭から離れません。 例えば、自分は死んでしまうんじゃないか、どこかから飛び降りてしまうんではないか、とついイメージしてしまって、恐ろしくなってしまいます。自分ではそんなつもりは全く無いのに、朝起きてから『自殺』『死にたい』の言葉が頭をぐるぐるし、もしかして、私は本気で自殺を考えてしまってるのか?と、勘違いなはずなのに怖くなるのです。 また、ニュース等で見た事柄が、ずっと気になってしまいます。 例えば、カルト宗教(昔地下鉄で事件を起こした団体です。直接書くのがはばかられますので)がニュースで取り上げられてたことがありました。その特集を観た時、『もしそのような宗教を好きになってしまったらどうしよう』『メンタルが不安定な中、何かに頼りたくなって、興味を持ってしまったらどうしよう』なんて、ありもしない妄想をどんどん膨らませてしまい、不安になり怖くなります。 とにかく色々なことが不安に繋がってしまうのです。精神的にかなり疲れてしまいます。 妄想から気を逸らすために、仕事をしたりゲームをしたり動画を観たり…と色々やってみても、効果があるのはその時だけです。暇になると怖い妄想をしてしまい、なかなかリラックスもできません。脳みそを空っぽにして休むことができないのです。 不安解消のために何かをずっとやり続けるわけにもいかないですし、根本的に私自身の考え方の癖を改める必要があるのかな、と思い、ここに質問させていただきました。 このような不安に陥った時に、上手く対処できる考え方、物事の捉え方などありますでしょうか。 まとまりのない長文失礼しました。何かアドバイスいただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

悪夢と現実の区別がつかず不安です

お世話になります。 以前不安に関してなどご相談させていただきました。 様々対処法をご教示いただき、実践しております。 その中再びのご相談、失礼いたします。 タイトルの通り、この1週間ほどの間で悪夢をよく見ます。 主に先の「不安」に端を発するものです。 理屈としては解決しています(解決というよりもそもそも大きな問題でないから、以降触れないことが解決になる、という類のものです)。 しかし、どこかモヤモヤしています。 その悪夢がモヤモヤした気持ちを増幅させます。 起きてから、事実確認や夢の内容を様々整理すると事実を証明するような痕跡がなかったり夢の内容に矛盾があるので、おそらく悪夢の類だろうと考えられ、一旦は悪夢だと結論づけるのですが、あまりにリアリティがあるものですから、現実との区別がイマイチつかず不安が結局戻ってきます。 せっかく不安を切り離して忘れようとして(事実確認をして問題なしとして)いる中で、悪夢によってもう一度不安の中に巻き込まれるのがとても苦痛です。 さらに、不安の発端からそもそも時間が経過しつつあるため、その当時の記憶も曖昧でそこにリアルな悪夢がやってきて、ますます現実との区別がつかなくなっています。 夢は夢であり、脳が勝手に作り上げているもの、というのは分かっているのですが、いかんせんコロナ禍以降、心の余裕が全くなく少し前の記憶も怪しいことがあるので(最近もある案件で時間の経過の速さに驚愕しました)、自分自身の行動や記憶に自信がありません。 どうすれば悪夢の苦痛から脱することができるでしょうか。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1
仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ