皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

吉田俊英

有り難し 6305
回答 476

自己紹介


現状を見直すことが必要かも
 販売という業務を週に一日、という現状が続くのであるなら、他の職場を探すことも有効な選択肢ではないかと思います。  販売と言っても、質問文からは具体的な内容がわかりません。しかし、週に一日...
後悔しながら、叶わぬ恋を妄想するよりも
後悔しながら、叶わぬ恋を妄想していても、そこから素敵な未来は生まれ来ません。  素敵な未来を夢見るとことは、いいことです。どうか、素敵な未来を思い描き、そのための一歩とは何かを考え、そのた...
質問 : 泣きたい。
順番に捕らわれる必要は無いが、バランスも大事。
 結納おめでとうございます。  あやさんの御先祖への挨拶と親戚への顔つなぎを考慮するというのは、立派な心掛けだと思います。  同時に、あやさんのお母さまが心配されている点も、決して無...
毅然と対応し、人権侵害窓口にも相談
社会に出れば、経営者や上司によるパワハラ、モラハラ、セクハラに少なからず直面します。学校現場ではあって欲しくないけれど、現実に起こっている訳ですね。言われなき誹謗中傷と冤罪を受けているとなると、...
現場の方の声を聴いてみましょう
 我々僧侶も、葬儀のプロセスの中で、少なからず係ることがあります。 > 祖父を綺麗にしてくださった納棺師の方のお仕事ぶり >  心よりお祖父さまの御冥福をお祈り申し上げます。こういう...
質問 : 納棺師
永遠に手元に置けないが、永遠にあなたの毎日を彩ってくれます
 どんなに栄耀栄華を極めた人物と言えども、財産や名誉を来世まで持って行くことは出来ません。でも、悪足掻きをしてしまう人も多いですね。歴史上の人物で言えば、藤原道長や豊臣秀吉あたりがこれに該当しそ...
質問 : 死後
良くも悪くも、人は変わります
 親に反対されて、別れるカップルもいます。  反対されても、結婚するカップルもいます。  どちらが、正解か不正解かなんて、私にはわかりません。既に長谷雄師が出されている回答に水を差すよう...
「仏教≒修験道」であるけれど、「仏教=修験道」ではない
 修験者とは、山中で修行して験力(げんりき)を感得しようとする宗教者や修行者のことを言います。そして、それら修験者が集団となって修行を行う過程で、修行方法や宗教儀礼が形成され、「修験道」が成立し...
じっくり聞いて、ゆっくり丁寧に語る
 私は結構しゃべり方が早口になってしまいます。そのため、自分では丁寧に優しく説明しているつもりですが、相手方には下記のような受け止め方をされてしまうようです。  1、早口なので、語尾がはっきり...
しなやかに
私もどちらかというと、不器用な人間だと思います。そして、正義感が強い方だと思います。 さくらさんの全部がわかる訳ではないので、十分な回答にはなりませんが、自分自身を振り返りながら、不器用さ...
「みせかけの愛情とやさしさ」に踊らされていた
 タイトルに書きましたように、この5年間「みせかけの愛情とやさしさ」に踊らされていたわけですね。「人生の勉強」と受け止めれば、5年間も決して無駄ではないかもしれません。しかし、いつまでも、虚構の...
通称「百遍消災呪」と言います
しろぎつねさん、吉田俊英と申します。  押鏧、捺鏧という言葉を知っているなんてすごいですね。私の総持寺での修行期間は1年1か月だけでしたので、本山での修行時代には鏧子を押鏧、捺鏧したことな...
まずは家庭裁判所に相談してみましょう
 既にご存知とは思いますが、改名についての手続きは、家庭裁判所で取り扱っています。  戸籍の名を変更するには,家庭裁判所の許可が必要です。但し、正当な事由があると裁判所が認める場合に限られ...
質問 : 子供の名前
相手の言うことだけを鵜吞みにしないで、よく見定める
もう離婚するように進めており、私とは結婚したいと強く思ってくれているようで > 仮にこれがあなたの交際相手の真意だとしても、本格的なおつきあいは離婚成立後にすべきだと思います。相手の方が独身...
正解は自分自身で見つけるしかない
 いろいろとたいへんななか、頑張って居られるんですね。  御質問から推測すると、理工系の学部に入学され、一年生から研究室に入っているということでしょうか?文系出身の私なんか、大学一年の時は...
過ちを繰り返す人もいますが、改心する人もいます
以前、地域のお坊さんの青年会で少年院への慰問活動をしたことがあります。また、現在刑務所で教誨師として服役者の社会回復帰のためのお手伝いをしております。幾分、そういう施設の事情を知っている者とし...
自分自身の経験として「謙虚さ」を語るべき
 仏教とは自覚の宗教です。釈尊はじめ仏祖と呼ばれる先人たちの学びの成果を習い、「気付き」を得て自分自身の生き方に活かしていくことです。いかに仏様の教えであろうとも、自分の思惑や利益のために他者に...
お互いを尊重し認め合うことが大事
 結婚に伴う「宗旨替え」の悩みや問題は決して珍しいことではありません。表面化することはよくあることです。一方の宗教だけを尊重し、相手方の宗教を認めようとしなかったら、まとまる話もまとまりません...
現在の法律では「家督」という概念は無いが
 現在の戸籍法では、婚姻届けを出す時に、どちらの苗字を名乗ることににするのかを決めて、「夫の氏」「妻の氏」と有る欄のいずれかにチェックします。そのチェックすることで、夫側・妻側どちらの姓を名乗る...
菩提寺さんと相談してみましょう
 檀家さんから「経済的に厳しい状況なので、四十九日を行うのが難しい。」という相談を受けたことがあります。特別な名案はありませんでしたが、「花も供物も簡素なものとし、食事等の接待を行わない。」「寺...

このページの先頭へ