hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

人に悩みを相談できない

回答数回答 2
有り難し有り難し 345

わたしは昔から思ったことを口に出すのが怖くて、いろいろと言葉を考えた結果、何も言わない。ということがよくあります。

そのためか、人に悩みを相談できないのです。
話を聞いてくれる人はいるんです。その人たちを信用してないわけじゃないと思っています。

「何かあったら言ってね?ちゃんと話きくから」と言ってくれる人に対してちゃんと話が出来ないんです。
話す前に「これはこの人に話していい話かな?」「こんなこといって困らせないかな?」「どういう風にいったらいいのかな?」と考えて結局「大丈夫だよ!!」と言ってしまったり、冒頭だけ話して核の部分は言わなかったり...

この人にはちゃんと言おうと思っても、話を切り出せず、自分は意気地がないなと自責の念にかられて涙が止まりません。

最近では、様々なことがありすぎて、なにが原因で涙が出てくるのかわからなくなってきました。

ひとりで抱えているのが辛いんです。
でも相談できない......

わたしはどうすればいいのでしょうか。
どうやったら変われるでしょうか。

助けてください


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

悩みと精一杯向き合い続けているお姿こそ尊く思います

SayamamEさまのお声、受けとめました、ともに悩みについて考えさせていただきますね。

「何も言わないこと」は相手にご負担を掛けたくないSayamamEさまの優しさと、同時に「言うことで生じるかもしれない苦しみ」から、ご自身を守るための安全策とも感じました。一方で、ご自分の中で悩みを抱え続けたことから生じた「言わないことの苦しみ」に辛さを感じ、涙を流されておられるのですね。

「言っても、言わなくても苦しみが生じる」、それは出口が見えず、悩ましいことでしょうね。言ってみると、色々な視点が得られ、助けになる時もありますが、わかっていただけず、逆に傷つく時もあります。どうやら正解はないみたいです。だからこそ、本音を口に出すというのは恐くもあり、慎重になりますね。私もなかなか言えません。

「何かあったら言ってね?ちゃんと話きくから」は嬉しいお言葉ですね。感謝ですね。しかしですね、悩みとの向き合い方の主導権はSayamamEさまにあります。ご自分の中で言いたい気持ち、伝えたい言葉が整わなければご無理なさらず、「有難う。そう言ってくれて嬉しいよ。」など、その時感じたことをお伝えできれば十分だと思います。

SayamamEさまがご自分をよく観察なさった上での「変わりたい」とのお言葉、大事に受けとめました。「何でも本音を話せるご自分」が変わりたい目標でしょうか。ご自身のため、周囲で支えてくださる皆様(おかげさま)のため、今はその願いが大事なのですね。

ただ、理想に向けて一生懸命頑張っておりますと、理想の自分こそが本来あるべき自分の姿と見誤り、ついつい今のご自分を否定してしまうことがあります。これでは苦しいです。今の私は出発点であり、否定しても仕方がないのですね。理想の自分とは、「これから私が歩ませていただく道」とでもいいましょうか。

今日はここまで話せた、これが話せなかった、これを話してしまったなど、悩みと精一杯向き合い続けているお姿こそ尊く思います。今のあなたは尊いです。これからも、ご自身を振り返ることを大切に、その都度、「ごめんなさい」、「ありがとう」、「おかげさま」と手が合わさる生活を歩んでいただくことが誠に大事なことだと私は思います。

至らぬ私ですがまたいつでもご相談にいらしてくださいね。

{{count}}
有り難し
おきもち

都内の浄土真宗本願寺派の小さなお寺で住職をしております、いっしょうと申しま...
このお坊さんを応援する

もしよろしければ、ここでなんでも相談されたらいかがですか?

私も含めて全員僧侶ですから、安心して相談されたらいいんです。
相談していくうちに、相談される側と相談する側の間合いといいますか、
距離感がつかめてきて、何も怖くないんだと思えるように
なると思いますよ。
あなた様は、非常にお優しい方なんです。相談することによる相手の影響を過剰に気にしてしまって、
いようように思えます。
まずは、ご自身に大丈夫だよ!!大丈夫だから!!私は大丈夫!!
きっとうまくいくから。と言い聞かせてください。
文章を読む限りあなた様は、非常に常識的な方です。
まわりとトラブルを起こすなんて全く考えられません。
全くご自身で作った罠にご自身がはまってしまっている状況のように思えます。
罠とは、自分はダメだとか、コンプレックスですね。
このコンプレックスは、「私は大丈夫!!」と言い続けることによって必ず解消します。
心でそう思えなくともそう、言い続けてください。
まずはご自身に自信をつけていくことです。
でもあなた様は、素晴らしく優しい方です。
あなた様の幸せを祈っています。

{{count}}
有り難し
おきもち

浄光寺の三浦康昭です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

御回答ありがとうございます。
そうですよね。せっかくこの場所に出逢えたんですから、ここでお話を聞いてもらうのがいいですよね。
康昭様のアドバスを実践して、少しずつでも変わっていきたいと思います。
本当にありがとうございます。

ありがとうございます。
一正様のお言葉に涙が流れるのを止めることができませんでした。
自分のため、自分のことを思ってくれる周囲の人のために少しずつ前に進みたいと思います。
ほんとうにありがとうございます

「コミュニケーションの悩み」問答一覧

伝えるのが真心か、伝えないのが賢さか

怪我をしてしまい、治療院へ約2ヶ月ほど前からお世話になりました。 その院は門前の仲見世通りにあり、初夏に新しくできたばかりでした。 怪我した当初は、適切な処置で仕事を休むことなく大変良かったのですが… 一向に治療が終わる気配もなく、次、また次の予約で、施術や接遇マナーについても少々気になる点はありました。 例えば、相手に接している間に業務連絡や他の患者さんの所へ行くなど、その場を離れる時は必ず手を離す前にひと声かける、一連の動作の中で、なでる、トントンとたたくなど、患者の心身の緊張を緩めるための手の置き方があるのですが、元々痛めた部分を拳で普通に叩いて響いたり、単純に重くのしかかるだけの雑に感じられる置き方、などの違和感です。 治療学を学びに学会へ参加したり、手技を生業としていた自分の中で経験者として備わった常識との隔たりに、日に日に不信が膨らみました。 ある日、施術中に「今度、ハロウィンの仮装をするんです」と他の患者さんへ話す声が耳に入りました。 怪我直後は応急処置に助けられた反面、ずっと長々通ううちに質が薄れていき、施術や接遇マナーに疑問が生じていた矢先でしたので ハロウィンの仮装をした治療家に、お預けするのは気が進まず、理由は伏せて「卒業」を告げてきました。 大変残念そうな感じでしたが、寺院や大きな神社のある門前町の仲見世に院を構え「地域の人々に貢献する」という建前と、施術の質が伴わないこと、治療行為と仮装(仕事と遊びをごちゃまぜにする)が受け入れ難かったこと 真心が手から伝わらなかったこと それらを伝えずに去ったこと、それで良かったのか、時々心に浮かびます。 年代は20代前半の方ばかりで、患者さんを集める能力や、予約に繋げるノウハウがあることはわかります。 ただ、肝心の施術の質が…(あくまで私の感覚ですが) 繁忙してくると何か大切なものを忘れてしまう…、応答もマニュアルがあることが察せられますし、一生懸命なのはわかりますが 驕れる者は久しからずに思えてなりません。 (クリスマスケーキを売るために、商売人がサンタの格好をするのはわかるのです) プロフィールにも書いた通り、志もあるので、今回のことは学びに繋げたいと思います。 下手にクレーマーになるよりは、それで賢明な選択だった、大人になった、そうけじめをつけたいです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

師弟関係でいつも同じような壁にぶち当たる

お世話になっております。 自分自身と習い事の先生との関係が昔から同じパターンを繰り返しており、少し苦しくなってきたので相談させていただきます。 私は4月から大学で教えるようになり、自分の未熟さ、ダメさを思い知らされると同時に、先生といえども完璧な人などいないし、皆、弱さを隠して生きてるんだな、だから誰に対しても完璧を求めるのはやめよう、と思えるようになりました。 私自身は、これまでピアノの個人レッスンで、芸術的には尊敬できるけどすごく癖の強い、モラハラとも言える先生に師事したことがあり、そのモラハラが嫌になってやめてしまったことがあります。ピアノそのものの技術的なことをほとんど教えてもらえず、人生教訓的な話や、愚痴や、私に対する否定発言が増え、辛くなってしまったからです。 そして今は、ピアノではないのですが、あるスクールに生徒として通ってます。その先生が、普段はすごく優しくてピュアな心の人で、レッスンも楽しいのですが、時々、私の性格や生き方をバッサリと否定する発言をしてくるようになりました。といっても、根拠なく言ってるのではなく、私のレッスンでの取り組みや発言から、私の弱さを見抜いているようで、全く的外れではないのですが、お説教のような、やや脅しのような発言が増えています。モラハラとまではいきませんが、なんだか以前のピアノの先生との体験を思い出し、息苦しさや威圧感を感じます。この先生は、教えるべきことはちゃんと教えてくれているので、前のモラハラ先生とは違います。でも似ているところとして、どちらの先生も、実は自分に自信がなく小心者なところ、そして、私が何気なく言ったことや質問に過剰に反応してムッとするところ、私が反論すると気を悪くしてその場からいなくなること、など。つまり、ちっちゃい奴らなんです。どちらも男性なのですが。 私はなぜいつも、ちっちゃい先生を引き当ててしまうのでしょうか。私は確かに質問が多いですが、先生というのは、質問されるのが嫌なのでしょうか。それでも、今の先生にはまだ教えてもらいたいことがたくさんあるので、今去ることは考えられません。完璧な人間などいないとわかってますが、こういう先生と、教わるべきことを教わりながら、どう関わっていけばいいか、ぜひアドバイスをお願いします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

せっかちな老人

私の仕事場の老人ホームに、認知症ではあるのですが、食事やトイレ、歩行も自分でできる方です。女性です。先日業者による床清掃があり、その方にもちゃんと説明をして、3時まで終わらない事も伝え、それまでは別のフロアーに移る事も伝え、本人もわかったと返事をくださり、一緒にフロアーを移りました。すると1分もしないうちに、まだですか?と尋ねてくるので、同じ事を説明し、待ってもらいましたが、また、まだですか?と尋ねてこられ、今度は少し休みたいと言うので、自分の部屋ではないけれど、誰も使っていない部屋を用意したのですが、自分の部屋じゃないと騒ぎだし、落ち着かなくなったので、1人の職員が老人と一緒にその場を離れ、違う場所に歌ってもらい、そこでもまだですか?横になりたいと、騒ぎだし、職員も手におえないほどになってしまい、1時間早く床掃除も終わり、老人を自分のフロアーにもどし、お茶とおやつを食べていただき、なんとか落ち着いてもらいました。そこへ、私があまりにも1人で騒いでいたのを知っていたので、老人にどうして、静かに待ってもらえなかったのですか?みんな静かに待っていたんですよ、と伝えると、じゃ私が悪かったのねと言うので、思わずうんと言ってしまいました。すると、わかったよと大声を出し私に手を出してきたのです。あなたが1人で騒いだ事によって、1人の職員が、休憩も入らず、ずっと一緒にいてくれたんですよと伝えあまりわがまま言わないで下さいと伝えると、私がわがままなの?と言い、そうだよともつたえました。みんなと一緒に静かに待っていてくれればこんな事にならなかった事も伝え、迷惑をかけた職員に操ってきました。なので、ちゃんと謝ってくれて、ありがとうねと言葉をかけると、あんたはあっちいっててといわれ、私の事をすごい目でにらんでくるのです。その老人はこっちからの話しを理解できない人ではないし、せっかちな所、わがままを言っている事に気がついてほしかったし、少しでもいいので、そういう所を治してほしかったので、ちょっときつめに言ってしまいました。普段は職員に甘えてくるし、他人には嫉妬してくるし、自分の言った事をすぐにやってほしい人なので、なんでもハイハイと聞いてしまった所もあるので、ちょっと甘やかしてしまった所もあり、自分のわがままを全部聞いてもらえると思ってしまったようでせっかち待てないわがまま対処対策願います

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ