hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine
Quote

不倫は、喉の渇きに塩水を飲むがごとし

出会ってしまった縁、結ばれてしまった縁をいたずらに責めるつもりはありません。

ですが、馬鹿だったと開き直るのでなく、
馬鹿だったとしっかり受け止める自覚が大切です。

これからはお子様や家庭に嘘偽りをせずにいられるあなたでいてください。

塩水をいくら飲んでものどが本当に潤うことはありません。

喉の渇きは強い塩味を求めているように感じるかもしれませんがそれは刺激に振り回されているだけです。

あなたの心の底には滾々と湧き出る清らかな水が流れています。

その本当の美味しさを人は知っているはずなのです
{{count}}
有り難し
質問
ダブル不倫の終わりについて
子供あり既婚女性です。 約7か月続いたW不倫が先日おわりました。彼は単身赴任でこちらにきており、いつかは遠くに行く人でしたが、お付き合いしている間優しくしてくれ、楽しい思い出ができました。しかし、私の中でいつか遠くに行ってしまうことがひっかかり、彼に対してそのことが寂しいとぶつけることが増えてきてしまい。。結局お互いもう続けるのは難しいと、2人で相談して関係を終わらせました。 子供や家庭のためにも早く終わらせるべき関係であったし、彼のことを考えて家事が手につかないときもあったので、終わらせてよかったともちろんおもっています。 旦那等にも関係はバレておらず、家庭仲もふつうに良好です。  しかし、彼とやりとりしていたLINEもなくなり、ぽっかり喪失感があります。今を乗り越えればいいというのはわかっていますが、楽しかった思い出や、優しくしてくれたことを思い返すと涙がでてきます。 もう一回すがれば、また関係を修復できるのでは、、と馬鹿なことも考えてしまいます。 また、もうなにもこないラインの画面を見つめてしまったり、夜中目が覚めると泣いてしまったりします。 すみません、不倫は社会通念的にもだめなのに、こんな相談で。
この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さん33秒法話ピックアップ