皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

亡くなった姉から電話?あり得ないことにはあらず

霊界と通じる電話が出来ればポケモンGOどころでない楽しさですが、亡き人と夢で話すこともなかなか叶わないものです。

こういう出来事に明快な解釈などは誰にも出来ないと思いますが、私は何度か亡くなった家族や、二十年以上も一緒に暮らしたいまは亡き猫の気配などをよく受け取ります。

自分の肉体がある限り、肉親は我が身と共に存在しているという想いがあります。

他人は錯覚だろうなどというものですが、他人に証明して見せることでなく、この不思議とも思える電話の件も、亡くなられたお姉さんの家族を案ずる気持ちの通信だと素直に受け取ってあげて、亡くなられたお姉さんのことをしっかり思い出してあげて合掌してください。

あり得ないことにはあらず不可思議の電話の彼方愛しき人よ
引用元の質問: 亡くなった姉からの電話
実家の電話のナンバーディスプレイに13年前に亡くなった姉の名前で着信がありました。
回答僧:
おすすめの33秒法話

母への優しさは、母に優しくない自分に気づくこと

他人をディスらずにいられないのが人間の性(さが)

合掌は右手が仏さま左手が私。手を合わせ亡き母とともに

見返りを求めない広い心。素敵です

熊本。頑張ろうが溢れています

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ