お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

幽霊もなにかを感じてもらいたいのです

わたしにも見たくない世界が沢山あります。
今私は宮城というところにいます。正直、被災地になった沿岸部に行くことに、こころはかなり抵抗を見せます。

今でも頭の中に、夢に、「荒浜に300人以上の遺体がうちあがっております」 という、ラジオの声が聞こえるからです。

あなたには聞こえない声だと思います。わたしだけの世界の声ですから。

それが苦しい。でもその人たちの供養をせねば、わたしは前に進めないと思っているんです。

それで声が消えるわけではないのに。

でもそれがわたしの世界の、わたしの生き方だと思っているからです。

あなたに見える世界の方々は、あなたという優しいこころの持ち主のもとに、なにかを感じてもらいたいという思いで表れているのかもしれません。

であれば、ほんのわずかでも、こころをよせて手をあわせ、祈ってほしいのです。
さちあれ、さちあれ。

わたしは、その祈りこそがあなたの苦しみをほどく一歩になるのではないかと思うのです。
引用元の質問: なぜ幽霊が見えるのか。
この年齢になってもいわゆる「幽霊」というのが見えています。
おまけに見えたものとそこで過去にあった出来事が、一々合致するので不可解が倍増します。
回答僧:
おすすめの33秒法話

老人介護施設で過ごしたおばあちゃん、92歳

他人を見下す癖を直したい。過去に立ち戻ってみよう

パワーストーンは信じるきっかけを産むもの

受験でカンニングした自責。責任を背負いきるしかない

前に流行ったけど、姑の嫌味は「右から左へ受け流す」

お坊さん33秒法話一覧へ
このページの先頭へ