お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

どぅすればいい?

先日、旦那からの夜の営みの誘いを断ったら次の日朝から無視でした。他でしても文句言うなとか、好きにすればいいって言ったんだから好きにするとか。
その後は実家に帰れと言われました。普段子供を見ないくせにそーゆー時はいつも俺が子供を見るからと言います。いつも自分の思い通りにならないと無視したり機嫌が悪くなります。
私ももぅしんどいし疲れました。
出て行こうと思いましたが、子供は渡したくないのでとりあえずアパートにいます。旦那は子供と二人でご飯を食べに行きました。
子供を人質にしてるようなものです。
これから先、あの人に気を使いながら生きていけるのだろうか。
もぅ一人で出て行こうかと思ってる自分もいます。母親失格ですよね。
顔色を伺いながら過ごすのもしんどいです。
裁判になったらやっぱり私は負けますか?
モラハラ発言はメモにとってます。
もぅどうしたらいいかわかりません。
いつも全部私が悪い、ちょっと言った事をいちいち言ってくるのでめんどくさいです。
旦那はバツイチなんですが、やっぱりな、と思う事が多々あります。
自分が一番、自分の思い通りにならないやつは排除していく。こーゆー人は治りませんよね。
変わりませんよね。
もぅ私が消えるしかないですかね。
子供もお金がある旦那の方にいた方が幸せになりますか?
教えて下さい。

その他
有り難し 3
回答 1

質問投稿日: 2019年2月2日 20:48

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

願誉浄史

一度、弁護士に相談してみましょう

今ある情報の中で考えても答えがでない悩みがある場合、同じことを何度もグルグル考えてしまう思考の堂々巡りになりがちです。そうなると、気力が消耗して憂鬱になってしまいます。
そんなときは、新しい情報を入手するために一歩踏み出してみるのです。
モラハラ。離婚したい。夜の営みをあなたが拒否。親権は欲しい。経済的には旦那さんの方が豊か。
そのような状況を弁護士さんに話して、親権争いに勝てるかを尋ねてみましょう。
モラハラをするような旦那さんですから、あなたが親権を取ったとしても、養育費を払ってはくれないかもしれませんが、それでも養育費は要求しましょう。
反対に、親権を取られた場合でも、できればあなたは養育費を少しでも払ってあげましょう。
たった数千円の養育費でも、子供が習い事をできるかもしれない、新しい靴を買えるかもしれないのですから。
なお、夫婦仲が悪くて離婚した場合でも、子供にとっては両親です。
親権を取っても取られても、子供と離婚相手との定期的な面会交流は、子供の権利です。
そこは、あなたの感情は抑えて、子供のために面会交流はさせてあげましょう。
自治体や法テラスで、無料又は安価で弁護士に相談できる窓口があるかと思います。
「お金がないから弁護士には相談できない」と、思い込むのではなく、「弁護士に相談する方法があるはずだ、まずはその方法をみつけよう」と、具体的に、今できることをできる範囲でやっていくのです。
人は、やることがあると元気が出てきます。
思考の堂々巡りは、反対に元気がなくなります。
一歩でも動いてみることで、景色が変わります。

6ヶ月前

「セックス・性について」問答一覧

「セックス・性について」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ